ラジオで藤沢周平の小説のさわりの部分を聞いて、続きを読んでみたくなりました。その朗読は、『母と二人暮しの男が行き倒れの娘を助けて家につれて帰るが娘が元気になりあだ討ちをするために旅立つが、その親子の元へ帰ってくる』というあらすじでした。なんと言う題名の小説か教えてください。

A 回答 (1件)

どうも今晩は!




新潮文庫の短編集「時雨のあと」に収録されている「鱗雲」ですね。
数ある藤沢周平さんの短編の中でも私も大好きな作品の1つです。
http://www.amazon.co.jp/%E6%99%82%E9%9B%A8%E3%81 …


ご参考まで
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の勘違いで、回答を頂ければメールが届くと思いこのサイトを見ずに時間が過ぎてしまいました。回答どうもありがとうございます。早速読んでみます。

お礼日時:2007/12/06 00:26

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ