「マッド・マックス」を見て衝撃を受けました。
ただのバイクアクションと思い、参考資料程度の気持ちで見ていたのですが、物語の深さ、セリフの意味、役者の表情など、正直深い読みし過ぎかもしれませんが、なるほどこういう意味だったのか…とすっかり映画自体に見せられてしまいました。

その後、「ペイバック」「ショーシャンクの空に」「ザ・ロック」など色々見たのですが、そろそろネタが切れてきました。
個人的に、ただの復讐劇アクション映画よりも、意味深いもの、見た後に考えさせられるようなもの、などが好きです(もちろんアクションも好きですが)。

現在、ハリソンフォード主演の「許されざる者」が気になっております。
他に、何かありましたら御教授頂けないでしょうか。
よろしくお願い致します。

(別に洋画でなくとも構いません。もし、映画が無理でしたら小説・漫画など、ジャンルは一切問いません)

A 回答 (10件)

「復讐」そのものをテーマにした深い洞察のある映画ならば、韓国のパク・チャヌク監督の復讐三部作「復讐者に憐れみを」「オールド・ボーイ」「親切なクムジャさん」をお勧めします。


メンタリティーが日本人に近いので幾分陰湿ながら、共感できる部分も多いんじゃないかと思います。
「親切なクムジャさん」は邦画の「女囚701号さそり」を彷彿とさせますし、「オールド・ボーイ」に至っては日本のマンガが原作です。
あと、マンガだったら楳図かずおさんの古典、「復讐鬼人」が恐ろしくも深いです。

この回答への補足

皆様、ありがとう御座いました。
とても参考になりました。

正直、皆様全員にポイントを差し上げたいのですが、システムの都合上御2人を勝手に選ばせて頂きました。
まだ見てない作品もあり、評価が妥当ではないかもしれませんが、どうぞお許し下さいましm( _ _;)m
本当にありがとう御座いました。

補足日時:2007/06/12 17:06
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、参考になります。
韓国映画はあまり見ていなかったので、この期に見てみようと思います。
しかし、漫画が原作だったとは知りませんでした。
楳図かずおさんのマンガは好きですので、そちらの方も見たいと思います。

ありがとう御座いました。

お礼日時:2007/06/12 16:09

「ウェスタン」


復讐自体は、ちょいネタバレ気味ではありますが、この映画では、そんなハンデは問題にならないっす。
音楽、映像、時代考証、いろんな意味で凄い西部劇です。

「砂漠の流れ者 ケーブル・ホーグのバラード」
復讐には燃えていないけど、復讐は誓っている主人公は「ウェスタン」でも渋いジェイソン・ロバーツ。
静かに進む寂しさとユーモアのある、変わった西部劇です。

「クロウ 飛翔伝説」
ブランドン・リーの遺作でも有名ですが。
殺された男が生き返って、自分を殺した連中に復讐します。
妙に後をひく映画です。

「修羅雪姫」
「修羅雪姫 恨み恋歌」
キルビルの元ネタですが、比べもんにならんくらい、アンチモラルな世界観です。
主人公はお母さんの復讐の道具として生まれてますし、続編は、アナーキスト対国家権力という図式で、その有様は恐いくらい。

「スナイパー」
娘が殺されたことで、銃器メーカーに復讐するのが主人公です。
スコープから副社長を狙いながら、会話が進むと言う話でした。
銃社会の暗部そのもですな。

昔の映画って、復讐するとその負い目を一生引きずるという展開なので、妙に暗かったな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとう御座います。
説明まで付けて頂いて、とても参考になりましたm(_ _)m

確かに、昔の映画は渋い!というか、何だか終わったあとも物悲しさというか、寂しさが漂っていますよね。
どれも私がまだ見ていないものばかりで、これからじっくり見たいと思います。
とても参考になりました。

お礼日時:2007/06/12 16:04

デンゼル・ワシントンの「マイ・ボディガード」はいかがでしょう。



寝ぼけた邦題でだいぶ損をしていますが、中身はズシッと来る壮絶な復讐劇です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あら、そうだったんですね…;
友人の家で見た時・、前半部分で寝ちゃいました…^^;
もう一度、しっかり見てみます。

ありがとう御座います。

お礼日時:2007/06/12 15:59

「ランボー」はご覧になられたでしょうか。

ベトナム戦争から帰還しても社会に馴染めずはみだしてしまう帰還兵の姿を描いた傑作です。基本的には自分を痛めつけた保安官に復讐しようとする話ですが、いろいろと考えさせられる映画です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あれは暗い映画でした…。
いえ、アメリカ社会そのものの暗さか、戦争の暗さを描いてましたね。
でも、面白い映画でした。

ありがとう御座います。

お礼日時:2007/06/12 15:57

なんといっても



ユマ・サーマン主演、タランティーノ監督「キル・ビル」でしょう(^^;

「キル・ビル2」も復讐劇だけど2はおもしろくないです(;_;)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

キルビルは面白いんですか?(^^;)
友人やらの周囲やらの評判が、何やらとても悪いのですが…(汗)

しかも、2は仰るようにもっと酷いとか、あるいは2の方がまだましだとか…。
でも、自分の目で確かめないと分りませんよね!
見てみます!
ありがとう御座います。

お礼日時:2007/06/12 15:55

アメコミが原作の「パニッシャー」なんかはどうでしょうか?


アンチヒーローという立場の主人公で、決して正義の為に
闘っている訳じゃない、というところが新しいです。

殺された妻と息子の為に復讐を誓い、ヒーローとは思えないような戦い方で相手を殺します。
結構面白かったですよ。

後は、デンゼル・ワシントン、イーサン・ホーク主演の「トレーニング・デイ」。
新米の警官が、古株の警官に罠にハメられ、復讐します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

パニッシャーはいいですよね。
おお、最近またパニッシャーの新作が出ていたのですね。
ありがとう御座います。

トレーニング・デイは気になっていたのですが、見ていませんでした。
この期に見てみようと思います。
ありがとう御座います。

お礼日時:2007/06/12 15:51

復讐譚で考えさせられるものといいますと、ちょっと古い映画ですが


スティーブ・マックィーン主演の『ネバダ・スミス』をお勧めします。

http://movie.goo.ne.jp/movies/PMVWKPD6886/index. …

3人組の殺し屋に両親を殺された若者の復讐劇なのですが、
その過程で彼自身が人間的に成長し、最後の一人への復讐に至った際に
最終的に彼がとる行動に考えさせられるものがありますよ。

実はこの映画は『大いなる野望』という映画に登場する人物で
主人公ジョナス・コード.JRの後見人であるネバダ・スミスという初老の男
(演じていたのは「シェーン」のアラン・ラッド)が
あまりにかっこよかったので、彼の若き日のストーリーを映画にしようと企画された、
ちょっと珍しいタイプの映画です。
ジョナス・コード.JRの父親であるジョナス・コードも『ネバダ・スミス』には登場し、
いかにしてこの二人が出会い、よき友人としてつきあうようになっていったのかの
辻褄がぴったりと合うように描かれています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おお、なんだか面白そうですね。
古い映画でも、いいものは非常に面白いですので、さっそく見たいと思います。
「大いなる野望」も気になりますね。

ありがとう御座います。
こんな映画があるとは知りませんでした。

お礼日時:2007/06/10 09:40

「グラディエーター」はご覧になりましたか?


ラッセルクロウ主演、
将軍マキシマスが、皇帝に復讐する物語です。
見応えありますよ。

http://excite.co.jp/cinema/movie/41000014/
    • good
    • 0
この回答へのお礼

グラディエイターはなかなかの迫力でしたね。
ラッセルクロウの演技は見応えがありましたが、物語り全体は古典な為かいささか物足りなさも感じました。
でも、面白かったと思います。

ありがとう御座います。

お礼日時:2007/06/09 23:34

もうすでに公開中だとは思うのですが、先月くらいに(もっと前かな・・・)試写会で観た「シューター」という映画はなかなか面白かったです。



映画ばかりは、面白いというのが主観以外のなにものでもないのですが・・・w。

個人的にはもう一度観たいと思うものでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

最近、映画館に行かなくなってしまったので、これを機に見に行ってみようかと思います。
なかなか、ストーリーもよさそうですね。

ありがとう御座います。

お礼日時:2007/06/09 21:17

「考えさせられる復讐もの」というジャンルだと


『隣人13号』 という漫画(映画化もされています。)が面白かったです。
ちょっと絵柄にクセがあるので、苦手な人は好きになれないかもしれませんが、個人的にはツボでした。

映画の方は見ていないのでなんとも言えませんが、R-15指定なのでホラーかグロの表現があると思われます。

もし興味があれば漫画喫茶などで、さわりだけでも読んでみてはいかがでしょうか?
ちなみに作者は「井上三太」さんです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

実は本屋で見かけた時に気になっていたのですが、仰る通り絵が独特だったのと、「いじめ(?)」が物語の中核らしかったので、低く見てしまいスルーしておりました。
試しに読んでみようともいます。

ありがとう御座います。

お礼日時:2007/06/09 21:10

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ