質問

タイトルのままなのですが、
HoweverとButはどう違うのですか?

通報する

回答 (8件)

訂正:

No.7の「6行目」'butはやめてください'⇒'文頭を But で始めるのはやめてください'

ごめんなさい。

 使い分けの問題です。

 簡単に言うと、'but'は「会話調」を文字にしただけの場合は文頭に使ってもOKですが、「書き言葉」の場合は文頭に使ってはいけない、とネイティブの人たちは小学生のころから学校で教わります。(たまーに「書き言葉」でも文頭で'But'が使われる場合もあるのですが、わたしたち「外国人」は安全策をとって真似しないようにしましょう。)

 「会話調」を強く反映している文章(たとえば友人への手紙・emailなど)以外では、butはやめてください。そのかわりに however を使うことになります。

 'however'の位置は「文頭」あるいは「主語の後」あるいは「文末」などいろいろありえますが、英語の息がつかめてくるまでは文頭において、コンマをつければいいと思います。

 これは日本人が英語学習をやっているときに必ずぶつかる問題ですね。この使い分けの「息遣い」がわかってきたら「中級」から「上級」レベルにさしかかったと判断していいと思ってください。

 

この回答へのお礼

わかりやすい解説ありがとうございます。
「中級」どころか「初級」のレベルですが、参考になりました。

mickjey2さん、ご指摘ありがとうございます. 正しいです. 私の間違いでした.

たしかに、小文字で書くときがあります. ただ、使い時は、注意が必要です.

Truth is a good thing, however it is not the highest political action.と言う使い方はいけないとされています. ここをbutに変えれば問題はありません.

正しくは、Truth is a good thing; however, it is not the highest political action.つまり、howeverは必ずピリオドかセミコロンの後にならなく、又その後にカンマが来なくてはならないとするからです.

しかしながら、文章をよりスムーズにする必要があるとしたときは、howeverを文章の途中に、「思い出した」かのように使います.

上の例文でしたら、Truth is a good thing; it is not, however, the highest political action. と、なり、一種のタイミングずれを起こし、注意を向けさせると言う、効果を出しているんですね.

ただ、このやり方は、どこに入れたらいいか、かなり高度と思われますので、前に言ったように使い方を分けるのが自然と思います.

howeverをbutと同じ小文字にして間違って使った文章は、言い方がまずいですが、幼稚と思われるからです. というのも、howeverと言う言葉自体が硬い言葉であるからbutと同じ使い方をする人は硬い事をいえるほどの教育はないと感じるのですね.

つまり、難しい術語や単語などの使い方を知らないで、間違った意味、または、使い方をして、付け焼き刃てきな事をする人がいるのと同じ光景です. 特に学生には多いです.

35年前にこのことでここアメリカの学校で恥ずかしい思いをしたので、じゃ、いちばん簡単なのは、Howeverは大文字にすればいいんだなと覚えてしまったからでしょうね.

説明できる機会を作ってくれて、ありがとうございました.

この回答へのお礼

詳しく、丁寧な解説ありがとうございました。
みなさんの回答と併せてよく考えてみます。

接続詞としての比較では意味の差はほとんどないと思いますが、however の方がやや文語的で、また but が局所的な逆接であるのに比べ、however はもう少し広い範囲でそれまで言ってきたことと違うことを言うのに使われることが多いと思います。なので、パラグラフを But で始めるのはあまり良くなくて、However で始めた方がいいとよく言われます。

また、however は

1) He didn't want to go. However, he went.
2) He didn't want to go. He, however, went.
3) He didn't want to go. He went, however.

のように文中や文末にも使えますが、この場合、2)と3)の however の位置に but は使えません。

この回答へのお礼

う~ん。
難しいですね。
具体的な例ありがとうございます。頑張って理解してみます。

誤解なきようにちょっとだけ補足。
文中であっても、

~, however, ~

と、文中に, , で区切って挿入されることはままあります。
(このときはもちろん小文字です)

この回答へのお礼

補足ありがとうございます。
助かりました。

BUT : しかし、でも
HOWEVER : しかしながら

くらいで大体日本語の使い分けと合うでしょうか、、、 独断ですけど。

この回答へのお礼

ありがとうございます。
なるほど、しゃべり言葉で「しかしながら」なんて普通言わないですね。
良くわかりました。

アメリカに35年ほど住んでいる者です.

はっきり言って、同じように使われています. しかし、使い方、ニュアンスが違うので、気をつけてください.

丁度良いですから、使っちゃいましょう. 上の分の「しかし」はそのまま、But でも Howeverでも使えます. でも、私はここでは、Howeverを使うと思います.

というのは、howeverの方が「しかし」という事をはっきり言いたい時に使われるからです. その代わり、ちょっと硬い感じもあるので、会話にはあまり出てこないことが多いです. 気とって、会話の中に入れるときはありますけど.

アメリカでは、同じ言葉を続けて使いたくない傾向がありますので、どちらか、強く言わなくてはならない方にhoweverを使い分けする事もあります.

もっとも、日本語の文章と違い、・・・ですが・・・ですが・・・ですが・・・しかし」を出来るだけ、「つかわないようにもしています.

#2さんがおっしゃったように、Butは文中に入れることはあっても、Howeverはないと言うことです. つまり、Howeverはいつも大文字で始まると言う事です. つまり、「・・・ですが」はbutになると言う事でもあります.

koba_nobさん、今日は^^

but、は、接続詞、however、は、接続副詞、です^^

but、は、文中でも使えます(A, but B.)が、接続副詞、と呼ば
れる、however、は、文中では使えません(A. However,B.)^^

この回答へのお礼

素早い回答ありがとうございます。m(..)m

このQ&Aは役に立ちましたか?6 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集