越路吹雪さんの「愛の讃歌」と「愛の賛歌」どちらが正しい表記なのでしょうか?
検索すると「越路吹雪 愛の讃歌」27600件、「越路吹雪 愛の賛歌」13400件、で「讃歌」の方が多く使われているようです。
正しいのは、どっちなんでしょう?

A 回答 (3件)

正:「愛の讃歌」


シャンソンの超有名曲ですね
作詩作曲はシャンソンの女王エディット・ピアフ
この際、一度聴いてみましょう
http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/B000056 …

余談ですが、最近の邦楽で「のうぜんかつら」という曲がありますが
こんな名前の植物はありません
正しくは凌霄花 (ノウゼンカズラ)です
蔓性植物ですので「桂(かつら)」はありえません
切花にすると、どんどん花が落ちます
(切花には不向きです)
桂は「木」ですね(大木になります)
でも、検索をかけると
「のうぜんかつら」「のうぜんかづら」「のうぜんかずら」すべて
ヒットします
(件数の差はありますが)

この回答への補足

みなさま私の知りたかったことをズバリ教えてくださって、甲乙などつけられません…ので、ポイントは回答が早かった順にさしあげたいと思います。
danke3さん、申し訳ありません!
本当にスッキリしました。ありがとうございました。

補足日時:2006/11/01 00:34
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほんとに、超有名曲ですよね!
私はもともとエディット・ピアフの方を聞いて気に入ったので、越路吹雪も聞いてみることにしました。
歌詞がずいぶん違うので驚きました。
日本語版「愛の讃歌」もすばらしいですね。心にじ~んときます。

ノウゼンカズラのことも楽しく読ませていただきました。
恥ずかしながら「のうぜんかつら」という曲を知らないのですが、このタイトルはわざとつけたんでしょうか?歌詞にも関係が…?
なんだか興味がわいてきました。歌詞サイトいってみます。

ありがとうございました!

お礼日時:2006/11/01 00:33

正しいのは讚です。

ただ、当用漢字使用が義務づけられたとき、この字がなかったので賛で代用したので賛歌という用法が作られたのではないでしょうか。これに似た例が沢山ありますね。
正坐→正座 熔接→溶接 藝術→芸術・・・等々。
 岩谷時子さんは教養人だから賛歌という字を使わないと思うのですがね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど~そんな理由があって賛の字が使われだしたんですか!
作詞の岩谷時子さん、私は存じ上げませんでしたが、有名な方だったんですね。
確かに、讃歌と賛歌では意味が少し違ってしまいますよね。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/11/01 00:23

今晩は


以前同様の質問に答えましたのでそちらを参考にして下さい。↓

http://okwave.jp/qa2263051.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

同様の質問がすでにあったのですね!
一応、検索はかけたのですが…。失礼いたしました!
ずいぶん前から疑問だったので、スッキリしました。
どうもありがとうございました。

お礼日時:2006/11/01 00:19

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード

芸能情報や娯楽に関する質問が多く寄せられています。好きな俳優やテレビ番組のスケジュール、ライブ公演予定といった詳細を知りたい時はこちらを見てみましょう。

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ