質問

いつも参考にさせていただいております。

タイトルのとおりなのですが、
朝の板情報の仕組みがよくわかりません。
以前から気になっていました。

8時30分頃は、ストップ安水準の板なのに、
8時59分には、突然前日値くらいに戻ったり・・・・。

ご教授いただけると嬉しいです。
よろしくお願いいたします。

通報する

回答 (2件)

寄り前の板情報
1.SQ編
指数先物・オプション取引の特別清算日(毎月第2金曜日の寄付き、3・6・9・12月は先物とオプション両方、他はオプションのみ)は、通常より
   早い時間帯からディラー・機関投資家・ファンドなどから成行きの大口注文が
   発注されています。このため、極端な例では、8:30頃にS安、8:50頃にS高、
   そして、寄り前直前には、通常のSQに絡まない注文が厚みをまして、
   前日比変わらず、な~んてこともあります。

2.通常編
一般的に、
 (1)証券ディラー(証券会社の自己売買部門)は、寄り前、8;58、8:59に注文を出します。
 (2)機関投資家も、会議・ミーティング、発注前の確認作業などをして、やはり、
  8:40以降に発注してきます。また、機関投資家は、個別銘柄の細かな事は、
  気にしませんので、前日終値を指値とした売買注文が多いでごわす
このため、8:30~8:50頃までの板情報は、あてになりましぇん。言わば、まだ全員参加の状態ではないでごわす。やはり9:00直前の板情報、そして初値及び初値における出来高、このあたりに、その日その銘柄の動向を見る上でのヒントがあると思います。
尚、No1しゃんのおっしゃるとおり、いまだに寄り前の見せ板(玉)が絶えません。法的な線引きが難しいと考えます。昨日、寄り前も、日経先物の寄り前板の変化を受けて、個別銘柄で、大口の注文がスコーンと姿を消すのを見ました。見せ板か?本当にSGX(シンガポール)日経先物の売買動向・大阪日経先物の寄り前板情報を見ての純粋な注文取り消しか?これはわかりません。
尚、寄り付きを利用したクロス取引は減少して、今はToSTNeT〔証券ディラー・機関投資家が大口売買を行うシステム、クロス取引やバスケット取引を行うことができる、立会い外取引(ホリエモンが利用した)〕に移行していますが、バスケット取引は、通常の寄り付き、ザラバでも登場しています。

株、その売買関係の仕組み、プロでなければ精通する必要はないと思いまちゅ、儲かることが全て、勝てば官軍^^。  

この回答へのお礼

ありがとうございます。
とにかく、儲けます(笑)

 良くあることですけど・・・・・

 SQ算出の日には、SQの値をかく乱するために
 場が始まる前に・・見せ板を入れて置いて・・場の始まり前に不要分を抜く

 他には
 クロス取引を行うときに売り板だけが先に入れば・・当然そうなります

この回答へのお礼

ありがとうございました!

このQ&Aは役に立ちましたか?3 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

このQ&Aを見た人が検索しているワード


新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ