質問

私の腕時計はCASIOのWAVE CEPTORという電波時計です。買ってから5年ほど愛用しています。時刻は自動補正でソーラーなので、「ずっと止まらず狂わない理想の時計」だと思っていました。
ただ、最近、ボタンを押したときの「ピッ」と操作音が、1回押すと2度目以降は鳴らなくなります。室内光や太陽光にしばらく当てておくとまた操作音は鳴りますが、その日のうちに同じ症状になります。これはきっと充電ができていないと思います。
そこで質問なのですが、
(1)こうした腕時計の太陽電池の寿命は何年くらいなのでしょうか?
(2)また、本当に寿命がきてしまっているのであれば、どうしたらよいのでしょうか?交換ですか?
(3)もし交換であれば、普通の電池交換屋(?)でもしてくれるのでしょうか?
以上、よろしくご教示のほどお願いいたします。

通報する

回答 (5件)

ソーラー(太陽電池)式腕時計でも2次電池(いわゆるバッテリー)を内蔵しています。
太陽電池で発電した電気の余剰分を2次電池に蓄電しているわけです。
暗いところでは、この2次電池から電気を供給しています。

で、その2次電池の寿命ですが、通常の使い方をしている限りは5年くらいでは寿命にはなりません。携帯電話の充電のように一気に充電するようなものではないからです。

ご質問の不良については、一概に電池の寿命とは言えませんので修理に出されるのがいいと思います。

この回答へのお礼

みなさん、ご回答ありがとうございました。5年程度で寿命になるとは、私も思えません。ただ、時計そのものは順調に動くし、手動補正すれば、正確な時刻に補正されるので、直ちに困っているわけではありません。機会を見て修理に出してみます。

こんにちは

蓄電用のバッテリーの寿命ですので
近所の時計店で
カシオに交換以来を(修理)をお願いしてください
物により金額が違います

(1)これは使い方にもよりますが
5年~10年ぐらいです

(2)上記回等通り

(3)時計店では基本的に在庫がありません
部品の単価が高い事と種類がありすぎて在庫が抱えられないんです

ご参考までに

私もソーラー電波時計(腕時計)は三台目です。一台は3年で充電できなくなり、二台目は6ケ月の保障期間中に数回修理に出しました(C社ではありませんが、修理しても再々トラブル発生)
修理よりあきらめて新品を購入しています(二台目の修理でわかりました)。
精密機器は当たりが悪ければ駄目なものは修理しても駄目です(C社ではありません)。

普通の電池交換屋では無理でしょう。(製造元で修理しても完全になおしきれないのですから。C社ではありません)

ソーラー時計でも内蔵電池が入っている物があり交換が必要みたいですよ!
私の友人も持っていましたが動かなくなり時計屋に持ち込んだところ「電池の交換で使えます」とあっさり言われたそうです・・・
「ソーラーなのに電池が入っているの?」の問いかけに「そうです」と当たり前の様に言われたとのことです。
その話を聞いたとき「うそ~」と思い正直信じられない気分でした、時計屋さんに持って行って確かめて見てください。

当方はシチズンですけど、大体電池の寿命は25年と説明を受けた記憶で、現在9年を経過しました。
ただ、1回調子が悪くなり、修理に出したら、電池の寿命ではなく内部機構の汚れということで、1万円少々支払った記憶です。
基本的にはメーカー送りですから、

http://casio.jp/support/wat/

メーカーに窓口を聞いてみてください。
カシオのソーラ時計で、初期不良で充電不足になり、返品交換したこともありますから、内部機構の不良かも知れませんよ。

このQ&Aは役に立ちましたか?92 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

注目の記事

ヘアアイロンを使いこなすには・・・

使用する際に生じる疑問や心配事、ヘアアイロンを使っての色々な髪型アレンジ法に迫ります!


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集