タイトルにあるとおり、体積(縦×横×高さ)で出る数字を、重さ(Kg)に置き換えたいのですが、どういう計算をしたらいいのでしょうか?
どなたか教えてください。宜しくお願いします。

A 回答 (6件)

これまでの回答をご覧の上で、


一応「密度」と「比重」は同じものだと考えて構いません。

ただし、密度には「単位」があり、比重にはありません。比重は「水の何倍か?」という値ですから、単位の制度に関係なく、単位のない数(無名数)です。

メートル法以外では、(ポンド)/ (立法インチ)などという密度単位を使いますから、ここでは密度と比重は、まったく一致しません。

メートル法では、(グラム)/ (ミリリットル)や(トン)/(立方メートル)は比重と一致しますが、一致しない場合も多くあります。(数字の並びは常に一致します。)
    • good
    • 9

考えているものの密度がわかれば


重さ=質量=密度×体積
でもとまります。
密度がわからなかったら???
水の場合、 1m3=1t=1000kg
です。
    • good
    • 16

体積を質量に換算するには単位体積当たりの質量を体積にかけてやれば求まります。



(質量[kg])=(体積[m^3])×(単位体積当たりの質量[kg/m^3])
(質量[g])=(体積[cm^3])×(単位体積当たりの質量[g/cm^3])
液体のような場合
(質量[kg])=(体積[L])×(単位体積当たりの質量[kg/L])
(質量[g])=(体積[mL])×(単位体積当たりの質量[g/mL])
ここで,
1[L](1リットル)=1000[mL](ミリ・リットル)=1000[cc]

単位体積当たりの質量には

○鉄やアルミや岩石などの塊では 密度[g/cm^3]または[kg/m^3]

○牛乳や水や油などの液体では  比重[g/cc]または[g/mL]または[kg/L]

○お米や綿や砂や発泡スチロールやビーズなど
隙間に空気があるようなものでは
単位体積の質量を計測した値[g/ml]または[kg/L]など

をつかって計算します。
    • good
    • 7

質量(g)=体積(cm^3)×密度(g/cm^3)


で計算できます。
    • good
    • 6

体積(縦cm×横cm×高さcm)×比重÷1000=重量kg


体積(縦m×横m×高さm)×比重×1000=重量kg
    • good
    • 10

同じ体積でも、ワタと石では重さが違うように、


体積だけでは重さに置き換えることはできません。
体積を主さに直すには、その物質の比重または密度(質量)が必要です。

重さ=体積×質量  です。
    • good
    • 7

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

  • 数学は日常生活に役立っているのか?専門家に聞いてみた

    3月14日は、1997年に財団法人日本数学検定協会が制定した数学の日である。あなたは学生の頃、数学は得意だっただろうか? 筆者のように得意ではなかった人なら、「将来、これが何の役に立つのだろう……」と四苦八苦...

  • この問題解けますか?「1・1・5・8」を使って10を作るパズル

    テンパズルというのをご存知でしょうか。この名前は知らなくともやったことのある方も多いと思いますが、どういうものかと言いますと、4つのひと桁の数字を足したり引いたり掛けたり割ったりして10にする、というも...

  • 数学は実生活で役立つのか

    学校で学んだ事柄が後々の仕事に役立ったなどという話は、よくあるケースですが、学んでいる最中はなかなか気づかないものです。子どもから「数学ってなんの役に立つの?」と聞かれて、数学が苦手だった親はどう答え...

  • 無駄に覚えている数字ってどのくらいあります?

    覚えたくても覚えられない数字がある一方で、なんとはなしに記憶した数字がずっと頭に残っているケースもあります。くっきりと覚えてはいるものの「多分、これ一生使わないんだろうな…」と思っている数字、今日はそ...

  • あなたも挑戦!?バカ田大学入試

    大人気ドラマ「ガリレオ」、観ている方も多いのではないでしょうか。学生時代に数学が苦手で、もう数式なんて見たくない!と思っていても、さらさらと難解な数式を操る湯川先生(福山雅治さん)の姿を見るとかっこい...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ