質問

友人に「ご馳走するよ」と言われたんですが、なんだか違和感があって、正しい敬語なのか疑問です。謙譲語で「ご馳走になる」というの言いますが、人に奢るときはわたしは「ご馳走する」とは言わないのですが…
そもそも「ご馳走」というのは、「立派な料理」という意味だと思っていたので(「ご馳走様でした」などというように)、奢る側の人が「ご馳走する」というのは「立派な料理を食べさせてあげる」という感じを受けてしまいします。
「ご馳走する」というのは謙譲語として正しい用法なのですか?

通報する

回答 (7件)

へりくだっていないので謙譲語ではありません。
古くは、「客人に料理を“馳走する”」という使い方でしたが、「ご」を付けた受身に用いることが多いので違和感を覚えるのでしょう。
文法的にはおかしいはずですが、現代語としては「ご馳走する」という使い方も普通になりましたね。言葉は生き物ですからあまり拘る必要はないかもしれません。
謙譲語では「馳走いたす」になると思いますが、これでは時代劇みたいですね。
現代的なら「ご馳走させていただく」になるでしょう。「~させていただく」には“許可を得る・同意を得る”の、へりくだった意味合いがあるので、謙遜を表す謙譲表現になります。
ただ、この「~させていただく」は、あまり好ましい表現ではないとされています。

って、とこです!
それではゴキゲンヨウ!!! (^^)/~~~

#1さんの回答にあるように、客をもてなすために“走り回った”ことに対して、客の側が「御馳走にあずかった」と感謝するのが本来の用法です。
ただし転じて「立派な料理」の意味になり、また「おごってあげる (相手の分も支払う)」の意味に使うこともありますね。

#2さんに同意します。
友人に対してなら,ユーモアとして「ご馳走」が使われると思いますが,格式ばった案内状には「粗餐」と書くことがありますね。

慶弔などのときにしか目にしませんが。

「自分の料理を誇って恥ずかしくないほどの立派なものを
おごってあげますよ」
という意味です。
本来の謙譲が相手の側に立って用いられる例。自分のこと
だからといって「ご」を取ってしまって「馳走しますよ」
などとは言わないことは、日本人であればその違和感が
わかりますよね。「ご報告します」と似たような感じです。

本来は「馳走する」が正しい。

> そもそも「ご馳走」というのは、「立派な料理」という意味だと
おっしゃる通りです。
受ける側が謙って料理の内容を誇張し
「ご馳走」と使うのが正しいでしょう。
ただ、謙譲語でも上下関係によって使い方が異なるとは思います。

> 友人に「ご馳走するよ」と言われたんですが、なんだか違和感があって
友人ということを考えると、
「ご馳走するよ」という使い方は大きく間違っていないと思いますし、
ポピュラーによく使うと思います。
これがkureopatraさんより対等未満であると失礼にあたります。

逆にkureopatraさんの友人が
「ここは私がお持ちします」・・・と言ったら、
それはそれで他人行儀なのではないでしょうか。
「ご馳走するよ」というのは、仲の良い証拠です。

本来、ご馳走とは立派な料理のことではありません。(その意味もあるけど)
客人をもてなすため、食事の用意に奔走したことに由来します。

このQ&Aは役に立ちましたか?7 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集