質問

こんにちは。お世話になります。
私はもうすぐ20代になりますが、最近、ふと思うことがあります。
朝、電車などでお年寄りの方たちが仲良く話しておられるのをよく見かけるのですが、それを聞いていると、歳をとる不安が出てきました。嫁がどうのこうの、身体が不自由でどうの、と、話し方こそ深刻そうでないものの、あまり明るい話題ではないものをよく聞きます。ああなんだかつらそうだなって思います。友達にも同じようなことを思っている人もいるようなのですが、歳をとったら不安ばかりで、若いときのように楽しいことはなくなってしまうものなのでしょうか?
例えば、これから大学を卒業して就職しても、歳をとるにつれてだんだんできることが少なくなったり、今は友達とも恋愛やおしゃれの話をするけどそんなのんきなことばかり話していられないようになるかな、と思うと、ずっしり重い荷物を背負う気持ちになって、ちょっと不安です。私が兄弟もいないので将来もなんだか心細いのもあります。

みなさんは、歳をとってからの楽しいことがあるとしたらどんなことだと思われますか?世代にかかわらず、回答していただけるとうれしいです。

通報する

回答 (11件中1~10件)

楽しい老後を生きようと思うなら今を無駄に生きないこと。

それまで生きてきた有形無形の財産の蓄積が、老後の楽しさを左右するでしょう。

楽しい老後は決して万人に保障されたものでは無いと思いますよ。
甘く捕らえないほうが良いに決まってます。

まだ若いんだから、しっかりと生きてゆけば大丈夫ですよ。

この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
お礼遅くなって申し訳ありません。
今いろいろ不安とか悩みとかあってついついそのことを心配したりしますが、今を無駄にしていないか、よく考えてみたいと思います。
不安はありますがあまりそれにとらわれないように、その時その時、精一杯生きようと思います。

>歳をとってからの楽しいこと
 若い頃には観えなかったことが観える、これは楽しいですよ。
 自分に必要な物は何であるかわかるのも楽しいですよ。
 社会の実相に気付けるのは楽しいですよ。
 あらゆるものの真の価値に気付けるのは楽しいですよ。
 迷いが無くなり、いま現在に集中できるのは楽しいですよ。
 日常の価値に気付く。これは楽しみの源泉です (^_^)/~。

この回答へのお礼

お礼が遅くなり、大変申し訳ありません。
年をとると昔はわからなかったことがわかるようになると親も言っていた気がします。
自分がそんなたいそうなことがわかるようになるとは今は思えませんが、よい年の取り方をしたいと思います。
ありがとうございました。

60歳です。わははっ棺桶に片足突っ込んでます。
100年生きて36500日、三分の一は眠っています。
振り返ると誰かの言葉にあった「人生は夢のまた夢」

若い時は自分を精一杯アピールしました。
恋人と手を繋ぎ、抱き合って二人の世界を外に内に示しました。
夢と憧れを持ちました、自分の実力以上に自分を評価しました。
沢山の悩みがありました、仕事、金、恋、人間関係、Etc
悩む事や自分を鼓舞する事に疲れ、又、それを楽しみました。
老人をボロ雑巾のように感じました。

現在、精一杯アピールしても高々知れている事を知りました。
愛する事は、意味と世界が違う事を知りました。
公園のベンチに夫婦で話もしないで只坐っているだけの愛の深さを知りました。
人間も猫も犬も同じ生き物だと知り、決して自分が特別でない事を知りました。
「けっ!」と笑っていた(金で買えないもの)が本当に沢山あることを知りました。
不安や悩みは大した事では無い事を知りました、山より大きな猪は出ないのですから・・
何よりも、肩に力を入れない自由な生き方が楽しめます。
なにしろ、その時間・現在が楽しめるのですから。。

この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
今それだけのことが言える回答者さんは素敵だなーと思いました。
今の状況と何年か後の状況、もし違ったとしてもそれはそれで楽しいというか、いいものかなって思いました。私も回答者さんのように思えるように今を精一杯生きたいと思います。

40歳になったばかりの、フルタイム勤務の2児の母です。

皆さんの回答とほぼ同じですね。自分の考え方、感じ方次第ですよ。
毎日、とても忙しい日々を送っていますが、文句を言っている時代もありました。でも、ふと思うと毎日、笑ったことのない日がないことに気づきました。
なんだ、私はいつどこでも楽しいんじゃないか、と。
職場での出来事を、良かったことも良くなかったことも夫に話しています。夫からもいろいろ返してくれます。楽しいひと時ですね。
子どもからも、もちろんうるさい位にいろいろ・・・。
子どもたちの成長を見つけるたび、幸せな気分になります。
これって、裏を返せば「親離れ」少しさびしかったりもします。と、これも感じ方、捕らえ方で違ってきますよね。

子どもには聴覚障害があります。その関係でいろいろな人たちとの出会っています。悩み事を話し合うことはもちろんですが、一緒にいろいろと楽しんだりもします。
いろいろな分野にかかわっている人たちとの交流は世界が広がります。
子どもの将来に不安はありますが、この子の存在のおかげで悪いことばかりではありません。

先々のことばかり思うと、どうも暗い方面に傾きがちになりますよね。
私は独身時代にあちこと一人旅もしたし、危険な恋愛もしました。今思えばずいぶんむちゃくちゃやってきたと思いますが、今や落ち着いている自分の糧(かて)となっています。
質問者さんは20代、ですよね?糧を築く年代に、お年寄りたちの会話に振り回されては気の毒です。結局は、たわいのない会話に過ぎないのですよ、グチるのが趣味みたいなものですよ。
どうか、五感を使って今を過ごしてくださいね。

この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私なんかに分かったようなことを言われたくないと思いますが、お子さんが聴覚障害を持っておられるということで、大変だったことも多いことと思います。でも、悪い事ばかりではないとおっしゃる回答者さんに勇気付けられました。年を取って変わることはあっても、いつどこでも楽しい・・・どんなことがあっても、要は考え方しだいなのでしょうね。
私はついものごと深く考えたりしがちなところがあるのですが、先のことばかり考えずに心の糧を築いていこうと思います!!

50代半ばです

貴方の年代の時の楽しい事って全てし尽くしていますね

貴方でも子供の時は缶蹴りでも鬼ごっこでも楽しかったのでは?

今再び毎日友達と同じ遊びをして楽しみたいでしょうか?...(笑)。

ボーリング、ヨット、スキー、デート、旅行...

貴方が今から経験する楽しいことは私たちにとっては鬼ごっこと同じです
わたし個人に限ってでも恐らく貴方が今までに経験した楽しいことはほとんど経験しているでしょう

電車の老人も今ではグチが楽しいのでしょう...(笑)。
井戸端会議、携帯メールでの情報交換と同じです
ただ、テーマに乏しいだけでしょう
いまさら恋愛しても...(笑)。

食事でも同じです、若いときは焼き肉などが好きでしたが年齢が高くなると自然と魚介類にシフトしてきます

体がそうなってくるのでしょうね

後5年ほどで定年ですが東南アジアをロングステイで巡ろうと計画しています

世界旅行も若い人には若い人なりの廻り方が有るでしょう
年寄りには年寄りに向いた巡り方が有ると思います

今の70-80代の方の青年期を考えてあげてください
1945年が終戦、60年ほど前ですね
20代の頃は終戦直後
貴方と同じ年代の時はバラック住まいで食べ物にすら不自由されていたでしょう

おそらく今生きている世代の中では楽しい思いも少なかったでしょう
体にも若い頃の負担が出ているでしょうね
私のオヤジも働く事だけが全ての人生でした

「今の若い者は・・・」...グチも言いたくなるでしょう

お祭り、映画などが数少ない楽しみだったでしょう

貴方が70-80才になったときにはもっと溌剌とした年寄りになっていると思いますよ

「あーぁ、遊び尽くしたな、今度は何して遊ぼうか?」

そんな老後かも知れませんね

100才を超えると長生きだけが楽しみのようです...(笑)。

この回答へのお礼

子供の時にした遊びは、楽しかったなーと思います。
でも、今それをしたいかって言われると・・・うーん別に・・・って感じですね笑
なるほど、今は、自分が今やっているようなことがいつかできなくなるのは寂しいとか思っていますが、何年後かにはそう思わなくなっているかもしれないし、新しいことをしているのかもしれません。
今のお年寄りの世代が若いときと比べると、私達は何不自由ない生活をしていますよね。私はそんなことをつい忘れがちですが・・・。確かにその人たちの気持ちになってみると、話している内容も無理がないというか、納得できます。
その時々で、楽しいことってあるものかもしれないですね。

最近は、さすがにしのび寄る老いを感じています。
老いは、確実に体力や精力、それに記憶力などを奪うものだと実感しています。
が、一方で、子育てから解放されてきているのも事実です。
が、一方で、金銭を追求する日々から解放されてきているのも事実です。
多少、金銭との縁の切れ方が早過ぎるのが頭痛の種です。
しかし、色んな代償を払いつつ、確実に「自由」を手中にしつつあります。
思うに、<老いとは富や地位や名声とは無縁な自由なステージへの移行>でもあります。

「老いは真の楽しみを満喫するステージに達する代償」

2年後、10年後にも、このように言い切れたらと思っています。

この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
真の楽しみを満喫するステージに達する代償・・・ですか。
回答者さんの文を読んで、私も、今までの人生を思い返してみると、失ってきたものはたくさんある気がして寂しいです。でもそのかわりに新しく出会ったものは、小さなことですがたくさんありました。そのことを考えると、年をとるのってそんなに悪くないかもしれないと思えました。

まだ20代前半ですが周りを観察したりするのが好きなので僕なりの考えを回答させてもらいます。

人によるのではないでしょうか。自分の趣味の時間を大切にしとても生き生きして生活している高齢者の方もいます。

中学、高校、大学と周りを見てきましたが「毎日たのしい」と暮らしている人もいれば「毎日しんどい」と暮らしている人もいます。
大学受験にしても「しんどい、しんどい」ってやるひともいれば「目標の大学に生きたいから頑張る」という人もいました。

結婚とか親戚関係とかで状況的に若い頃のようには行かないのかもしれないですが(僕はまだわからないですけど)どんな世代でも楽しく暮らしている人もいればそうでない人もいる。ということではないでしょうか。
状況もありますが考え方が重要のような気がします。

この回答へのお礼

回答ありがとうございました。
同じ世代の方からの意見がもらえてうれしいです。
生き生きしておられる方は気持ちの持ち方が違うだけかもしれませんね。私も物事前向きに考えていきたいと思います。

こんにちは
私も30代です、年をとると楽しいことがなる来る…確かに電車内等でお年寄りが世間話をしているのを聞くと「身体が言うことをきかなくなった、」「最近の嫁は…」と愚痴っている内容が多い気がします。

でも、そう言う方々は一部であって色々な事を楽しんでおられる方もいらっしゃいますよ、ウチの隣のご夫婦は毎年道の駅ラリーを楽しんでて私を見つけると「あんな事があった、こんな事があった」と話しかけてきてとても楽しそうです、他にも沢山生きてる事に生き甲斐を見つけている人は沢山居ます。

電車内で愚痴っていたその人たちも話題は色々で「この前何処どこへ旅行へ行ってきたわ」って、それを聞いて何だ健康じゃない!?っておもいました(笑)。

ようは気の持ちようだと思います、10代の時は10代なりの楽しみ方が、20代になれば20代なりの楽しみ方があるように…。

誰にだって年を重ねる事に色々な不安が出てくるでしょうが、折角生きているのに不安がっていては楽しみが逃げてしまいますよ、もったいないです(笑)。
私は30代で結婚して、今までとは全く違った環境で暮らしています。
毎日不安もありますけど自分なりに楽しいことを発見して暮らしています、趣味の旅行(日帰りも含め)も主人と楽しんでいます。
貴方らしい楽しい生き方をエンジョイして下さい。

この回答へのお礼

回答どうもありがとうございました。
年をとると誰しもがつらい気持ちでいるのかと思っていました。楽しみは見つけようと思えば、見つけられそうです。今の自分に楽しいことや嫌なことがあるように、何年後かの自分もちょうどそれと同じであるだけでしょうかね。
不安ばかりにとらわれず、笑って楽しいことを見つけていきたいと思います。

私は30代です。
よく変わってると言われますが、まだ年を取るのが楽しいです。

一般には20歳を超えたころから年を取ることに抵抗感を訴える人が増えてくると思います。特に最近は若いうちからその傾向が顕著になり、女の子では16歳ぐらいで「もうこれ以上年を取りたくない」という人も多いみたいですね。

歳をとってからの楽しみですが、それぞれの年齢になってからの楽しみがあると思います。私は10代のころには全く興味もなかった「勉強」が今楽しくて仕方がないですね。きっとこれから10年20年と経つごとに自分の好みも変わっていくと思いますが、基本的には今の自分の延長線上ですから、それが急に「楽しみがない、生きていても辛い事ばかり」になるとは思いません。というより、そうしてはいけないと思うのでそうならないために今出来る事をしようと思っています。

歳を取ると、当たり前の事が楽しくなってくるものです。朝起きて天気がいいとすごく気持ち良かったり、近所の人に笑顔で挨拶するのが楽しかったり、そんなごく当たり前の日常が楽しくなるんです。買い物したり、お金が貰えたりということよりも、健康でいられることに喜びを感じています。これもまた若い頃では考えられないことですね。

テレビを見ていると「辛い苦しい老後」ばかりがクローズアップされますが、誰もがそうなるわけではないと思います。将来のことを悲観するより、将来に向けて何かの準備をしておけたらいいなと思いますね。

この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
年をとるのが楽しいっていう人はあまり知りませんでしたが、とても素敵だと思います。私もそんなふうに思えるようになりたいです。
年をとるといろんなことは変わるかもしれないけど、辛いことばかりではないのかもしれませんね。どうもありがとうございました。

30代後半に入りそうな女性です。

日頃から良い生き方、年齢や状況にあった自分の活かし方、身の丈にあった社会貢献を考えてゆけば自然と楽しい生き方が出来ると思います。

不平不満ばかりに目をやれば、どんな満たされた状況でも楽しいものにはなりません。

どんな辛い状況であってもささやかに喜びを見つけて暮らせば、心は不思議と満たされるもです。

ホント、おかしなものですよね。

幸せって自分で自分を満たしてあげられるかどうかだと思うんです。
自分の心を自分で育てられる人は一番幸せだと思います。そういう生き方ができるような年齢の重ね方をしたいと思います。

それは年齢にかかわるものでも性別・収入にかかわるものじゃないんです。生き生きとすることってそう言うことじゃないかと思って今をフルに頑張れると人生の楽しみが生まれてきますよ。

若いんだし、お互い頑張りましょう!

この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
どんな状況にあっても、気持ちが大切ですよね。
年齢のことばかり考えないで、私も今できることを頑張ってしようと思いました。とても励まされました。回答者さんもがんばりましょう!!

このQ&Aは役に立ちましたか?1 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ