豊臣秀次という難しい役どころで出演してる成宮寛貴さんですが、いつ見ても「学芸会」か「幼稚園の劇」にしか見えません。
はっきり言って下手、大根、素人に見えてしまします。

それともあれが演技であって、秀次という人格を表現したものなのでしょうか?

あるいは彼が大根役者なだけなんでしょうか?

他のドラマではそれなりの演技を見せてくれる方なんでしょうか?

ご意見をお聞かせ頂ければ幸いです。

A 回答 (6件)

私も同様の感想を持っています。


彼の演技はTVドラマでしか知らず、Mの悲劇、いま会いにゆきます、あいのうた、功名が辻 と見ていますが、どれもユニセックス的なルックスに、甘く優しいけどちょっと神経質な現代青年っぽいキャラクターばかりで、あまり内面的な演技は感じませんでした。特に、イマアイでは映画版の獅童君との差は大きく感じましたねー。
ただ、舞台演出家の蜷川さんにも高評価されていましたし、若手俳優の有望株らしいですよ。
TVドラマなんかでは、俳優の持つイメージ優先の単純な役作りしかさせてもらえないのかなー?
かなり昔ですが、若いころの寺尾聰さんも、見た目のイメージからいつも弱気で神経質で頼りないぼんぼん役ばかりやらされて。実際には、彼はスポーツ万能のアクション指向の俳優だったので不満だった、と聞いたことも有りますし。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。同じ感想を持った方がいらっしゃるのは心強い感じです。
評論家が言うのはアテになりません。プロダクションが売り出そうという時に提灯持ちの役を平気でやりますからねえ。

また大石静さんの脚本があまりに原作と違いすぎて、特に秀次と山内夫妻との関係を大幅に書き換えているのが余計に混乱を産んでいる気がします。
ドラマが原作をなぞるものではないと言え、あまりにいい人ばかり出てくるような、また恋愛感覚に片寄ったドラマはみていて歯がゆいです。
でも見てるけど。(^^;

お礼日時:2006/09/22 16:36

こんにちは。



そうですか?私は成宮さん、ついに大河かぁ、さすが!と思って毎週見ています。

来週の秀次の最期の演技が楽しみです。

「功名が辻」での秀次は、幼少時代から秀吉に翻弄されつづけ、ヒロインの千代も息子のように心にかけている、という位置付けですよね。

まっすぐで、世間ズレしていない、良くも悪くもおぼっちゃま、というのが秀次のキャラクターだと思います。
そんな演技が、「幼稚」な感じに見えるのではないでしょうか。
「秀次」の存在自体が、当時の秀吉の政権下(?)で、浮いていたのですから、秀吉周辺、家康周辺の「老練」な感じとは異質に感じるのも演出なのかもしれません。

愛情を注いでもらった記憶があるのは一豊と千代だけ。父親代わりであるはずの秀吉には、することなすこと否定され、自暴自棄になっていきます。

前回の秀吉になじられた時の目つきなど、かわいそうで涙が出ました。(原作を読んでいるからなのかな。)

私も最初の1・2回は、確かに、成宮さんのお若さと端正な顔立ちでの、初のちょんまげ姿に、「ぎこちなさ」を感じましたが、最近は違和感ありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
おぼっちゃま的なムードが演技なのか地なのか難しいかな。
確かに演じるのが困難な役どころですね。
ただ原作と違いすぎてとまどいます。

お礼日時:2006/09/22 16:32

「功名が辻」は見ていませんので、どういった演技が「学芸会」に見えているのかはわかりませんが、もしかしたら「秀次」という人は温厚なキャラクターなのでしょうか。


ドラマ「あいのうた」の時の彼は善良そうな役所だったので、うまい演技には見えませんでした。あんな感じかな?

しかし、2003年、映画「あずみ」の時の彼は恐ろしいくらいキレてたキャラクターで、わたしの中で殺しに来たら恐い殺し屋・
男性部門「あずみ」の成宮寛貴
女性部門「バトルロワイヤル」の柴咲コウ
です。

もっと他のドラマの彼も見たほうが判断の材料になるのではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

司馬遼太郎氏の原作と違って「いい人」に描かれているので演技する側もヤヤコシイのかも。
原作に忠実に演じるな「恐ろしいくらい」のキャラクターが生きたかもしれませんね。

お礼日時:2006/09/22 16:31

私の私的見解ですが・・・


演技が下手に見えている時点でOUTではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
少なくとも自分の感性というか演技審美眼と食い違っていることは否めません。
それが全てではないですが。

お礼日時:2006/09/22 16:29

2005年に第29回エランドール賞の新人賞を受賞していますが、評論家の評価では、演技力には定評があり、将来が期待されているみたいです。

代表作に「お気に召すまま」舞台作があります。関白という政権の上にありながら最後には自刃という悲劇の役どころには、かなり難しい演技が必要ではないかと思います。下手、大根、素人に見える。そういう危うさが見えるところが演技たる妙だと感じます。適役だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。高倉健さんに対する評価みたいなものですねえ。

お礼日時:2006/09/22 16:28

この作品の中での(他の作品では秀次がもっと勇猛に描かれているのもありますので)秀次の立場、人格の表現としての演技ですね。




まだ、あまり多くの作品には出ていませんが(^^;きちんとした演技の出来る人ですよ、コミカルな役回りが多いですが(^^;
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
これまでと違う役に挑戦しているのですね。

お礼日時:2006/09/22 16:28

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ