時代劇で武士が話す言葉
「それがし」「したり」「御意」など、
その他にもたくさんあると思いますが、武士言葉の解説や辞書のような本を探しています。
お薦めの本がありましたら教えてください(出来るだけ簡単な本)

A 回答 (2件)

#1です。

武士の言葉について、ということであれば一番詳しいのは、「三田村鳶魚全集 第2巻 お大名の話 武家の生活 武家の婚姻」(中央公論社)でしょう。残念なことに絶版ですが、古本屋を探せば、まだ出てきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなりすみません。
早速第2巻をアマゾンで注文しました。
タイトルからしても面白そうな感じがするので楽しみです。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/02/27 11:42

三田村鳶魚(みたむらえんぎょ)の本が一番良いかと思います。

この人は明治初期の生まれで、江戸時代の様々な風俗や生活、習慣、文化などについて研究し、著述をしました。時代小説を書く人なら、必ずこの人の本には目を通している筈です。学者の文章ではありませんから、読みやすいです。ただ、武士の言葉だけを特別にまとめたものではなくて、旗本・御家人の生活・習慣を書いた本の中で、言葉遣いについても述べている、というスタイルが多いですね。私も、この人の本で、旗本と御家人では言葉遣いが違うから、誰が聞いても、身分を間違えることは無い、という知識を知りました。

中里介山の「大菩薩峠」という本がありますが、登場人物の言葉遣いについて、例えば
「「旦那様なり奥様なりにお眼にかゝりたう存じまして」と言っている。また奥様だが、これもいけない。「旦那なりおかみさんなり」と言わなければならぬところです。町家で「奥様」というのは、絶対にあるべからざることで」
云々と述べています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございます。
武士の言葉や作法を解説した本は、なかなかなさそうですね。

アマゾンで三田村鳶魚を検索してみるとたくさんありますね。
近所の図書館にないのが残念です。
三田村鳶魚の本の中でお薦めの本などありますか?
個人的には「横から見た赤穂浪士」なんか面白いかなと思ったのですが。

お礼日時:2007/02/20 12:13

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ