アニメというか、コミックなのですが、
ダイの大冒険という作品があります。
物語の終盤、バーンパレスに突入した主人公たち。
アバンがキルバーンに異次元空間に連れて行かれて
決闘をする場面で、
キルバーンがアバンにカードを投げて、
「それは左手の手袋代わりさ」と言う場面があります
いくら考えてもこのセリフの意味が分かりません。
アバンが手袋を失うのは異次元空間を脱出した後ですし。
どういう事なのでしょうか。

A 回答 (2件)

自分もダイの大冒険を読んでいましたが、しばらくご無沙汰なので


前後の場面があまりよく思い出せないのですが、この少し前に
キルバーンはアバンに仮面を壊されるか何かしていたと思います。

西洋の騎士が出て来るような話では時折、決闘を申し込む際
相手に手袋を投げつけるというような場面を見かけます。
カードを投げて「それは左手の手袋の代わりさ」というのは
つまりはこの事(アバンに対し雪辱戦を挑む)ではないかと。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます
勉強になりました。

お礼日時:2007/08/27 23:30

漫画とは関係ありません。



中世のヨーロッパの騎士達の間では、
左手の手袋を相手に投げ捨てる=決闘の申し込み、で
様々な作品でも引用される「決闘のお約束」です。

http://woodruff.press.ne.jp/illusion/materia/lib …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
勉強になりました

お礼日時:2007/08/27 23:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード

芸能情報や娯楽に関する質問が多く寄せられています。好きな俳優やテレビ番組のスケジュール、ライブ公演予定といった詳細を知りたい時はこちらを見てみましょう。

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ