質問

この間ギターのエフェクターを買ったのですが、
充電の差込口にDCアダプター9Vと書いてあって
あいにく5VのACアダプタしかもっていません
ACアダプタとDCアダプタの違いって何ですか?
9V対応のACアダプタを買っても使えますか??

通報する

回答 (4件)

本来AC→AC(減圧)へ変換するものがACアダプタで、AC→DCへ変換がDCアダプタです。定義がないので現在一流メーカーとされている会社でも表現がマチマチです。要は100V ACから9V(他に12Vや24Vなどいろいろあり)DCに変換するという機能が要点です。ただ電気(電子)に詳しくないのであれば、メーカー推奨のものをお勧めします。中古部品店で売っているようなものは、電圧、定格があっていても、ハムやノイズ音が異様に大くなってしまうことがあるので要注意です。またプラグの形状が合わない、+-の位相が逆など注意点もあります。

9V対応のACアダプタかDCアダプタを買えば使用できると思います。気を付けないといけないのは、プラグの極性です。中心が+の物と-(マイナス)の物があります。また、太さも微妙に違ったりします。他に気をつけないといけないのは容量(電流が流せる量)です。これも物によって違います。容量の大きいものを買えば問題無いでしょう。。このあたりの知識をお持ちでないようであれば、その機器の専用のアダプタを買うのが一番無難だと思いますよ!

用語が正確に使い分けれているかにもよります

家庭用AC電源(100V)を使用した直流電源のことを
ACアダプタと言う人もDCアダプタと言う人もいます

そのアダプタには、入力と出力の規格が記載されているはずです
入力(input)AC80~120V 出力(output)DC6V1A のように

そのエフェクタの説明書を読んで DC9Vで何Aかを確認してください

出力が DC9Vで 電流がエフェクタの必要とする電流以上のアダプタが必要です

注意しなければいけないのは
単なる電源で 使用電流が増えるほど出力電圧が低下するものがあります、この手の物は、電流が少ないと記載されている電圧より上がってしまいます(出力電流が多すぎるものは、避けた方が無難です)
もう一点は 接続プラグの形状(外径・内径・ピンの径)と電圧の極性(中心が+/-)です

さらにややこしいのは 出力がACのアダプタも有ることです

これを読んで良く判らない場合は、そのエフェクタ専用のアダプタを購入してください(高価と思いますが)

ACアダプターとDCアダプターの違いは言葉だけです。

ACアダプターは電池などで動かすものをAC100Vで動かすためのアダプターです。
DCアダプターはAC100VをDCに変えて機械などを動かすためのアダプターです。

結局は同じものです。

但しアダプターには高級なもの(スィッチングタイプ)と低級なもの(整流のみ)など、種類があります。

>9V対応のACアダプタを買っても使えますか??
今回の場合はギターのエフェクターのアダプターがどのタイプかわからないので、メーカーから情報を得ない限り、使えるかどうかわかりません。

このQ&Aは役に立ちましたか?10 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集