西部劇などに出てくるシングルアクションの銃(ピースメーカーなど)を二丁持ち、連射する技の名前を教えてもらえますでしょうか?
荻野真の「拳銃神」では「ハンマーコック」となっていましたが、ネットで見る限りはその名称ではないようです。
よろしくお願いします。

A 回答 (2件)

シングルアクションの銃は、トリガーを引くだけでは連射ができず、まずハンマーを起こしてからトリガーを引くという手順が必要です。

1丁だけなら、利き手で銃を持ちトリガーを引きっぱなしにして反対側の手でハンマーを叩くようにして素早く起こしては倒し起こしては倒しを繰り返すことで連射することが出来ます。それをファニングと言います。

片手で撃つ場合は、銃を握った手の親指でハンマーを起こし、その後に人差し指でトリガーを引くことを繰り返すことになります。こういう撃ち方は、サミングと呼ばれますが、ファニングに比べたら連射速度は当然のことながら落ちます。

ファニングでホルスターから抜き撃ちすることをツーハンドドロウ、サミングでの抜き撃ちをワンハンドドロウと呼ぶこともあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
そうすると、二丁の拳銃を同時に連射するのは「サミング」でいいのでしょうか? もちろん、現実ではほぼ不可能でしょうけれど。

抜き撃ちの名称もありがとうございます。

お礼日時:2007/10/28 23:53

そのまんま「ツー・ハンド」(Two Hand)です。



両手を交差して撃つ事は「クロスファイア」などといいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。連射自体、ツー・ハンドというのでしょうか?(つまり一気に六発ずつ撃ってしまうような)

お礼日時:2007/10/28 02:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ