イタリア行きのフライト中、マイケル・ダグラスとキーファー・サザーランド出演の「ザ・センチネル~陰謀の星条旗」を観ました。
キーファーの吹き替えが「24」と同じ小山力也さんでなかったのでガッカリでした。

帰国してからDVD発売中の「ザ・センチネル」を検索してみたら、声優は小山力也と書かれていました。
飛行機で観た映画は確かに小山さんの声ではなく、マイケル・ダグラスの声も違っていたと思います。
飛行機で上映される映画と、日本で販売されるDVDとで吹き替えが違うということは普通のことなのでしょうか。

一方、同じフライトで「パイレーツ・オブ・カリビアン~デッドマンズ・チェスト」も観ましたが、こちらはDVDで観た最初の「パイレーツ・
オブ・カリビアン」と同じ声優陣だったと思います。

ちなみに昨年のフライトでは、明らかに違和感のある吹き替えをされたリチャード・ギアを観たような気がします。

もしわかれば、飛行機版のキーファーの声が誰だったかも知りたいと思います。

よろしくお願いします。

A 回答 (1件)

さすがに回答はありませんね、やはり無理だと思います。


同じ吹き替えでもテレビ版やビデオ&DVD版はテレビ局やメーカーがキャストを発表しますし、また発表しなくても多くの人が見るので、口コミでも判明するのですがいわゆる機内上映版はそうは行きません。
航空会社自体がそういうものを発表しませんし、契約によって機内上映以外に使えないからです、つまり見る人は飛行機の乗った人ということで限られてしますからです。
ですから吹き替えに詳しい人で、声で声優を聞き分けることが出来る人が、その映画を上映した飛行機に乗って、その話をHP、ブログ、あるいは掲示板に書いたという場合以外はわからないと思います。

>飛行機で上映される映画と、日本で販売されるDVDとで吹き替えが違うということは普通のことなのでしょうか。

テレビなどの吹き替え放送は少なくとも劇場公開から1~2年以上、ビデオやDVDの吹き替え製作及び販売も劇場公開から3ヶ月以上の場合が多いです。
ですが機内上映というのは劇場公開されてから間もなくという場合が多いですから、その時点では吹き替えは全く存在しないので機内で吹き替えで上映すればその時点で作ることになります、しかも前記のようにこれは機内上映用にしか使えないので、ビデオやDVD用には新録されるので吹き替えが違うということになります。

>一方、同じフライトで「パイレーツ・オブ・カリビアン~デッドマンズ・チェスト」も観ましたが、こちらはDVDで観た最初の「パイレーツ・オブ・カリビアン」と同じ声優陣だったと思います。

この場合は吹き替が劇場公開されたので、タイミング的にも使うことが可能であったということです。
それと劇場公開の時に吹き替えがある場合は、そもそも製作会社がその吹き替えをオフィシャルなものとして、その他のバージョンの吹き替えを認めないこともあり、劇場公開版、機内上映版、DVD版が総て同じということにもあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とても詳しいご回答、ありがとうございました。

やはり映画館やDVDと同じ吹き替えの方がいいですね。
今年の春に「センチネル」が発売されるようですから、レンタルして
確認しようと思います。

どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/01/24 13:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ