先日、漫画喫茶で篠原千絵先生の「水に棲む花」を読み、
そのお話の面白さに心を惹かれました。

他の作品も購入して読んでみたいと思うのですが、
時間&お金の都合でどれか一つに絞りたいと考えています。

下記4作品のうち、皆様のお勧めを教えて頂けたら…と思います。

○蒼の封印(全11巻)
○海の闇、月の影(全18巻)
○天は赤い河のほとり(全28巻)
○闇のパープル・アイ(全12巻)

A 回答 (6件)

私がこの中で順位を付けるとしたら、1位「海の闇、月の影」2位「闇のパープルアイ」ですね。

「天は~」は、どうもヒロインがあまり好きではありませんでした。
他の方も薦められていますが「陵子の心霊事件簿」は好きです。でも、心霊ものが駄目だとしたら読めませんよね・・・私は怖くなかったですけど。
    • good
    • 2

私も全部読みましたが、


読んだあとの感動というか余韻がものすごいので
「天は赤い河のほとり」がお薦めです!
壮大な歴史感も楽しめますし、ラブストーリーとしてもお薦めですよ♪
他の作品より新しいので、絵も綺麗です。
新刊にこだわらないようでしたら、全作品ともヤフオクなどでかなりお安くゲット出来ると思いますよ。(^^)
    • good
    • 0

4作品とも読んだことがあります。


この4作品の中では、私は一番『海の闇、月の影』が好きです。
1年に1度くらいは読み返したくなる作品です。
    • good
    • 1

篠原千絵先生、私も好きです!!


どの作品も、切なくて泣けるし・・・
私の中で、間違いなくナンバーワンです(笑)

篠原先生の漫画は、どれもよくて、選ぶのが難しいです・・・。
ちなみに私は、すべて持ってますが。

蒼の封印、海の闇・月の影、闇のパープルアイは、単行本のほかに、文庫版も全巻でていますので、こちらだと一冊に単行本二巻~三巻分は入ってますので、お値段は単行本よりやや高いですが、お得かな・・・と。
天は赤い河のほとりも、やっといまボチボチ文庫版がでてきている途中です。
単行本では、最新刊 海に墜ちるツバメ がでています。
古いものだと、陵子の心霊事件簿(全二巻)というのもあります。
とてもいい作品です。

本当にどれも良くて迷いますが、私は 天は赤い河のほとり をオススメします。
物語の壮大さ、ストーリー、どれをとっても満点です。
これ一冊で、笑ったり、泣いたり、感動したりできます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

質問に答えて頂いた皆様に、この場をお借りして、お礼を申しあげます。
検討した結果、「天は赤い河のほとり」を買うことに決めました。
最後まで「蒼の封印」とどちらにするか迷ったのですが…。

時間が空いたら、他の作品も読んでみたいと思います。

お礼日時:2007/01/07 18:16

昔闇のパープルアイに夢中になり海の闇月の影も大好きでした その後はパッとしないなぁっていうのが私の感想です。

4作品以外で何とかの心霊事件簿?とかいう作品も好きでした(^_^;)なんてうろ覚え・・・内容は凄く簿えてるんだけど・・・すみません
    • good
    • 0

この中なら「天は赤い河のほとり(全28巻)」を薦めます。



4作品以外でなら「還ってきた娘」という小説(全6巻)も面白いですよ。
http://7andy.yahoo.co.jp/books/detail?accd=30616 …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ