海外では雑誌に香水をふるような慣例があるのでしょうか?

有名なシットコム「Friends」ですが
シーズン9の9話「The One With Rachel's Phone Number」にて
 ジョーイ「(モニカから)男物の香水の匂いがする」
 モニカ「あなたの方からよ」
 ジョーイ「さっき(自分に)雑誌をこすりつけたんだ」
というような会話があります。

他にも「Hedwig And The Angryinch」というミュージカル映画で
「香水をふった雑誌」というような歌詞があり
そのような慣例があるのかと思いました。

どなたか詳しい方ご回答お願いいたします。

A 回答 (4件)

アメリカです、



ダイレクトメールなどで香水の匂いのするものがあります。
折ってくっ付いたようになっているページを剥がすと香水の匂いがします。
日本でもだいぶ前からあったような気がしますが。

出始めの頃は騒がれていたような記憶があります。
確か香水を微小なカプセル(目に見えないくらい)で包んでおいて。それを普通のインクやのりの様に印刷する。折りたたんだ紙を剥がすとカプセルが壊れて匂いがしてくる。

と言うようなやり方だったと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういわれてみれば、ダイレクトメールで
そういった仕掛けのものを見かけたことがあるような気がします。
ご返答ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/02 22:34

以前図書館で働いていたことがあります。

ファッション系の洋雑誌を扱っていましたが、私も疑問に思っていました。めくるとほんのりいい香り。
香水が挟んであるものがほとんどですが、挟まっていなくても 紙自体が なんかいい香りなんです。気になりますね。回答になってなくてすみません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

他の方の回答で疑問が解けましたね。
改めて海外との文化の違いを感じさせられます。

お礼日時:2007/08/02 22:34

No.1の方が仰っている通り、アメリカの雑誌、特にファッション誌には香水のサンプルがよく挟まっています。

雑誌によっては4種類も5種類も挟まっていて、ペラペラとめくっていると香水の香りがします。
広告のページの1部が2重になっていてそこをベリッとめくると、その部分に香水が染み込んでいるという仕組みです。
気に入った香りなら、その紙に腕でもこすりつければ安く香水を楽しめますね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そういう意味でFriendsのセリフがあったのですね。
ご返答ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/02 22:33

 出版関係者です。

米国の雑誌では香水を染み込ませた紙を
サンプルとした挟み込んでいるケースがあります。日本では
ちょっと考えられないですが、米国では雑誌の紙質が低いこ
とから多少のシワなどは気にされませんし、欧米人は香水に
寛容なので、他の雑誌に匂いが移っても誰も気にしません。

 ちなみに雑誌については日本と違って返本制度もなく、
売れ残ったら棄ててしまいます。エコじゃないですね(笑)。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

確かにペーパーバックと日本の文庫本を比べて考えてみると
米国の本に対する価値観がわかるような気がします。
ご返答ありがとうございました。

お礼日時:2007/08/02 22:33

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • タクシーのお釣り、もらう?もらわない?

    タクシーを利用した時に料金のお釣りを金額によってはもらわない、という人もいると思います。皆さんはどうしていますか?教えて!gooには、こんな質問が寄せられました。 「タクシーのお釣りは、貰います?」 相...

  • 海外の友人が喜ぶお土産は?

    外国人に喜ばれる日本のおみやげは? ホームステイや留学、出張の際にそんな悩みを持つ人も多いかもしれません。先日発表された「魅力ある日本のおみやげコンテスト2012」(観光庁主催)では、「金箔の皿」がグラン...

  • 【賛否両論】59才で25才と女性とお付き合い……無理ですか?

    最近は大きく年が離れたパートナーを持つ人が増えており、親子ほどの年の差も珍しくないという。 恋愛に年齢は関係ないとはいえ、「教えて!goo」には「私は59才です25才の女性を好きになりお付き合い、無理がありま...

  • せきらら女子会:第129話「盛れるポーズ」

    恋愛、結婚、お金、夜の営み...いろんなことに対して、赤裸々にトークする女の子達のお話。考え方の違う4人が、今日も居酒屋に集まります。

  • ゲーム業界ダンナ観察日記:第116話「奥様はたまに辛口」

    ダンナ様のねむねむ。奥様のとぽすけ。ごく普通のふたりは、ごく普通の結婚をし、だらだらと夫婦生活を送っていました。でもただひとつ違っていたのは、ダンナ様はゲーム会社勤務だったのです。

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ