大学4年で、教授に年賀状を出そうと考えていますが、初めてなもので文面などをどうすれば失礼なく書けるか悩んでいます。

まず、教授に対し田中太郎様とすべきか、田中太郎先生とすべきかで迷っています。
また、「明けましておめでとうございます。昨年は大変お世話になりました。---個人的な文章ーーー今年もご指導よろしくお願いします。」って文だと文頭が幼稚な印象にならないでしょうか?

畏まって「謹んで新年の御祝辞を申し上げます。・・」のほうがよろしいでしょうか?それだとあまりに硬すぎる気もするので、迷っています。教授との関係はそれほど親密ではないですが、たまに相談に乗ってもらうこともあります。
回答お願いします。

A 回答 (2件)

東京大学医学部教授


田中太郎先生


新年おめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
---個人的な文章ーーー
本年もご指導の程宜しくお願致します



上記で良いと思います。参考にして下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

それだと「謹んで新年のご祝辞を申し上げます」
より硬くない感じがしますね。

やはり上のような文頭は畏まりすぎている感じがしますか?

お礼日時:2007/12/22 08:41

ども。


初級シスアドです。

~先生が最もよく使われます。
最も正しいと思います。
もっと尊敬する先生に対して使う敬称もありますが、忘れてしまったのでご紹介できません。→どなたかフォロー願います。

文面ですが、
「明けまして~…。」でかまわないと思いますが、いざ卒業したあと社会人になり、上司、先輩などに年賀状を書く機会が増えます。
そのときに、(;゜д゜)ァ.... 先生に大変失礼な年賀状を送っていたと思うことがあります。

年賀状は日本人の文化でもありますから、20歳以上の大人でもあるので、最初は「謹んで…申し上げます。」に続き、「昨年はお世話に…、お願いします。」とすれば、失礼もなく、また気持ちのこもったメッセージになるのではないでしょうか?

私の恩師も引退され結構なお年ですが、頂戴する年賀状は硬くもなく、くだりもなく非常に自然な言葉と、非常に少ない文字数の中にたくさんの気持ちを頂いています。
年賀状を頂いて涙を流したのは生まれて初めてでした…。

これからどのような人生を歩むか誰もわかりません。
また、年賀状一つでその人の人柄を見ることができるのも、日本人が持つ大きな文化だと、私は思います。

気持ちを込めて是非書いてみてください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のお返事ありがとうございます。
○○先生でいこうと思います。
先生に年賀状を出すのは二十歳を過ぎてからはあまり機会がありませんでしたが、
「明けましておめでとうございます。---今年もよろしくお願いします。」
みたいな文章を書いてしまってはなんか幼稚な感じがしますよね(^_^;)
ご助言していただいた「硬→軟」の流れを参考にしようと思います。

それから私は今まで年賀状なんて面倒臭い慣習だなと思ってあまり出さなかったのですが、その人の人柄がわかる文化の一つという捉え方もあるんだなと思いました。

お礼日時:2007/12/21 23:43

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 我々にとってのあの花は、実は沖縄では供花だった!?

    今年のお盆の予定は決まっているだろうか。多くの方にとって帰省の機会であると同時に、一年の数少ないお墓参りの機会でもあると思う。普段手入れをしていないお墓参りは、意外と物入りである。掃除用品やお線香、ろ...

  • これさえ抑えておけば安心!喪服選びの3つのポイント

    ブラックフォーマルと言われる礼服の中の喪服は、他の衣服と異なり、なかなか大きな買い物である。またそれを着ていく場所には、そこでしか会わないような人々も多く、喪服による第一印象は、その人のイメージに大き...

  • 葬儀だけでなくお墓も多様化!コインロッカー式納骨堂とは!?

    葬儀の小規模化、所謂「家族葬」が増加する中で、様々な葬儀の形が昨今現れている。それに関連するように葬儀後のお墓の問題も変化しつつある。お墓を継承してもそれを後世まできちんと管理できるか不安であったり、...

  • 葬儀で余った香典は誰のもの?

    冠婚葬祭は人生の一大イベント。だが、親戚一同が集まり、多額のお金がかかるだけあって、家族の思わぬ側面が見えてしまうこともある。 「教えて!goo」でも「葬儀で余ったお金」という質問があった。長年の闘病の...

  • 家族葬が普及することによって恩恵をうける人達とは?

    お金をかけない葬儀、親しい者だけで慎ましやかに執り行う葬儀が、近年増加している。また葬儀社も、そうした「小規模な葬儀」パッケージプランを多くしている。一方で葬儀とは、故人にとって一世一代のイベントであ...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ