「嵐」が、サラリーマン風の格好をした「アラシ」というアーティスト名で『ナイスな心意気』という曲をリリースしましたが、これは「“別人格アーティスト”での曲リリース」と言えるのではないのでしょうか・・・。

このケースで、私が知っているのは、(文中敬称略)

  ☆牛若丸三郎太(時任三郎)『勇気のしるし』
  ☆桜庭裕一郎(長瀬智也)『ひとりぼっちのハブラシ』
  ☆ミニハムず(ミニモニ。)『ミニハムず愛の唄』     
  ☆慎吾ママ(香取慎吾)『慎吾ママのおはロック』etc.
  ☆音松くん(SMAP)『スマイル戦士 音レンジャー』

ぐらいで、他にも沢山あると思うのですが、他のが、どうしても思い出せません。
 皆様の中で「“別人格アーティスト”での曲リリース」のケースを御存知の方が、いらっしゃいましたら教えてください。よろしくお願いいたします。

A 回答 (29件中1~10件)

ひょうきん族ネタひっぱってすみません。

安岡力也さん(ホタテマン)の「ホタテのロックンロール」を思い出し、検索したところ、レコードが出ているようです。そう言われればジャケットを見た記憶があるような気が…。これも「応援歌」なのかな?

オーロラ輝子(河合美智子)名義の作品は「夫婦みち」「まごころの橋」です。どちらも劇中歌だったと思います。その後に出た「花ごころ」「せつなくて」は、アーティスト名と、かっこ付きの名前が逆になってのリリースだったそうです。(なぜ?)

完全な別人格、というと意外と思い出せませんでした… (^^;
カラオケ屋さんに置いてある電話帳みたいなタイトルリストを見たくなってきました。

この回答への補足

 この場を借りまして、21名もの方々から合計29通もの御回答を戴きました事を、あらためまして御礼申し上げます。
 どなた様にポイントを入れようか、ひじょうに悩んだのですが・・ポイントの付かなかった方々には、誠に申し訳ございません・・今後とも、どうぞよろしくお願いいたします。       (2002・6・9 PM11:25)

補足日時:2002/06/09 23:23
    • good
    • 0
この回答へのお礼

深夜にもかかわらず、度々すみません。
 「ホタテのロックンロール」う~ん・・“別人格”なのかどうか、私には分からないですね・・(^^;
 「オーロラ輝子」の曲のタイトル、教えてくださいまして誠にありがとうございます。でも、
>アーティスト名と、かっこ付きの名前が逆になってのリリースだったそうです。
は、ちょっと不思議ですよねえ・・もしかしたら2曲目が出た時は『ふたりっ子』は、もう終わってたのかな・・・?

お礼日時:2002/06/07 00:48

ROLLY→寺西一雄の件の補足です。



そうです。ジャケットが素顔です。
先ほどの回答につけましたURLのところで、少し小さいですがジャケットが見られますので、よろしければご覧下さい。

一度この曲を歌う寺西一雄さん(?)をTVで見ましたが、これまた素顔でした。
ということで、「寺西一雄」はROLLYとは全く別キャラで行こうとしていたのだと思います(^^;)


>『HEY!HEY!HEY!』に彼が出た時、無精ヒゲを生やしてて別人っぽかったのですが、キャラ的には、それまでのマッキーと一緒でしたね。

確かにそうですね。キャラは一緒ですね。ご質問には当てはまらないケースでしたね。失礼いたしました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々ありがとうございます・・それでは早速、素顔を拝見したいと思います(^^;)

<追伸>前回のお礼の欄で、「アーティスト名」を「アーちぃスト名」と“誤入力”してしまいましたので(^^;)お詫びして訂正いたします。

お礼日時:2002/06/06 02:55

爆チュー問題(爆笑問題)/「でたらめな歌」


なんかは、「別人格」で出した曲になるのかな?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 この曲のPVでは、何かオカシな縫いぐるみを着てましたよね・・いま検索してみたら、太田光氏が「おおたびかり」、田中裕二氏が「たなチュー」になってますので、明らかに「別人格」という事ですね・・・。  深夜にもかかわらず貴重なご意見、誠にありがとうございました。

お礼日時:2002/06/06 02:34

あまり知られていないケースかもしれませんが、あのばっちりメイクで有名な(?)元すかんちのROLLY(寺西)さんが、「寺西一雄」名義で素顔で「Name Of Love」という曲を98年にリリースしています。



この曲のプロデュースは従兄弟の槇原敬之さんで、歌詞も槇原節炸裂です。まさに別人格だと思います。C/Wは槇原さんの曲のカバーで「SPY」です。


ちなみにそのプロデュースをした槇原さんは、別人格とまで言えないかもしれませんが、96年に「MAKIHARA」名義で全英語詞アルバム「ver.1.0E LOVE LETTER FROM THE DIGITAL COWBOY」等をリリースしています。

参考URL:http://www.sonymusic.co.jp/Music/Arch/SR/Rolly/S …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

深夜にもかかわらず貴重なご意見、誠にありがとうございます。

>ROLLY(寺西)さんが、「寺西一雄」名義で素顔で「Name Of Love」という曲を98年にリリースしています。
これ初耳ですね・・ジャケットが“素顔”なのでしょうか・・・。

>槇原さんは、別人格とまで言えないかもしれませんが、96年に「MAKIHARA」名義で・・・・・・
コレは知ってます・・約1年間の充電期間を経て、「Secret Heaven」と、もう1曲、オール英語のシングルをリリースしましたよね。これは“英語専用”という事で、「MAKIHARA」というアーちぃスト名にしたのでしょうね。
『HEY!HEY!HEY!』に彼が出た時、無精ヒゲを生やしてて別人っぽかったのですが、キャラ的には、それまでのマッキーと一緒でしたね。

お礼日時:2002/06/06 00:29

プリンスが、The Artist Formerly Known As Princeとして活動していたのは、別人格とは言わないでしょうか。

この回答への補足

この質問の開放期間は、6月9日までを予定しております。
(あくまで予定でございます。場合によりましては変更があるかもしれません)   2002-06-01 23:15

補足日時:2002/06/02 08:10
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重な情報、誠にありがとうございます。
プリンス氏は一時期、意味不明のマークひと文字のアーティスト名にした事があると、某TV番組で見た事はあるのですが・・・。

お礼日時:2002/06/01 15:35

西城秀樹さんが、映画「ラマになった王様」の日本語版テーマソング「ラッキー・ムーチョ」を歌う際、ムーチョ★ヒデキと名乗っていましたね。

「オレ様は西城秀樹ではない。別人だ。年だって23才なんだぜ!!」とのことです。

懐かしい「オレ達ひょうきん族」では、タケチャンマンやあみだ婆をはじめ、数々のキャラクターが曲を出していたような…。(レコードにはなっていないかもしれません?)今思うと、お笑いキャラが歌を歌うはしりですね。少し前の時代では、伊東四郎さんはベンジャミン伊東として電線音頭を出してはいないのかな?

デーモン小暮さんは小暮伝右衛門という名前で曲を出していましたが、信者ではないので別人格かどうかは不明です。

あとはオーロラ輝子=河合美智子さん。別人格のまま、紅白にまで出てしまいましたね。

不正確な情報多くてすみません。この話題おもしろいので、もう少し考えてみます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 西城秀樹氏のは何かで聞いた記憶はあるのですが、ハッキリとは思い出瀬ないですねえ・・(;^^)
 『あみだ婆の唄』はレコード化され、結構ヒットしましたが、アーティスト名は「明石家さんま」だったと思います。すなわち、さんま氏がアミダ婆を応援する歌ってコトかな・・・。 
 デーモン小暮閣下のソロは、#14の方へのお礼にも記されているのですが、「小暮伝右衛門」でしたか・・(;^^)

>オーロラ輝子=河合美智子さん。別人格のまま、紅白にまで出てしまいましたね。
一応、知ってはいたのですが、どういう曲のタイトルかというのが知らなかったので・・(;^^) “別人格”での紅白出場って、けっこう珍しいでしょうね。
 早朝にもかかわらず貴重なご意見、誠にありがとうございました。

お礼日時:2002/05/29 12:51

こんにちは。

シンガーソングライターのKANさんが
ビジュアル系ならぬハイビジュアル系バンドとして
Bon Marcheというバンドを組み(?)、KAN名義のシングルの
カップリングに収録しております。
ビジュアル系のパロディって感じですね。

「今年もこうして二人でクリスマスを祝う」
 C/W 「天使-ANGEL-」「迷宮-LABYRINTH-」Bon Marche
「Happy Time Happy Song」
 C/W「女神-VENUS-」Bon Marche
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あの「愛は勝つ」の KAN氏がですか・・マジっすか~     貴重な情報、誠にありがとうございます。

お礼日時:2002/05/28 13:47

知ってるかどうか分かりませんが、


“別人格アーティスト”での曲リリースと思うもの...
 
・peachy→石井リカ
・泉川そら→雲子(くもこ)


曲のリリースはしてないですが、
プロデューサーやライブなどで別人格なアーティストもいます。

・浅倉大介+伊藤賢一→MAD SOLDIERS[通称Mads(マッズ)]

プロデューサーなどで有名な浅倉大介と、
その浅倉自身も参加していたiceman・現在はThe seekerなどで、
ギタリストをしている伊藤賢一とのプロデューサーユニット。
主なプロデュースアーティストはコタニキンヤ。
MAD SOLDIERの時だけ、浅倉は→スコーピオン・伊藤は→スネーク
という呼び名になり、ロンドン生まれという設定で、自称「実家がロンドン」
何回か、ロンドンにライブを行いに行ってますけど.....

あと...
>TM Revolution→the end of genesis TMR.evolution turbo type D.
>一応キャラ変えてたと思います。
>多分関西弁を使ってなかったし、トークも大人しめだったハズ。
特にキャラ(人格)は変えてなかったと思いますが...
ラジオなんかでバリバリ関西弁でしゃべってましたけど....
アーティスト名を少々(少々じゃないな...)少しの期間、
変えただけだと記憶してますが...
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>MAD SOLDIERの時だけ、浅倉は→スコーピオン・伊藤は→スネーク
これは「 浅倉氏(さん) 」「 伊藤氏(さん) 」という事で、よろしいのですね・・・。  早朝にもかかわらず貴重なご意見、誠にありがとうございます。

お礼日時:2002/05/28 04:44

再びです。



TM Revolution→the end of genesis TMR.evolution turbo type D.

一応キャラ変えてたと思います。
多分関西弁を使ってなかったし、トークも大人しめだったハズ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>TM Revolution→the end of genesis TMR.evolution turbo type D
 ハイハイ・・やたらと長いネーミングでしたねえ(;^^)
 彼(西川貴教氏)が、この名前で『いいとも』に出た時、名前板(という表現でいいのかな?)の表記が、「T.M.R-e」(だったかな?)みたいな“略称”になってたのですが、それを見てタモリ氏が「“タモレ”って読めるな~」って仰ってたのを思い出しましたね(^_^)
 でもまた、どうして元の名前に戻したんでしょうかねえ・・・(;^^)     深夜にもかかわらず、度々どうも、ありがとうございます。

お礼日時:2002/05/28 00:10

#19です。

僕が覚えているのは「夜のヒットスタジオ」で真っ黒のサングラスに豹柄?のミニでシャウトしてました。確実に別人格でした。
ちなみに「キョンキョン」じゃなく「キョンツー」ですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

度々スミマセン・・分かりました(^_^)  深夜にもかかわらず、どうもありがとうございます。

お礼日時:2002/05/27 23:56

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ