金本位制が世界的に確立されたのはいつ頃ですか?
「銀行の銀行」が必要な理由はなんなんですか?
あと信用貨幣の成立過程について説明していただきたいのですが。
分かりやすく短めに教えていただけたらうれしいです。

A 回答 (1件)

金本位制の確立と銀声の銀行(日銀)の誕生の経緯は次のとおりです。



明治前期の弊制は結果的に混乱しインフレを招きました。政府はこれらの終息のため紙幣の回収整理による通貨の安定と一元的発行をすべく、明治15年中央銀行としての日本銀行を設立しました。そして明治18年に初めて銀貨と引換可能の日本銀行交換銀券を発行し、明治30年には金本位制が採用され金0.75gを1円とする「貨幣法」の制定により、金貨と引換可能の日本銀行交換券が発行されました。
 軍需による資金需要の中で通貨が急膨張し、政府は通貨発行権を持つ日本銀行の保有する正貨(金)を越えての通貨発行に対し種々方策を検討した後、一歩先んじて欧州主要国で移行した保証準備高制への採用に踏み切ることとし、昭和16年臨時措置ながら「交換銀行券条例」を改正しました。これにより交換銀行券の発行限度額は大蔵大臣が定めることとなり、金の保有量に制約されずに銀行券の発行が可能となりました。翌17年日本銀行法の制定により、日本銀行券と改め交換の義務が消え管理通貨制度へと移行しました。

下記に参考になる資料があります。
[日本銀行の概要] 歴 史 年 表
-日本銀行の機能と業務に関係する歴史的事項

参考URL:http://www.boj.or.jp/about/nenpyo.htm
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ