平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということはありません。(まあまあ快適と思います。というか、あまり違いがわからない?)

しかし、知人からは、14年前の車に5W-粘度のオイルを入れると、良くない。と言われました。
その理由を聞くと知人の方が説得力があるので、気になって仕方がありません。
理由:(1)エンジンの設計自体が、5W粘度を想定していない。
(2)9万kmも走っている軽四に、低粘度オイルの使用はエンジン摩耗を促進する。
(3)旧車に粘度の柔らかいオイルを入れるとエンジン音がうるさくなる。
(4)夏場で焼き付きを起こす可能性が高い。
(5)オイル漏れを起こしやすい=エンジンを痛める。

確かに、当時のエンジンオイル(指定オイル)は10W-30で、5Wと言う粘度自体が存在しませんでした。
しかし、○-○バックスで交換しようとのぞいても、軽四輪用(3L)のオイルは5W-40がほとんどで、
格安品(安すぎて不安!)に10W-30が見られる程度です。
平成5年当時の車両に入れるオイルを、
5W-40のオイルと、10W-30のオイルとで比較した場合、、
実際、どちらを入れるのが、車にとって正しい選択なのでしょうか?
今の車は気に入っていますので、快適に末永く乗ろうと思っていますので・・・
次のオイル交換の時期も近づいてきており、どちらにしようか決めかねている次第です。

A 回答 (8件)

14年前の車に5Wは良くない 誰が言ってんだ!!


20年前から 使用してきてましたが問題ありません

オイルはシリンダーとピストンの間に油膜を作り 潤滑と圧縮漏れを保つのが役目 油膜が切れると焼き付きの要因になります。
サーキットを全開で走るなど高温・高負荷での使用はOIL温度も上がり 焼けたフライパンに入れたサラダオイルの様にさらさらに粘度が柔らかくなり 油膜切れをお越しがち これを防ぐ為には 5W-30より 10W-50等固いオイルを使います。
ターボでなければ一般使用では、通年(夏でも)5W-30が最良です。
10W-40は一般の車の場合 夏場は良いですが 冬場は固すぎる傾向です 使用は問題ないですが 固い分温まるまでの粘性抵抗が大きく
冬場は燃費は落ちる傾向です 燃費が上がることはありえないです。

最近のオイルは性能がよく エコカーは0W-20というさらさらオイルが指定です 現状の 5W- のオイルも油膜性能は十分問題ないです 超高性能オイルの5W-30ではサーキット走れます。
最近のレースオイルは低粘度柔らかいです。
 
25年以上前の車 スカイラインのケンメリ以前を 旧車というと考えます。 この時代の車に 化学合成オイルや柔らかいオイルを入れると オイル漏れが起き易いです 原因は パッキン材質+(加工精度)です。
化学合成オイルは 分子が小さく浸透性が良いので漏れ易いのです。
旧車には鉱物油が一番相性良いです。

14年前の車は旧車では有りません  
今回の半化学合成油チョイスは正解ですねー
但し 5W-40で 燃費が良くなるというのは夏だけの話
きっと ディーラーで一番安いオイルだったのでは?
もしくは オイル漏れが起きそうな場合は 整備士さんの判断で固い5W-40オイルをチョイスしたとも考えられます。
これからの季節は 5W-30が最適なのですが??
冬に極端に燃費が下がるようであれば 5W-30への交換
大きな燃費低下が無ければ このままご使用してOKです。

エンジンノイズは 前のオイルが良いオイルを使われていたか 添加剤を入れていたとか無いでしょうか?
そうではなければ 今回のオイルと相性が悪い 14年使用で
購入当初良かったオイルも 回転・接触部の磨耗で音が出てしまうと推測します。
対策 モーターUPなど2千円程度で買え効果の実績のある添加剤を入れれば 音は収まります。燃費も回復傾向に向きます。
    • good
    • 9
この回答へのお礼

ありがとうございます。
悩みがすっきりした感じです。

お礼日時:2007/10/18 10:03

オイルの粘度表示 5W-40 という意味ですが5Wというのは低温時の粘度表示で40というのが高温時の粘度表示です。


10Wより5Wの方が低温時に軟らかいので始動直後などの抵抗が減りエンジンが冷えている間の燃費が若干良くなります。
高温時というのはエンジンが温まった状態ということですから普通走行しているときに40番のほうが粘度が高いということになります。
その為抵抗によって燃費は落ちます。
ただ長年使用したエンジンでは各部が磨り減って新車時よりすき間が大きくなっているところがあります。
こういった部分を高粘度でカバーしてピストンの密封性を良くしたりすることでパワー燃費が若干回復することがあります。

逆に粘度が極端に低いオイルは使えません。
最近の省燃費車のように0W-20のような高温時20番のオイルは燃費もよくなりパワーも出ますがエンジンが20番に対応していないとオイルシールなどからオイル漏れしてしまうそうです。
    • good
    • 15
この回答へのお礼

なるほど・・・40の方が高粘度ですか。
今まで勘違いしていました。
40=40度までOKと言うように、対外気温度のことと思っていました。

お礼日時:2007/10/17 08:57

エンジンの経年数を考えると5W-40と10W-30のどちらを選択するのが正しいかというのは難しいところですが、デーラーが「問題ない」というくらいですし、実際に5W-40を使用されてオイルの漏れや極端な消費など特に問題となる症状が出ていないのであれば5W-40を使用し続けて問題ないでしょう。



確かに14年前経っているエンジンですから、低粘度オイルを入れることによりオイル漏れを起こす可能性もありますが、エンジン全体にオイルを行き渡らすことができ、抵抗も少なくなるためロスが少なくなるなどの利点もあり、近年では低粘度オイルを推奨するケースが多いようですね。
    • good
    • 6
この回答へのお礼

ありがとうございます。
オイル量さえチェックしていれば、メリットの方が多いと言うことですね。

お礼日時:2007/10/17 08:58

660旧規格の軽自動車に5W30のオイルを使っています。


車によって相性はあるでしょうけど0W20とかでない限り基本的に問題ないです。

・・・・ただ・・今回の場合、個人的には『5』よりも『40』のほうが気になります、というか自分でしたらヤです。

やはりオイルは出来るだけ柔らかいものを使いたいというのが希望です。

ちなみに今までオイル交換で一番影響があったのが『オイルの入れすぎ』です。
はっきりとわかるぐらいパワーダウンしました。

軽トラ関係はどこの車も床下に押し込むためにエンジンをすごく寝かせているので
200ccぐらいのオーバーでもてきめんに効きました。
(もっとも規定量が2.5リッターだから10%upなら当然か?)

現在ではDIYで交換していることもあり、レベルゲージの真ん中狙いです。
お店によっては気前良く『おまけ』してくれますので気をつけてください。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

先のご回答にもあるように、40の方が高粘度。と言うのは初めて知りました。
理想は、5W-40より、5W-30と言うことですね。

お礼日時:2007/10/17 09:01

私も同じ疑問は持っています、以前指定が10w~40なので大丈夫と考えて100%化学合成の良いオイルを使ったことがあります、その後エンジンがオイルを消費するようになって(タービン部分だと思います)



普通の鉱物油の10W~40に戻したらオイルの消費が止まったことがあります、それ以来純正指定の粘度の物で余り安くもなく、高くもない物を探していますが確かにショップでも少なくなっていますが、こだわって使用しています。

私の車は平成元年のターボ車ですが、10万キロオーバーしてますし余計に神経使います。

現在のオイルで特別支障が無ければ大丈夫だと思います、又これから寒くなれば10wよりは5wの方が冷えているときに抵抗は少なくなるでしょうし・・・
私の場合はオイルの消費が有ったので止めましたが焼き付きなどの心配は無いと思います、質問者の場合も今までと違う兆候が有れば要注意かも知れません。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

今までのご回答を参考にすると、だんだんわかってきました。
オイル消費の理屈がいまいちわからないのですが、
いつもオイル量が気になる小心者でしたら、10W-30が無難。と言うことですね。

お礼日時:2007/10/17 09:04

"旧車"に低粘度のオイルを入れるのは良くないというのは確かにそうなのですが,たった14年前の車を"旧

車"とは呼ばないので問題ないですw
    • good
    • 5
この回答へのお礼

家内の方が新車のいい車に乗っています。
その家内から私の愛車を「オンボロ車」と言われています。
質問とは無関係ですが、「旧車」ではないと言っていただいて嬉しく思います。

お礼日時:2007/10/17 09:08

5W40はオイル自体の性能が高いので全く問題ないです。


オイル消費が増える可能性があるのでレベルチェックは少し気にしたほうがいいかもしれません。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

こんど、レベルチェックしてみて、給油前と比べて減っていれば、10Wにしようと思います。

お礼日時:2007/10/17 09:10

結論から述べれば問題ないでしょう。



5W-40は、10W-30を完全にカバーしているので
特別気にする必要はないでしょう。

低粘度を気にしているようですが、車種やエンジンに
よって不具合が生じるような製品をオイルメーカーが
製造販売することがあったら大問題なのでその辺りは
クリアしていると思います。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

ありがとうございます。
概ね、私の結論も5W-40で、いつものディーラーでお願いしようと思います。
純正オイルのせいで不具合があれば、ディーラーもある程度は保証して下さるでしょう。

お礼日時:2007/10/17 09:12

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

  • 夜間時のライトの注意点は?ニコニコニュースのユーザーの意見をまとめてみた

    先日、「教えて!gooウォッチ」では「車のハイビーム、夜間は『原則つけっぱなし』が正しい?」という記事をリリースした。道路交通法によると、夜間は原則ハイビームを使用し、対向車とのすれ違い時のみロービーム...

  • 駐車の切り返し、何回まで許せる?

    男性でも女性でも、クルマを駐車や車庫入れが上手にできる人は3割増しでカッコよく見えるもの。でも、駐車が上手い下手は一体どこで決まるのだろう。やはり“切り返しの回数”ではないだろうか。ということで、今回は...

  • クルマの運転は片手?両手?それとも膝!?

    秋は気温も風も心地よくドライブにいい季節!ということで、今回は運転について「教えて!goo」から、「車の片手運転と両手運転」という質問をピックアップしてみた。 質問者のjun5125さんは、ハンドルさばきもウイ...

  • 車の中に放置しておくと危険なものを専門家に聞いてみた

    夏のレジャーで車を長時間駐車場に止めておくことはないだろうか。車を長時間野外に止めておくと、車のなかがサウナ状態になってしまい、ハンドルは火傷しそうなくらい熱く、シートに座るのもやっとである。だが、も...

  • 最高温度は90℃!?車内の暑さ対策を専門家が伝授

    夏、最も憂鬱なことの一つといえば、車内に乗り込んだときのあの蒸し暑さ。ハンドルに触れると火傷しそうになるほど熱が籠っているので、非常に危険だ。 「教えて!goo」の「真夏の車内の暑さ、影響は?」という質問...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ