マンガの多分9割以上はフィクショナルな内容ですが、ノンフィクション・コミックとでも呼ぶべきジャンルもあると思います。例えば『栄光なき天才たち』。
他にどんな作品をご存じですか。作者名と、できればオススメ度も併せて教えてください。
みなもと太郎『風雲児たち』のような、かなり独自の解釈の入ったものも、基盤が史実なので含めます。吾妻ひでお『失踪日記』、keikoの『スッチーシリーズ』等はエッセイ・コミックというか、違うジャンルかもしれませんが、細かく分けだせば境界的なケースが問題になりそうですので、ここでは、広く、体験記・身辺雑記的なものも含めます。

A 回答 (8件)

・「刑務所の中」花輪和一


有名なので既読かもしれませんが…
作者が体験した、淡々と過ぎてゆく獄中生活が描かれています。
刑務所や拘置所の生活も興味深いですが、この作品を魅力的にしているのは何と云ってもその細密な「絵」の力です。

・「毎日かあさん」西原理恵子
子育て日常エッセイというジャンルに入るんだろうけど…それだけじゃないぞやっぱりサイバラだし深いぞこのマンガ、って事で。

あとブログものですが…(マンガ形式って事で)
・「となりの801ちゃん」小島アジコ
このカテに常駐?している方々の「一部」にとっては
「あるあるあるある!!!!」「そうそうそうそう!!!!!」な話が満載です(笑)
※私もその一人です…苦笑
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「刑務所の中」恥ずかしながら知りませんでした。調べたら映画化もされてるんですね。何はさておき読んでみます。
毎日新聞は購読してないけど、ひところ図書館で「毎日かあさん」を読むために、載る日の毎日を開けてました。気に入ってます。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/14 21:48

宇野亜由美


・アジア行かされまくり、リゾート行かされまくり
・無理矢理おしかけまSHOW
アジア・リゾート~は作者・カメラマン・編集(これがコロコロ変わる)の3人がアジアやリゾート地を回って女性向けの情報を紹介するレポートコミック…ですが、段取りよくいかないので作者がいつもキレてます。
無理矢理~は色々なジャンルの人の自宅・仕事場に押しかける話で、途中からは1日仕事をしたら給料はどのくらいもらえるか?的な体験ルポ状態になっています。

佐久間智代
・猫鍋
猫好き一家が遭遇した2匹の猫の話を中心に、猫を飼う人間の考えや猫が人間になったら?みたいなコミックエッセイです。

橋本正枝
・貧乏セレブ
お金があろうとなかろうと、友達のコネすらも利用して上流階級と交流を深めたり超高級ブランドのファッションショーへ通ったりする不思議な漫画家のコミックエッセイです。

松本ぷりっつ
・うちの三姉妹
普通のサラリーマンと漫画家夫婦のあいだに生まれた3人の娘たちの面白い行動をメモしてアップしていたブログの書籍化ですが、書き下ろしに近いと思います。

とぽすけ
・だらだら毎日
冷静に突っ込む旦那とハイテンションの嫁の生活のこぼれ話(オンライン絵日記)を書籍化したもので、4コマの合間に書き下ろしの話が入っています。

織田うさこ・琴ふづき
・コミック きらきら研修医 うさこのドタバタ日記
ドラマにもなった有名なブログのコミカライズで、ところどころが書き下ろしのストーリーになっています。

黒川あづさ
・アジアの玉の輿。
姉の夫(バングラディシュ人)の紹介で知り合い、結婚した素性不明のバングラディシュ人とその嫁(漫画家)の日々と里帰りを中心に描かれたコミックエッセイです。

神谷悠
・ぷらり旅行組
少女漫画家の作者が同業者、友人たちと回った旅先で起きた出来事をまとめたコミックエッセイです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、旅行記のコミックも少なくないですね。cherrymoonさんの的確で簡潔な解説、大変助かりました。どれも読んでみたいです。
ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/14 21:35

[特攻の島] 佐藤秀峰



戦争末期、黒木大尉、仁科中尉が考案したとされる、人間魚雷[回転]の物語です。

大東亜戦争末期の昭和19年9月頃、日本は国の存亡をかけ、神風特攻隊など航空特攻隊を編成したのですが、[回転]なる魚雷の特攻も考案されました。

戦争に興味があれば、おすすめです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

「回天」の存在は聞いたことがありましたが、劇画になっているのは知りませんでした。ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/14 21:29

「ふー are you!」おーはしるい


 いわゆる子育てまんが。

「うちの子に日々大爆SHOW」胡桃ちの
 これも子育てまんがですが、投稿ものです。

「大阪愛のたたき売り 育児編」胡桃ちの
 前述の作者自身の子育てまんがです。

「よしえサンち」須賀原洋行
 作者自身と家族に関する出来事をつづった漫画です。
 何誌かを経由して現在に至る作品で(掲載誌によってタイトルが変わってます)、この手の漫画としては最も続いているものでしょう。

「ちいさな来訪者」浪花愛
 子育てまんがの走りです。当時生まれた娘さんはもう成人しています。

「本当にあった事件シリーズ」浪花愛
 上の作者の割と最近の出来事に関する日記漫画です。

「フジアキコ物語 ~ウルトラマン撮影秘話~」長谷川光司/桜井浩子
 初代ウルトラマンに出演していた桜井さんが監修した、当時の想い出をネタにしたどこまで本とか判らない漫画です。

「親バカ日誌」魔夜峰央
 パタリロの作者である魔夜氏の家族に関する日記漫画です。

「ほんまでっせお客さん」村上たかし
 漫才夫婦(?)の日記漫画。

「ワーキングガールの素」ももせたまみ
 作者がOLをやってたころの経験や、友人達から聞いた様々なOLネタの実録漫画です。

「名物!たびてつ友の会」山口よしのぶ
 ストーリーそのものはフィクションですが、劇中に登場する列車や景勝地、名物料理や駅弁などは当時実在したものです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ほー、いろいろあるもんですね。とりわけ「ウルトラマン撮影秘話」はぜひ読んでみたいです。高橋留美子さんも執筆の苦労を軽い日記風に描いてたのを思い出しました。<メーキングの漫画>も、ノンフィクションコミックの一ジャンル?
たくさん教えてくださりありがとうございました。

お礼日時:2007/09/14 21:25

「我が妻との闘争」原作: 呉エイジ/作画:金平守人


コミックチャージで隔週連載中で、まだコミックにはなってません。
呉エイジのエッセイを元に漫画化されたものです。

「独りでできるもん」森下えみこ
三十路独身女性の日常を描いたコミックエッセイ。

「絶望に効くクスリ」山田玲司
http://www.youngsunday.com/rensai/comics/one_on_ …
著名人の半生を対談形式で漫画にしている。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

存じない作者ばかりでした。絵主体のエッセイはまだこれからも増えるでしょうね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/14 21:15

安野モヨコ「監督不行届」



ジャンル的には失踪日記に近いですかね。
庵野さんと安野さんのマニアックな夫婦生活の描写が絶妙です。

あとは歴史モノは全てお問い合わせの作品に入りますよね。
横山光輝の「三国志」「殷周伝説」「史記」など。
近代のものではさいとうたかをの「大宰相」。

栄光なき天才たちの系統ですと、山本おさむの「聖」がそうですね。
夭折した村山聖という棋士の物語です。山本おさむ氏は障害者を主人公
としたノンフィクションマンガもいくつか描いています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

満遍なくお答えいただきありがとうございます。『三国志』以外は、読んでません。山本おさむさんの名前は覚えておきます。

お礼日時:2007/09/14 21:13

『鉄子の旅』全6巻 菊池直恵 (著)


 鉄道オタクの横見浩彦氏の推薦する旅をレポートしたドキュメンタリー。
 旅行漫画なのに観光情報とか皆無で、鉄道オタクの生態観察が目的の漫画です。
 http://www.amazon.co.jp/dp/4091885411
    • good
    • 0
この回答へのお礼

鉄道ルポじゃなくて、鉄ちゃんの生態を描くんですか。確かにそれは面白いでしょうね。
ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/14 21:09

風俗ルポルタージュ漫画。



http://sch.jbook.jp/s.asp?max=100&field=a&key=%E …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ものすごい数ですね。ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2007/09/14 21:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ