邦画・洋画を問わず映画の質というものは原作・脚本の素晴らしさ、監督の力量、主演俳優その他様々な要因が絡み合って決せられるものだとは思いますが、私にとっての一番大きな要因は「脇を固める共演者の実力(存在感)」にあります。古今東西、名作(個人的な名作を含め)の影には必ずと言っていいほど名バイプレイヤー達が存在しております。そこで質問があるのですが、皆さんのお好きなバイプレイヤーを教えてくれませんか?現在は主役が多くても脇に回ったほうが好きだ、という役者さんでも結構です。ちなみに私は、ビリー・ボブ・ソーントン、クリス・クーパー、モーガン・フリーマン、ジョー・ペシ、ロバート・デュバル、アルバート・フィニーなどが昔(彼らが端役の時)から好きです。

A 回答 (15件中1~10件)

「ハスラー」で引退して「キャリー」で復帰した、パイパー・ローリーが好きですね。



「キャリー」での演技は素晴らしかったです。
アカデミー助演女優賞ノミネートも納得ですね。

「ツイン・ピークス」でもいい感じでしたし、ダリオ・アルジェントの「トラウマ」でもこわい役でしたね。

若い頃は主役級でも年を取ってから脇役になる女優さんってホラー映画に出ることが多い気がします。
「サスペリア」のアリダ・バリもそうですよね。
    • good
    • 0

もう一度よろしいでしょうか。


笹野高史さんが他の回答者様から出たので、
つい回答したくなりました。シリアスもよいけれど、
最も印象に残っている映画は「キネマの天地」です。
屑屋さんの役で渥美さんとの絶妙な呼吸は、もう、うっとりしてしまいました。このシーン無くしては「キネマの天地」を語れない気もしますよね。「通」の人はシナリオが軽薄だと指摘されるかもしれませんが、
私には十分「父と娘」の心情が汲み取れました。
そして、そして、一番大事な人。
「神戸浩」さんを忘れていました。
「無能の人」を何回観たことか。
「地」なのか「演技」なのかさっぱり分からないあの素晴らしさは、今後パターンが同じなら、いつか世間に飽きられる可能性もありますが、私はいいんじゃないかと思います。
歌舞伎(肉眼で観たこと無いのに偉そうですが)や漫才も、永遠の「マンネリ」でしょうし、そのマンネリがツボを突いてくるから、安心して笑えるわけですし。
「アップの実相寺」監督が亡くなられたのは、「ウルトラ世代」としては残念でしたね。
またまた横道。スミマセンでした。
    • good
    • 0

オッと、この人物を忘れちゃーいないかい、皆の衆!!



「ドナルド・サザーランド」=[Donald Sutherland]

を謹んでご推薦します。

映画の中の「ドナルド・サザーランド」爺さん

(昔から一寸ひねくれた青年役)

特攻大作戦 (1967)
汚れた七人 (1968)
ジョアンナ (1968)
しのび逢い (1968)
M*A*S*H マッシュ (1970)
戦略大作戦 (1970)
ジョニーは戦場へ行った (1971)
コールガール (1971)
赤い影 (1973)
ス*パ*イ (1974)
イナゴの日 (1975)
鷲は舞いおりた (1976)(珍しく副主人公役)
1900年 (1976)
カサノバ (1976)
大列車強盗 (1978)
SF/ボディ・スナッチャー (1978)
アニマル・ハウス (1978)
男と恋と銀行泥棒 (1979)
オーロラ殺人事件 (1979)
普通の人々 (1980)
針の眼 (1981)、、、、(珍しく、正真正銘の主人公役=でも悪役)
キャッシュマン(1983)
ドーバー海峡殺人事件 (1984)
レボリューション・めぐり逢い (1985)
JFK (1991)、、、、(真実を語る、退役大佐)
評決のとき (1996)、、、(脇役)
スペース カウボーイ (2000)、、、(頑固爺さん、頑張ってる)



あの「24」の「ジャック・バウアー」君

「キーファー・サザーランド」[Kiefer Sutherland]

の父君です。

あの「悪人面」が出てこないと、主人公が引き立たない。。。。
    • good
    • 0

私はティモシー・スポールが好きです。


主役をはっても地味な労働者でしたが(「人生は、時々晴れ」)、脇役でも意外なところに顔を出していて、みつけると嬉しく感じます。シェローの「インティマシー/親密」は大胆なセックス描写で話題になりましたが、妻に密通される夫役のスポールしか印象に残りませんでした。

日本人で、かなり前の人でよければ、伊達三郎。重要な助演だったかと思うとなんでもないちょい役も演じていたりして、いきあたりばったりな配役に驚いたものですが、あの四角い古風な面立ちは大映京都作品に欠かせません。
    • good
    • 0

いつも、ヘタレな役が多い ウィリアム・H・メイシーはいいなぁ。


あとは、フィリップ・シーモア・ホフマンとか、フィリップ・ベイカー・ホール。
悪役だとマイケル・アイアンサイドとか、ロン・バールマン、ケリー・ヒロユキ・タガワあたりは好きだな。
あとは、ドン・チードルあたりの弱弱しさも好き、でも「青いドレスの女」だと、いつでも銃を撃つ物騒な従兄弟だったけど。
女性だと、ジーナ・ガーション、セルマ・ブレア、ファムケ・ヤンセンはいつもいいな。
どの人も出ている映画が良いとは限らないが。
    • good
    • 0

邦画では、「笹野高史」さんをお薦めします。



「武士の一分」での「徳平」は「キムタク」を

危うく喰いそうでしたし、「徳平」が側で

「キムタク」をキッチリ支えていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「武士の一分」はまだ見ておりませんが、笹野高史はそんなに良かったですか?目立たないけど味があるって感じの役者さんで確かに名脇役なんですけど主役を喰うほどの役をしてるってイメージがわきません。 麻雀放浪記の高品格(デメ六)みたいな役どころなんでしょうか? 気になるので今度見てみます。

お礼日時:2006/12/24 21:37

トンとご無沙汰ですが、


「フォレスト.ウィッティカー」
バードで主役もよいですが、ハスラー2も名演技。
観ているこっちが騙された。
「ロザンナ.アークエット」
きっかけは、ティモシー.ハットンと競演したテレフィーチャーの「ロングウェイホーム」を観たことによります。
凄く可愛くて惚れちゃいました。
マドンナの「スーザンを探して」までは許すけど、映画とはいえ、いきなりピアス女になっちゃったし。
高校生の時憧れていた清楚な女性が、何十年ぶりかの同窓会で、すっかり水商売が板についていた感じでしょうか。
TOTOが「ロザーナ」を作くらいですから、美人だし。
「今でも俺は惚れてるぞ!」
横道にそれすぎました。ごめんなさい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私もフォレスト.ウィッティカーは黒人の俳優さんの中ではではサミュエル・L・ジャクソン、ロジャー・グローバーなどと並んで好きな俳優です。黒人俳優の中でとあえて分類する必要があるのか!とゆうお叱りを受けるかも知れませんが、役柄上黒人さんしかできない役もあるという程度の意味ですからあまり深く捕らえないでくだされば助かります。ちなみに「ロザーナ」は名曲です。 

お礼日時:2006/12/24 21:21

私もモーガン・フリーマンは素晴らしいと思います。



あとはまだでていないところで。

スーザン・サランドン
主役にしても脇役にしてもこれほどの存在感と心に訴える演技をする女優さんて最近少なくなってきているんじゃないかなあと思います。

メリル・ストリープやフランシスマクドーマンドも同様ですね。

あとはちょっとマイナーところかもしれませんが、ショーン・ビーン。
主演を張る事よりも、悪役や脇役を好んですることが多い俳優さんですが、ロードオブザリングのボロミア役や、近年ではスタンドアップでのフランシスマクドーマンドとの夫婦役、また、悪役としても存在感の光る脇役が出来る人だと思います。

他にはジェニファーティリーの独特の存在感も好きです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

恐らく現時点でモーガン・フリーマンを否定する人はいないでしょうね。ショーシャンクの空、許されざる者、その他諸々の作品についてほとんど演技に外れがありません。しかし、アカデミーの会員さんもミリオンダラーベイビーのトレーナーにオスカーあげるくらいならドライビィング・ミス・ディジィーの運転手さんにそのトロフィーをあげてくれ~、っと思っているのは私だけでしょうか? まあ過去の功績も加味して合わせ業一本って所なんですかね? それと、急に話が変わりますけどジェニファー・ティリーをあげるとはなかなかシブイですねえ。

お礼日時:2006/12/24 21:08

こんばんは。


質問者さまで名前の挙がっている俳優さんがみな私の好きな俳優さんでしたので、私も大好きな俳優さんを挙げさせて頂きます。

・バネッサ・レッドグレイブ
アイボリーの『ハワーズ・エンド』やジンネマンの『ジュリア』などが特におススメ。自然体の演技が出来る、名女優です。主演でも堂々たる風格をみせてくれます。

・マイケル・ケイン
若い時は主役ばかりでしたが、年齢を重ねていくに連れ、助演でいい味を発揮してきました。(今でも数多くの主演を張っていますが)特にウッディ・アレンの『ハンナとその姉妹』、ラッセ・ハルストレムの『サイダー・ハウス・ルール』では秀逸です。

・マギー・スミス
私の一番好きな女優さんです。ハリー・ポッター出演で一気に知名度が上がりましたね。『オセロ』、『カリフォルニア・スイート』、『ナイル殺人事件』、『天使にラブ・ソングを…』、『眺めのいい部屋』、『ムッソリーニとお茶を』、『ゴスフォード・パーク』など挙げきれないほど珠玉の助演芸を披露しています。

・加藤武
ここで日本からも。日本を代表する助演男優さんでしょう。とにかくシーンスティラーですね。市川崑監督の金田一耕助シリーズで有名です。

ご参考程度にお願いします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マギー・スミスは結構好きな女優さんです。上流階級でちょっと意地悪なおばさんって役が特に好きです。これが下流階級?の意地悪おばさんだとキャッシー・ベイツ。意地悪バアサンだとジュディー・デンチてところでしょうか。 あと、一応洋画のコーナーということで日本の俳優さんの名はあえて乗せなかったんですが、折角ですので私の意見も聞いてください。私の今の一押しは国村隼です。彼の名前を判明した時はもの凄くうれしかったです。あとは誰が何と言おうと故成田三樹男!だいたいの年がばれますが(笑)リアルタイムで見たTV探偵物語以来の大ファンです。私の中では彼以上のチャーミングな悪役を演じれる役者はこの世に存在しません。今でも元気で活躍していてほしかったです。 合掌。

お礼日時:2006/12/24 19:26

いっぱいいるけど・・・


ヒューゴ・ウィーヴィング ・・・最近の一押しです。
マトリックスでの雰囲気とプリシラでのはじけ方!!
物凄い役者さんやなーと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

この人もマトリックスで一気にブレイクしましたね。今後いろいろな映画に引っ張りだこになると思います。

お礼日時:2006/12/24 20:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ