かなり前に読んだ本ですが、上下二巻で「インターネットは郭公の巣?」のような題の本を読んだことがあります。作者はアメリカ人でハッカーを追跡した人です。インターネットはガラクタとの反インターネット?的な内容ですが、正しい題名を思い出せません。アマゾンでも検索してみましたがヒットしませんでした。どなたか正しい名前をご存知でしたらお教え願います。ありがとうございます。

A 回答 (2件)

以下の本かと思われますが・・・。



書名は「カッコウはコンピュータに卵を産む」
著者:クリフォード・ストール
草思社
    • good
    • 0

この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2007/06/23 18:01
    • good
    • 0

この回答へのお礼

ありがとうございます

お礼日時:2007/06/23 18:01

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

注目の記事

読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ