1941年5月24日におけるデンマーク沖でのプリンス・オブ・ウェールズとビスマルクの戦闘についてですが、本やネット等で見てみると、

・ウェールズはビスマルクの攻撃により大破させられ戦闘不能に陥り逃げていったが、ビスマルクが何故か追撃をしなかったため運よく助かった。

・ウェールズは大破させられ逃げていったがビスマルクも損傷を受け追撃を行える力が無かった。

・ウェールズは砲故障のため戦闘継続が困難になり退避しただけであり、ビルマルクの攻撃による被害が大きかったわけでない。


上記の話を目にします。
どれが正しいのでしょうか?

またこの戦闘時、ウェールズは7発(ビスマルクからは4発)、ビスマルクは3発の命中弾があったとされていますが、その時の両艦の被害状況はどの程度であったのでしょうか?

A 回答 (2件)

ウェールズはビスマルクへの命中弾3発のあと、ビスマルクの4発の命中弾を受けました。

   内一発が艦橋に命中し指揮中枢が破壊、砲撃に支障をきたし、ウェールズは煙幕を張りながら退避しました。  沈没の恐れがあるような被害ではありません。   戦闘に支障が出来たための退却です。
一方ビスマルクへの命中弾の一発によるボイラー室への浸水のため、速力が低下し、被害調査により、1000トンの重油が使えなくなり長期の行動不能とわかり、追撃を中止しフランスのサンナゼールへ戻る事にしたわけです。
両艦とも大被害を受けてはいませんが、戦闘継続に問題のある被害を受け痛み分けでした。
 第二次世界大戦ブックス 「壮烈ドイツ艦隊」 に拠る。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
ウェールズはその後も追跡に参加し、ビスマルクと再び砲火を交えたと本に書いてあったので、「重大な損害は受けてはいないのでは?」とは思っていました。

お礼日時:2006/10/01 04:44

リンク先のコラム。

多少コメディーっぽいですが、なかなか面白く読めますので、お奨めしておきます。
ご質問の下りも説明されています。

参考URL:http://www.luzinde.com/meisaku/bismarck/1.html
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ