美術界を舞台にした小説とマンガを探しています。
マンガだとギャラリーフェイク/細野不二彦、小説だと文福茶釜/黒川博行、狐罠/北森鴻などがあるかと思います。
翻訳だと、偽りの名画/アーロン・エルキンズなんかもポピュラーかと。
今回、教えていただきたいのは、以下に該当する作品です。
・美術界を舞台にしたお話し
・分野は日本美術、できれば古美術
・基本的には短編(~中編)
・小説またはマンガ
・ジャンルは問いません。
上記には該当しなくても、ぜひお勧めの作品があれば、ご紹介ください。
よろしくお願いします。

A 回答 (5件)

「美術」を前面に押し出したものではありませんが、他の方が


出されていないお薦めを。

GA 芸術科アートデザインクラス
著:きゆづきさとこ
高校の芸術科に通う5人の女の子(+美術部)の日常のドタバタ4コマ。
美術については、技法や画材等が登場する。
アニメになったことがあり、その際には女子美術大学が協力していた。

ひだまりスケッチ
著:蒼樹うめ
高校の真ん前のアパートで1人暮らしをし、芸術科に通う4人の女の子(後に2人追加)の
日常ドタバタ4コマ
美術については、登場人物の作品や授業風景が出てくる位。
アニメ化は3回されている。
1回目:ひだまりスケッチ
2回目:ひだまりスケッチ365
3回目:ひだまりスケッチ☆☆☆(ほしみっつ)

両作品とも、芳文社まんがタイムきららキャラット連載
    • good
    • 1

kool_mintさんの条件にいちばんはまっているのは、やはり北森鴻の冬狐堂シリーズではないでしょうか。

同氏の蓮丈那智シリーズは民俗学ミステリーですが、古美術や美術界が関わってきますね。

ほかに高橋克彦の浮世絵ミステリーなんかもありますが、うーん、これは「古美術」じゃないか。梓澤要『百枚の定家』は美術界と美術館を舞台にした贋作ミステリーですが、上下二冊の長編です^^;

あと時代小説になりますが、火坂雅志の骨董屋征次郎シリーズは、幕末明治期の骨董商を主人公にしたものでして、古美術なんかが出てきますよ。

「小説またはマンガ」には該当しませんが、高嶋光雪・井上隆史『三十六歌仙絵巻の流転』(日経ビジネス文庫)もあります。国宝が流転する様を追求したノンフィクションですが、美術界の裏側(?)にスポットをあてていて、なかなか面白く読んだ記憶があります。

思いつくまま挙げてみましたが、日本美術(古美術)を扱った短編・中編の小説・漫画って、なかなかないのではないでしょうか。私も気になるところではありますので、また覗かせてもらいますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。やはり、日本美術がテーマだと、絞られますね。美術、芸術全体だと、これまた広すぎる気もしますが。しばらく締め切らずに、みなさんのご意見をお待ちしたいと思っています。

お礼日時:2006/11/13 12:37

小説『序の舞』宮尾登美子(著)


日本画の女流画家の生涯を描いた作品で、映画にもなってます。
http://www.amazon.co.jp/gp/product/4122011841
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B0009EV …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。「伽羅の香」(香道)、「松風の家」(茶道)は読んだことがあります。「序の舞」も面白そうですね。読んでみます。
ちなみに芸道モノ?では、澤田ふじ子氏の「空蝉の花」「花僧」「天涯の花」の華道モノも楽しめました。

お礼日時:2006/11/13 12:33

ゼロ というマンガが有ります。

色々な絵画 彫刻 刀剣を
作者になり切り ゼロという人が贋作?(鑑定しても本物としか結論が出ない)
していくというお話ですが
例えば ダ・ヴィンチのモナリザ 業物の日本刀 などたくさんの話があり
その作品 作者 時代背景も詳しく描かれていると思います。
書店で売られてますが ↓にリンク貼っておきますね。 

参考URL:http://www.7andy.jp/books/detail?accd=07171788
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。愛 英史氏と里見 桂氏の「ゼロ」ですよね。何本か読んだことがあります。が、長い!(笑) 気長に集めようと思っています。質問に、例として掲載するのを忘れてました。すみません。

お礼日時:2006/11/13 12:22

ジャンル不問の部類に入りますが、石川サブロウさんの「北の土龍」という漫画は青年画家二人の話を描いてあり、結構おもしろいですよ。


ただ結構古い漫画なので、いま有るかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。石川サブロウ氏の作品は、「SEED―シード―」くらいしか読んだことがありません。
ご紹介頂いた「北の土龍」は、絶版のようですね・・・。探してみます。

お礼日時:2006/11/13 12:17

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 読書家って「オタク」「キザ」なイメージなのでしょうか?

    「読書家」「純文学好き」「文学少女」 これらに当てはまる人のことを、あなたはどう思うだろうか。 「教えて!goo」に投稿されたQ&A「読書家のイメージって…」の質問者さんは、読書家に対する一般的なイメージに...

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ