バイオリンを習っている者です。楽譜見ながらすらすら楽器(バイオリン他)が弾ける方にぜひお聞きしたいことがあります。

【質問】
楽譜を見ながらバイオリン等の楽器を弾いているとき、あなたの頭と指は次のうちどちらの動きをしていますか?

(1)目に飛び込んだ音符の配置が、頭の中ですぐにドレミに変換されてから(つまり視覚情報が言語情報に置き換わってから)、指が動く。

(2)目に飛び込んだ音符の配置が、頭の中で指板上の指の位置のイメージに変換されてから、指が動く。

【質問の背景】
 交響曲など長いバイオリンパート譜を練習する際、私だけ非常に頭が疲れます。脳がフル回転している感じです。その割には初見も譜読みも遅く、フラットが4つもついているともうノロノロ運転です。何でなのか、今習っているバイオリンの先生に相談した結果、私が変な楽譜の読み方をしているせいではないかという結論になりました。
 バイオリンを始めた時の先生は、音符をドレミで読む代わりに、指板を押さえる指の位置を覚えて曲を弾く指導をする方でした。それで曲を弾くことが出来るようになったので、今でも楽譜をドレミで読むことはせず、音符の位置と指板の指の位置とを連動させて曲を弾いています。ただしこの方法は、時間をかけて1曲を習う個人レッスンでは通用しますが、1ヶ月で交響曲の全楽章を一通り弾けるようにするアマオケのような環境では通用しない感じがしてきたのです。
 音符の位置と指板の位置とが連動すれば、頭の中でドレミに変換する操作が入らないだけ楽譜を弾くのが速くなりそうに思いますが、実際にはこの方法で弾くと、非常に頭が疲れるし、弾くのが遅くなります。他の人も同様かと思っていましたが、どうやら先生も先生の知り合いの方もそんな弾き方はしていないし、ドレミで読まないで楽譜を弾くことを不思議がっていました。そこでネットを利用して広く皆さんの頭の働きを教えていただこうと思いました。またこの方法でバイオリンを習っている方がいましたら、楽譜をドレミで読めなくとも困らないものなのかどうか、教えていただけないでしょうか。
 なお私の方法の弱点は他にもあります。蝶々~蝶々~♪のような非常に簡単な曲でさえ、曲全体が1オクターブ上がったら、その位置に音符が書いてなければ弾けなくなります。また、シャープやフラットが複数ついている調になると、5線からはみ出した音符に対しては半音の上げ下げを忘れてしまいます

【追加の質問】
 音大では、楽譜をドレミで読むソルフェージュという科目があるようですが、音符をドレミに変換するこの訓練は、楽譜を弾く際にも有効だから取り入れられた訓練なのでしょうか?楽譜に音符で曲が示してあるのに、なぜ音符をいちいちドレミという音声に変換する必要があるのでしょうか?明快な理由をご存知の方がいましたら教えてください。

A 回答 (6件)

いろいろな方が回答されていて、蛇足になってしまうかもしれませんが…。


私は普段はピアノを弾いています。(ただ専門家ではなく趣味で弾いているだけです。ただもう25年余り習っていますが)学生の時にはフルートを数年やっていました。
ヴァイオリンには全く縁がない音楽人生ですので、少しはずれているかもしれませんが、私の経験を参考までに書かせていただきます。
改めて初見をする時にピアノではどうやって弾いているのか考えてみました。
まずピアノの場合、右手と左手があるので、1拍の音を読むのに左手の和音(3~4音)、右手の主旋律・副旋律(2~3音)などなど多い時には一瞬で6音8音当たり前に出てきます。なので、音符をいちいちドレミに変換するなんてことはしません。間に合わなくなってしまうので。
ではどうしているかというと、音符のある位置を「見る」→「手が勝手にその位置に動く」(指も和音ならその和音にあった形に勝手に広がる)という感じな気がします。しかもその音を弾いている瞬間はたぶん少なくとも2~3音先を見ている気がします。
なにぶん、無意識に弾いているのでうまく分析できませんが。
昔、左手の和音の真ん中の音だけ初見で弾くという遊びをしたことがありますが全く弾けませんでした。その時に思ったのは和音を3音とも読んでいるつもりで実は一番上(か下)の音と玉の並んでいる配置(3つくっついるのか少し離れているのか)を見るだけで弾いているのだということでした。
長くなってしまいましたが、楽器を弾くのに必ずしも音符→ドレミへの変換は必要ないと思います。ただ、私も小さい頃にはソルフェージュをやりましたし、楽典もしっかり勉強し、音楽の音の連なりの理論は学習しました。やはり理論あって音楽が成り立っているので、基礎なしでいきなり音符→ポジショニングというのは難しいのかもしれません。
また音符→ポジショニングというのは圧倒的に経験というか反復練習で無意識に身体が動くようになってはじめて出来ることではないでしょうか?今は時間がかかるかもしれませんが、たくさん練習するうちにすこしずつ譜読みが早くなっていくと思います。簡単な楽譜で初見だけ練習する本というのもピアノの場合、売っています。そのような練習も効果があるかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅くなり大変申し訳ありません。
貴重なご意見どうもありがとうございました。普通は意識していないプロセスについての質問なので、なかなか他の人に聞いてもちゃんとした答えは返ってこないのですが、このご回答のようにプロセスをきちんと分析されて教えていただきますと、私としても大変参考になります。
楽器を弾ける人はそうやって楽譜を読んでいるんだとわかり、非常に興味深いものがありました。
私にはソルフェージュなどの理論を学んだことがないため、やはりこういう基本がなっていないということがネックになって、楽譜を読めていないのでしょう。
貴重なご意見ありがとうございました。

お礼日時:2007/11/08 01:08

ドレミ読みが必要かというと,必要ではないような気はします.


自分は読んでいるようなので説得力がないですが.
こんなサイトをみつけました.
http://www.happypianist.net/music/gakuten14.htm

私の場合ですが,音が並んでいる先の方の予測が付いているかというと,付いていないと思います.でも,初見でもある程度は対応できるのは,やはり目印的なポイントをいくつかもっていて,そこからの相対値でポジションを探している気がします.
ドを基点としましょう.このとき,ド以外もミならここ,というように全部わかるわけではなく,たとえばドの近くでレが出てくればそれはレといよりドの近くの音で,譜面上での「相対的な位置」から,基点としてわかっているドを中心に手が位置を測っている,という感じでしょうか.指板の全域に,音とポジションが厳密に結びついたところがいくつかあり(弦によって違ったりする),あとは音階練習等で身につけた位置関係で探している,という感じですか.うまく伝わらないかもしれません.このとき,常に調があらかじめ頭に入っていて,基本的にここには音は来ない,という位置が,ぱっとわかる,というのも効いているようです.ふだんあまり使わない調の場合は,その曲用の練習として,その調の音階練習を繰り返して,位置を叩き込みなおしたりはします.
弦楽器の場合,ポジションの平行移動で移調ができるので,音階練習はかなり合理的にできるはずです.調性を意識した音階練習,分散和音練習が有効だと思います.譜面と対応づけた音階練習ですね.
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れてしまい申し訳ありません。
貴重なご意見をよせていただきありがとうございました。
楽譜を読むときのプロセスがどうなっているか、普段意識しないことをご自身の体験から教えていただき大変参考になりました。
このホームページも興味深く読ませていただきました。
「基本的にここには音は来ない」という直感など、普段聞くことのできないプロセスで、他の人はそういう読み方をしているのかと、大変参考になりました。
自分自身で実験してみます。どうもありがとうございました。

お礼日時:2007/11/08 01:03

 どういったらいいのか……自分でもいま一つわからないのですが、



 もっといい音楽・いい演奏をするために、
 声(アカペラ)で、音を出せるようになると、本格的な
演奏家になれると思います。
 (文章のように読めるってことで、アナウンサーは、いい実例ですね。)
 


>最初の3つの音符を見ているときに楽譜が取り上げられても、残りの5つの音符は(音声記憶を手がかりに?)再現できるようなのです。
>皆さんの場合はいかがでしょうか。音符→ドレミの音声記憶→指タッチの順番になっているのでしょうか。

 初読みでは、演奏できませんから、
 譜面・音符 > ドレミ読み >メロディーとして理解。 
 ゆうっくり演奏、繰り返して、……完成。
 しばらく演奏しないと、忘れてしまう。
 (再び、演奏するには、再度繰り返す(ただし数時間で、できる))


>時間がかかるとはいえ今の方法(音符→指)で弾くことはできるので、どうしてもこの方法を捨てられません。


 譜面から、弦上のポジションを、記号を使わずに、指が動くのですか?
 

>「その方法じゃ無駄が多いよ。
 talinaさんは、そう感じていらっしゃるのでしょ?   

> 音符→ドレミ変換→指のほうが絶対に早いし楽だよ」という、

 記号を仲介しないで、指が動くという経験がありませんので、
 なんとも言えません。
 talina さんは、
 ひょっとして、文字を覚える前に、音楽を習ったのですか?
 幼稚園、のころ? くらいから、
  幼児教育でパイオリンをはじめられたのでしょうか?

>経験に基づいた明確なお墨付きがあれば、私もいまの方法を捨てられると思います。
 捨てるというのは無理だと思います。
 ピアノなど、鍵盤の前に座ると、指がかってに音の場所へ
動きますから……あ、ただし、キーの位置は意識していないですね。
 (だから、一瞬正しい音を出せても、繰り返すと、すぐミスタッチ)
 (そうか、キーのぼじしょんを、からだで覚えていないと、いうことなのかなぁ、…… /(?_?); ) ??)

>この辺を明確にしたいので、この欄をお借りしてまた質問させてください
  声であらかじめ、譜面をメロディーの記憶にしてみることはできますか?
 ららら~ とか、声でメロをよめれば、それを、ドレミ読みや、数字読みにするのは、
 簡単なことだと、よそうするのですが、
  (逆に考えると、ドレミ読みしかできない……ので、)

この回答への補足

貴重なご意見をいただきありがとうございました。
いくつかご質問への回答をいたしますと、

>譜面から、弦上のポジションを、記号を使わずに、指が動くのですか?
はい。数字に置き換えているわけではありません。

>ひょっとして、文字を覚える前に、音楽を習ったのですか?
社会人になってからバイオリンを始めました。子供の頃も今も楽譜を読む訓練をしたことはありません。

こうなると私自身で実験してみるしかないのでしょう。ドレミで読めるようになるまでブランクが生まれてしまいますが。
本当にご丁寧なご意見、ありがとうございました。

補足日時:2007/10/27 13:10
    • good
    • 0

バイオリンはできませんが,ギターやベース(コントラバス),フルートなどをやるので,私も考えてみました.



あまり意識したことはなかったですが,私は一度音名に変換しているようです.読み方は固定ドです.私はふだんはジャズなどをやっているので,五線譜自体よりもそれに添え書きされたコードを読んでいることが多いので,そうなるのでしょう.
ただ,それと指をどこに置くか(フルートならどの指配置になるか)はあまり関連があるように思えないのですが.
たとえばト音記号で第1線上に音符があればミだからこう,と順序立てては反応していないように思います.とくに弦楽器を弾くときは起点としてどこかはそう見ていて,あとは相対的に上がる下がるの関係で指が動いているように思います.ただ,譜面の位置と押さえる位置は間に言葉を挟むでもなく頭に浮かびます.そうでないと,たぶん即座には反応できないでしょう.
しかし,シャープやフラットの時は,音名経由で対応している感じもします.シャープやフラットはでたらめに出現しているわけではなく,調が決まればどこに何がつくかは決まるのですが,それはやはり音名での理解があって,たとえばト長調であればシャープは一つ,これは固定ドのファにつく,だからこういうところは1フレット上がる,とそういう反応をしているようです.調号が多いと読めない,という人は,たぶんそういう規則性を理解していないか,それを意識した音階練習等をしていないのだと思うのですが,どうでしょう.

いずれにしても,譜面上の位置も,あるいは音名にしても,指の位置との対応をいちいち考えてはいません.考えなくても反射的にその位置に指がいく,ここが重要なのだと思います.
結局,位置を「考えて」いるところがネックなのだと思います.基本的には音階練習等を通じて,音(五線譜上の位置か音名かは,たぶん関係ない)と指の位置の関係を思考抜きで,反射的にできるようにするのが必要なのではないでしょうか.全音域にわたる音階をスムーズにどの調でも弾けるようになっていれば,たぶん五線譜からはみ出そうがなんだろうが関係なくなると思うのですが.このときは音名との対応は有効かもしれません.先に書いたように,調号の規則性は音名を通した方が覚えやすいでしょうから.

この回答への補足

これまで回答をいただいたwordsmakerさん、blidaさん、c80s3xxxさん、どうもありがとうございました。c80s3xxxさんのこの補足欄をお借りしてまとめて御礼申し上げます。

なかなかこういう自分の働きを意識することはありません。なかなか聞くことの出来ない貴重なご回答、ありがとうございます。どうやら無意識のうちに皆さん音符の風景をドレミの音声に変換して演奏されているところは共通ですね。私もどこかで音階の規則性や譜読みの練習をする必要があるのかもしれません。

ポジションは数字に変換しているわけではありません。習い始めはその方法で練習しましたが、今ではこの音符は指板のこの辺を押さえるんだなという感覚が出来上がり、それにしたがって弦を押さえています。

アナウンサーの例は非常に興味深く読ませていただきました。
以前、バイオリンの先生がこんな喩えを話してくれました。
原稿に「おはようございます」と書いてあります。私は3秒程度でこの文章をPCの画面に打ち込むことが出来ます(ブラインドタッチ)。では「すまいざごうよはお」だったらどうか?単に「おはようございます」を逆から読んだだけですが、こうなると一文字づつ全部読みながら打ち込まねばならないので、時間がかかりますしイライラして頭が疲れます。「おはようございます」という文章は、見慣れているし日本語のリズムに合っているし意味もすんなり頭に入るので、一瞬でも見ることができれば、あとは自動的に手が動いてキーで打ち込むことができます。最初の「おは」を打ち込んでいるときに原稿を取り上げられても、音声か風景の形で頭の中に「残像」または「残音」を利用して全部打ち込むことができます。でも「すまいざごうよはお」で同じことをされたら全部打ち込むことはできないでしょう。
これと同じように、いろいろな曲を弾いた経験のある人にとっては音符の並びは意味のある音の並びになっていて、8分音符が8つ並んでいても、最初のいくつかを見るだけであとは残りの音符を想像できるらしいのです。そのかわり誰かが勝手に並べた音符が8つ並んでいたら、全部の音符をいちいち見る必要があるし、ちゃんとした曲であっても誤植でひとつの音符が間違って記されていたら、そこでつっかかるそうです。「おはよたございます」のように。
さらにその作業を分解すると、8分音符8つを見たとき、頭の中では音符の風景がドレミの音声に変換されるので、最初の3つの音符を見ているときに楽譜が取り上げられても、残りの5つの音符は(音声記憶を手がかりに?)再現できるようなのです。
皆さんの場合はいかがでしょうか。音符→ドレミの音声記憶→指タッチの順番になっているのでしょうか。

時間がかかるとはいえ今の方法(音符→指)で弾くことはできるので、どうしてもこの方法を捨てられません。「その方法じゃ無駄が多いよ。音符→ドレミ変換→指のほうが絶対に早いし楽だよ」という、経験に基づいた明確なお墨付きがあれば、私もいまの方法を捨てられると思います。この辺を明確にしたいので、この欄をお借りしてまた質問させてください。

補足日時:2007/10/24 01:05
    • good
    • 0

 


 楽譜の風景
 
 この質問は、なかなか興味ある問題を含んでいますが、弦楽器演奏の
経験者には厄介で、未経験者にはチンプンかんぷんだと思います。
 そこで、ひとひねりして、あれこれ比喩的に語ってみましょう。
 
 たとえていえば、まさに朗読の技術に似ていると思われます。
 ナレーターは、絶妙の呼吸で、流れるような名調子をこころがけます。
 ニュース・アナウンサーは正確な発音で、語尾や結論を重要視します。
 
 どちらも一言一句を一字一字たどるのではなく、つぎにつづく文章を
先読みしているのです。活字に目を近づけて読むかたわら、ページ全体
を眺めるようなテクニックが存在するらしいのです。
 
 われわれが、新聞を読んで理解するのは、個々の活字や文章ではなく、
紙面をまるごと“網膜記憶”しているからだ、という説もあります。
 とくに楽譜には、このような能力が必要ではないでしょうか。
 
 ◇
 
 わたしの頭と指は、楽器ぬきで読むときは「1=ドレミ変換」であり、
演奏を前提とするときは「2=指板上の指」をイメージしています。
 狭い音域では音声、広い音域では楽器に依存しているようです。
 
>なぜ音符をいちいちドレミという音声に変換する必要があるのか<
 漢字にふりがなを当てるように、音声として記憶するからです。
 読めない漢字に出会うと、誰もが読もうとする衝動に駆られるように。
 
 わたしは最初、キャンプ・ソングからコーラスを通じて、メロディを
優先して楽譜を学んだので、つぎのような旋律音程に依存しました。
 ♪「ドレ、ドミ、ドファ、ドソ、ドラ、ドシ、ドド、……」
 
 つぎにヴァイオリンを独習してから、つぎの和声音程に進化しました。
 ♪「ソレ、ソミ、ソファ、ソソ、ソラ、ソシ、ソド、……」
 おそらく、歌う、聞く、弾く、それぞれに使いわけたのでしょう。
 
 ◇
 
 ドレミ唱法にも、固定式と移動式があり、わたしは後者です。
(音楽教室で学んだ人は固定式が多く、移動式は独習者に多いはずです)
 なかなか併用できないところに、なにかヒントがありそうですね。
 
 私見ですが、固定式では平均律の音程になり、ここぞという部分での、
純正率の和声が得られないのではないでしょうか。
 このあたりになると、専門家でも議論が分かれるはずですが……。
 
 わたしの経験では、初心者に二通りのタイプがあり、すぐれた音色を
もつ者は、指使いや弓使いを(教わる前に)マスターしています。
 かたや楽譜に強い者は、いちはやく全体の曲想を把握できるのです。
 
 結論としては、アマチュア・オーケストラの有力メンバーになるには
固定式が必要ですが、弦楽合奏や無伴奏(バッハのシャコンヌなど)に
専念するなら、どちらも無用だと思います。
 
 ◇
 
 この質問は、楽器の演奏よりも、指揮者の暗譜について重大な疑問を
想起させます。そもそも数十段の五線譜が並ぶようなフル・スコアを、
初見でピアノ演奏するような超能力こそ、想像を絶するのですが……。
 
 その逆に、そんな総譜を、指揮台の前に置いて、演奏会の本番最中に
めくる指揮者も如何なものでしょうか。速い曲にとって、一ページなど
一瞬にして過ぎ去ってしまうのに、なぜ暗譜しないのか……。
 
 追記(むかしの覚書から)
── 江藤俊哉氏のTVレッスンで、天才ならではの面白い発想を知る。
(以下を交互にくりかえし、合流すれば、飽きずに取組めるという)
 
 速いパッセージの練習を、速度・音程に分離独立する。
 早い部分は、音程を犠牲にして、速さだけを練習する。同じ部分を、
こんどは速度を犠牲にして、音程だけ(ロングトーンで)練習する。
 
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見どうもありがとうございました。現時点で一番新しいご回答のc80s3xxxさんの補足欄をお借りして、お礼と、追加の質問をさせていただきました。もしよろしければまだご意見をいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2007/10/24 01:08

 ドレミの譜読みも練習しなければだめです。



 わたしの場合、移動ド読みにしていますが。最近、
コードを読むときに、絶対ドレミ読みで、読んでいるのに気がつきました。
 移動ド、が、平かな、絶対ドのコードネームが、漢字のイメージです。

 ポジションの位置は数字で、考えるのでしょうか?
 教えてください

 誰かの回想・練習し方の雑誌記事で、譜面も読むために練習した。
 という話がありました。
 楽器演奏の練習も、譜面読みの練習も、どちらもしないとだめだろうと
思います。
 逆に譜面が読めれば、楽器練習が「楽になり」、すらすら演奏できるなら。
 譜面読みの練習が「楽になる」と思います。

 譜面読みの練習は、教則本の1ページか、2ページくらいの
簡単なところにまで戻って、
 まず、移動ドレミで、(ハ調だろうけど、移調して)読んでみて、
 それから、ゆっくり音を出してみる。
 このとき、いま演奏してるところと、次のフレーズをちらちら、
 視線を動かして、ドレミを考えながら
(それくらいゆっくり演奏して)つまずかないで練習すると、
 譜面読めるようになると思います。
 簡単に演奏できるレベルで、譜面読みの練習をする。のが、コツかなァ…

 どうでしょか? ……譜面読みについてはじめて考えてみた……
 のですが、何かご意見、……反対意見などでも……よろしく!
    • good
    • 0
この回答へのお礼

貴重なご意見どうもありがとうございました。現時点で一番新しいご回答のc80s3xxxさんの補足欄をお借りして、お礼と、追加の質問をさせていただきました。もしよろしければまだご意見をいただけると幸いです。よろしくお願いいたします。

お礼日時:2007/10/24 01:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

  • できたらいいなと思う楽器、人気は?

    ミュージシャンを見て「あんな風に演奏できたらいいな」と思うこと、よくあると思います。しかし、聴くのと弾くのとは大違い…。Q&Aサイトの教えて!gooには、こんな質問が寄せられていました。 「できないけど、や...

  • 音楽に理論は必要ですか?

    趣味で音楽やスポーツをする時、理論を持ってやっていますか?音楽が好きで作曲をして楽しむときや、走ることが好きだからと言うときに、理論も必要だと言われたら、どう考えれば良いのでしょうか。教えて!gooには...

  • ビブラートを付ける意味とは?

    芸術には、時としてその芸術に精通していないと理解しがたい技法や卓越した技法があり、その結果に驚き、感嘆することがあります。教えて!gooにはこんな相談が寄せられました。 「ビブラートってなぜ付ける?」 ...

  • 「ドレミファソ」だけで奏でることが出来る曲

    新しい楽器を手に入れた時、簡単に弾ける曲があったら、すぐにでも弾いてみたくなります。教えて!gooには、おみやげ屋さんで購入したオカリナを演奏したいと質問が寄せられました。 「ドレミファソだけで吹ける(...

  • 30歳ですがプロのギタリストになりたい

    プロを目指して音楽活動を続けている人はたくさんいると思いますが、一般的に、歳を取るとともにプレッシャーも大きくなるようです。夢を見続けるのは何歳が限界…? 教えて!gooにはこんなQ&Aが寄せられていました。...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード

芸能情報や娯楽に関する質問が多く寄せられています。好きな俳優やテレビ番組のスケジュール、ライブ公演予定といった詳細を知りたい時はこちらを見てみましょう。

このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ