質問

最近、フルハイビジョン対応機器(ビデオカメラや録画デッキ)に「1920」や「1080」などの表記が見受
けられますが、フルハイビジョンといえば1920x1080だと思っていたので、単にメーカーによる表記の
違いだと思っていました。
しかし先日、何かで「日本の家電業界の中には、1366×768が「普通のハイビジョン」、1440×1080
が「Full HD」、1920×1080の「Full Hi-Vision」の、3つのハイビジョンが存在する」という記事を読みま
した。(確かITmedia系の記事だったと思います。)
つまり、「1080」表記のフルハイビジョン機器は、水平解像度は保証しておらず、実際、横ピクセルは
1440であるとのことでした。
だとすれば、「1080」表記のフルハイビジョン機器の場合、地上波デジタル放送はともかくとして、
1920x1080のBSデジタル放送や「1920」対応のビデオカメラで撮影した映像を視聴する場合は、水平
解像度を(ダウンコンバートのように)落として表示しているという認識でいいのでしょうか?
ご存知の方ご教示ください。よろしくお願いします。

通報する

回答 (3件)

 こんにちは。
 No.1,2でございます。

>1440x1080iの出力しか出来ない機器でも、TVモニタが1920x1080iに対応していればスケーリングなしで表示が可能ということですね。

 質問者様のお礼文中に関わってです。
 No.2の中で,

> つまり,
  (1)ハイビジョンビデオカメラ,BSデジタルハイビジョン放送
→(2)PanasonicのDIGAやSONYのBDZシリーズ,RDZシリーズなどの録画機器
→(3)テレビ=モニター機器
 の三者すべてがハイビジョン対応で,D端子コード(映像のみのアナログ転送です。この場合の音声は,光デジタルか,RCA端子デジタル=オレンジ色のピン,プラグコード,または,RCA端子アナログ=もっともよく見られる赤と白のピン,プラグコードになります。)やHDMI端子(音声,映像ともに同時にデジタル転送=もっとも伝送効率が高い)で接続された場合に,ダウンコンバート=間引かれることなく表示されるということだと思います。

 と申し上げましたのは,「1440x1080iの出力しか出来ない機器」では,もちろん,その1440x1080iの解像度で表示されると言うことになります。

 よろしくお願いします。

この回答へのお礼

私の理解力不足のために、重ね重ね詳細なご説明を下さいましてありがとうございます。
それにしても「Full HD」の表記一つとってみても、ハード側(機器メーカー等)とソフト側(放送局等)の規格の違いや、
さらには同一機器メーカー内でも呼称が一部統一されてないなど、消費者にとっては非常に分かりにくいですね。
早急に統一してほしいものです。
色々と勉強になりました。ありがとうございました。

 こんにちは。

>フルハイビジョン対応機器とはデジタルビデオカメラやハイビジョンレコーダなどの機器のことです。

 デジタルビデオカメラでも,SD方式の480iの標準画質から,1080iのハイビジョンまで幅が広くなっています。このうち,1080i=フルハイビジョン=HD方式であれば,表示可能だと思います。
ハイビジョンレコーダーであれば,もちろん可能です。

 それで,質問者様はこれらの機器が,つまりFullHDを標榜するBSデジタルハイビジョン放送やハイビジョンビデオカメラなどを通した場合に,水平解像度を落として表示しているか否かというご質問ですね。
 これについては,その録画再生機器のみでなく,テレビ=モニターにどのようなスペックを使用するかによって異なります。
 テレビ=モニターが1920x1080のフルHDであれば,録画再生機器と連動して落とすことはないと考えます。しかし,1366×768の「普通のハイビジョン」では,間引かれてしまうと思います。

 つまり,
  (1)ハイビジョンビデオカメラ,BSデジタルハイビジョン放送
→(2)PanasonicのDIGAやSONYのBDZシリーズ,RDZシリーズなどの録画機器
→(3)テレビ=モニター機器
 の三者すべてがハイビジョン対応で,D端子コード(映像のみのアナログ転送です。この場合の音声は,光デジタルか,RCA端子デジタル=オレンジ色のピン,プラグコード,または,RCA端子アナログ=もっともよく見られる赤と白のピン,プラグコードになります。)やHDMI端子(音声,映像ともに同時にデジタル転送=もっとも伝送効率が高い)で接続された場合に,ダウンコンバート=間引かれることなく表示されるということだと思います。

>TVに関しては「1080」表記でもカタログの詳細を見ると1920x1080であることがほとんどなようです。

 テレビ=モニターに関しましては,フルスペックと呼ばれる機種のみ,最大1920x1080の解像度で表示可能です。1366×768でも,1080iの映像信号フォーマットは表示できますが,解像度は落ちると言うことになります。テレビ=モニターにつきましては,1080iの信号を受像することはできますが,1920x1080と1366×768では解像度の違いがあります。

>BSデジタルなどの1920x1080iの場合は水平解像度の間引きせざるを得ないのではないか?という疑問があったわけです。

 水平解像度とは,1980年代に画面解像度競争で取り上げられたスペックですね。質問者様が水平解像度を特に取り上げられるのには理由があおりかと思います。
 たとえば,1200 X 1600 = 192万ピクセルのデジカメやデジタルビデオカメラでは,垂直方向の理論値解像度は1200本,水平方向の理論値解像度は1600本となります。
 ですから,上記の(1)(2)(3)がいずれもハイビジョンに対応していれば,間引かれることなく表示されると思います。

 私の下手な解説よりも,論より証拠です。
以下のページにて,質問者様の動画のご鑑賞環境下での水平解像度,および垂直解像度の実測を行うことができます。
 これを実施すれば,今回の疑問のすべては解決されることと思います。↓

http://www1.ttcn.ne.jp/~JF1ELR/resolution-2.htm

 何かのお役に立てば幸いです。

この回答へのお礼

度々、詳細な解説痛み入ります。
ん~なるほど、つまり、1440x1080iの出力しか出来ない機器でも、TVモニタが1920x1080iに対応していればスケーリングなしで表示が可能ということですね。
いまいち原理に謎が残りますが、回答者様のサイトを参考に、さらに調べてみたいと思います。
ご回答ありがとうございました。

 こんにちは。

>「1080」表記のフルハイビジョン機器の場合、地上波デジタル放送はともかくとして、1920x1080のBSデジタル放送や「1920」対応のビデオカメラで撮影した映像を視聴する場合は、水平解像度を(ダウンコンバートのように)落として表示しているという認識でいいのでしょうか?

 
 「1080」表記のフルハイビジョン機器とおっしゃっているのは,「1080i」搭載または「1080p」搭載のモニター機器のことでしょうか。
 前者と後者では,表示方法が違います。

>1366×768が「普通のハイビジョン」、1440×1080が「Full HD」、1920×1080の「Full Hi-Vision」

 質問者様がおっしゃっているのは,モニター画面解像度のことですね。
以下の内容はもうすでにご存知かもしれませんが,お許しください。

(1)ここで言う「1080i」とは,日本国内の映像信号フォーマットの走査線と走査方式の一つです。
 1080本の走査線を1/60秒ごとに奇数ラインと偶数ラインとを交互に流し出す,飛び越し走査=インターレス方式の映像信号です。
 つまり,画面の1コマ目=第1フィールドが540本の奇数ラインで,その1/60秒後に,画面の2コマ目=第2フィールドが540本の偶数ラインが表示され,この2つのフィールドを合わせて1080本の第1フレームが表示される仕組みです。

(2)これに対して,「1080p」は,1080本全部の走査線を順番通りに描きます。これを順次走査=プログレッシブ出力方式と言います。
 ですから,このプログレッシブ方式では,1コマ目=第1フィールドではなく,1コマ目=第1フレームとなり,順次2コマ目=第2フレームとなり画面が表示されます。
 しかし,残念ながらまだこの方式は,デジタルハイビジョン放送においても,現在は実用化されていません。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/D%E7%AB%AF%E5%AD%90

 そこで,質問に対しての回答になるか分かりませんが,テレビやモニターの解像度が1366×768dotであれば,1080iのみの対応となると思います。対応するD端子はD4までになります。
 これに対して,1920×1080dotの「Full Hi-Vision」,「Full HD」では,1080iはもちろん1080pにも対応できる表示能力だと思います。対応するD端子はD5までになります。
 しかしながら,先述したように1080pの画質は現在はテレビにおいては存在しません。
 ビデオカメラについては,すみませんが分かりません。おそらく,まだ1080pの規格はないでしょう

 ですから,結論としては,走査線1080iのテレビ,モニター機器であれば,それが最高水準になりますので,解像度を落としているということはないと考えますが,いかがでしょうか。

 また,1440×1080dotの解像度というのは,地上デジタル放送の場合ではなかったでしょうか。↓
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E4%B8%8A% …

 以下は,ウェブページhttp://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A4% …の解説の引用です。↓

 『デジタルハイビジョン放送では画素数1920×1080(横×縦)または1440×1080(表示の際は16:9になるよう左右に引き伸ばす)が主流である。
 画素数が1366×768あるいは1280×720のパネルもハイビジョンパネルと称してはいるが、1080iを表示する際には画素数を約半分に減らすスケーリング処理が行われる。
 画素数が1920×1080以上のハイビジョンパネルは、1080iをスケーリングすることなくドットバイドット(Dot by Dot)での表示が可能である(多くの場合デフォルトはオーバースキャンになっているため、ユーザーがドットバイドットに切り替える必要がある)。
 これらのパネル、もしくはこれを採用した機種はフルを付けて、フルHD、フルハイビジョン、フルスペックハイビジョン等と呼称されることが多いが、「解像度だけを以ってフルスペックと呼んでいいのか」等について議論があることから統一された呼称は定義されていない。 』

http://www.cgmguide.com/23/20061016010817.html

 まとまりませんが,何かのお役に立てば幸いです。 
 

この回答への補足

こんばんは。
詳細な解説ありがとうございます。
ただ、お聞きしたかったことと少しズレがありましたので、補足させて頂きます。
まず、フルハイビジョン対応機器とはデジタルビデオカメラやハイビジョンレコーダなどの機器のことで
す。
例えば、PanasonicのDIGAは「高精細1920フルハイビジョン」となっていますが、SONYのBDZシリーズや
RDZシリーズは「Full HD 1080」となっています。
そこで、もし、質問にある記事のように「1080」表記のハイビジョン機器が1440x1080の出力しかできない
のであれば地デジの場合、ご回答者様が仰る通り、1440x1080iの信号ですので、信号を全く間引きするこ
となく出力が可能ですが、BSデジタルなどの1920x1080iの場合は
水平解像度の間引きせざるを得ないのではないか?という疑問があったわけです。(逆にTVから見れば、
今度は1440x1080の信号を1920x1080で表示するアップコンバートということになるのでしょうか?)
なお、TVに関しては「1080」表記でもカタログの詳細を見ると1920x1080であることがほとんどなようです。

書き方が悪く、お手間を取らせてしまって申し訳ありません。
しかし、知らなかったことも多く非常に勉強になりました。
引き続き、何かご存知でしたらよろしくお願い致します。

このQ&Aは役に立ちましたか?1 件

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

新しく質問する

新しく質問する

このカテゴリの人気Q&Aランキング

毎日見よう!教えて!gooトゥディ

べんりQ&A特集