『多重人格探偵サイコ』にルーシー7を名のるグループが登場しますが、この名前はアメリカの都市伝説に由来するという説明があります。

さて、『多重人格探偵サイコ』以前にルーシー7について言及した書物は存在するのでしょうか?
それともこれもまた大塚英志の創作なのでしょうか?

A 回答 (3件)

こんにちは^^


「多重人格探偵サイコ」の中に出てくる、ルーシー・モノストーンの…話ですよね。最近、原作者の大塚さんの友人(?)、「三木・モトユキ・エリクソン」さんがかいた、ルーシーのことについての本が出版されました。私は最初の方しか読んでいませんが、ルーシーの都市伝説については、少し書かれているようです。
もしよかったら、見てみてください。

くわしいことは↓

参考URL:http://www.kadokawa.co.jp/book/contents/200207/2 …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

実はこの本、この質問を出してから私も見つけ、読みました。
まだ最初の方しか読んでいないということなので詳しくは書きませんが、何だかモノストーンもルーシー・セブンもその実在がますます疑わしくなりました(最後の最後に私の申し上げた意味がお分かりいただけるかと)。

また、この本のなかにルーシー・セブンについて言及した都市伝説の本が挙げられているのですが、これがまた本当に存在するのかどうか、疑問なのです。

もう少しこの質問は生かしておきますので、読了したらまた書き込みお願いします。

お礼日時:2002/08/23 22:59

追加の回答です。



私は『多重人格探偵サイコ』を読んでいないので、ご希望の情報かどうか分かりませんが、その後、自分でも興味を持って調べたら、以下の情報が上がって参りました。

「ルーシー・セブン」とは、「7人のルーシー」と呼ばれる都市伝説を指すようです。
「ルーシー」という殺人鬼が色々なパターンで人を殺す話が6つあり、7つめを話すと、その人の元に「ルーシー」がやってきて殺されてしまうので、7つめの話は語られる事がない、というものらしいです。
更に、この「ルーシー」の元になった「ルーシー・モノストーン」という人物がおり、一説にはそのルーシー(ルーシー・モノストーン)そのものが都市伝説で、実在しなかった(もしくは大幅に伝説化・捏造されている)とも言われているらしいです。

こんな話でお役に立てますでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

わざわざの追加、ありがとうございます。
また興味を持っていただいたのこと……、これは喜んでいいのかな?

さて御回答いただいた都市伝説ですが、これについてはすでに知っていました。が、やはり大塚英志がらみの本で知ったものでして……。
またルーシー・モノストーンについての御教示もすでに知っておりました。

で、ネット等で見る限り、ルーシー・モノストーンに関してはどうも実在しなかったというのが事実らしいのですが、もしかするとルーシー・セブンなる都市伝説が存在し、そこから大塚がルーシー・モノストーンなる人物を創造したのではないか、と考えたのですが……。

もし宜しければ、sheep33さんの御回答にある都市伝説、及びルーシー・モノストーンについての情報源をおしえていただけないでしょうか?

お礼日時:2002/08/19 23:53

「ルーシー・セブン」(一説には「ルーシー・ヘブン」)はアメリカの都市伝説に実在するようです。


実際にルーシー7について記してあるかどうかは定かではありませんが、アメリカの都市伝説にまつわる書籍には以下のものがあります。

ジャン・ハロルド・ブルンヴァン「消えるヒッチ・ハイカー」「チョーキング・ドーベルマン」「赤ちゃん列車が行く」
フェリス・L・モナハン「サブカルチャーと都市伝説」
ベン・C・クロウ「巨人ポール・バニヤン」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

参考としてあげていただいた書籍のうち三冊ほどは読みましたが、それには出ていませんでした。

都市伝説には以前から興味を持っていたのですが、ルーシー・セブンについては『多重人格探偵サイコ』を読むまでは知らなかったもので、また虚実ないまぜの大塚の作品のこと、これもまたいかにも事実らしい虚構かとも考えているのですが……。

googleで検索をかけてもヒットしませんし。

お礼日時:2002/08/13 00:20

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

  • 読書の秋、30~40代のオトナにオススメの本3選

    秋の夜長は読書が似合う。気温も涼やかで、思索にふけるには持ってこいの季節だ。そこで今回は30代から40代の大人たちへ、小説、ミステリー、エッセイのジャンルから、珠玉の3冊をご紹介しよう。(株)TSUTAYAの生駒...

  • GWの暇つぶしにオススメな本

    世の中はGWということで飛び石も有給休暇を使い、連休にしているという人も多いだろう。一方、教えて!goo ウオッチ編集部ではその後に来る真のGW=5/2〜5/6の連休に備え、目を血眼にしてある者は原稿を書き、またあ...

  • 思い出に残る「昭和の雑誌」と言えば?

    「出版不況」が叫ばれて久しい現在、雑誌の発行部数は凋落の一途をたどっているが、かつて雑誌は、時代・風俗をリードする存在だった。Q&Aサイトの「教えて!goo」には、そんな懐かしき時代に思いを馳せた、「忘れ...

  • 作品を観たり読んだりした後の虚無感、みなさんもありますか?

    映画や漫画など世の中に溢れる物語の中で、みなさんは自分の心にぴったりハマった作品をいくつお持ちだろう。そんな良作との出会いは幸せなことだが、大好きな作品を観た後に湧き起こる“ある感覚”が悩み……との以下相...

  • あなたの一番長く愛読している本は?

    出版不況と言われたり、若者の読書離れが心配されたりと、以前に比べて本が読まれていない……とされる昨今。そんな中でも、「新しい本は買ってないけど、昔に買った本を今も読み返している」という人はいるはずだ。そ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ