たしかカントスフィルネスといったと思うのですが、鍵盤の奏法のことだと思いますが、どういった特徴をもったものなのでしょうか?教えてください。

A 回答 (1件)

カントゥス・フィルムス(cantus firmus) とは「定旋律」のことです。


音楽技法の発展の過程で、中世にはグレゴリオ聖歌を定旋律として、その上に装飾的な対旋律が付け加えられました。それが多声音楽の始まりであり、西洋音楽の実質的な始まりでもあります。
ご質問が「鍵盤」とのことですので、鍵盤楽器の演奏における定旋律のある声部のことと考えられます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

正確に書いてなかったのにしっかりとした回答をいただきありがとうございました。

お礼日時:2007/10/24 13:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ