昨年末、母(77歳)が急性心不全で倒れました。救急車の中で心肺停止になり病院で心臓マッサージにより蘇生は致しました。停止時間が15分以上あり脳へのダメージがかなり有るだろうと医者は言っております。3日前に麻酔が切れて少し眼が開くようになりました。呼びかけに少し反応しているように思えるのですが、まだ、意識は回復しておりません。医者はどうなるかの明言を絶対しようとしません。この先どの位回復するのか、不安でなりません。
同じ様な体験をされた方がおられましたら、その時の経験を教えて貰えないでしょうか?
どうぞよろしく御願い申し上げます。

A 回答 (3件)

通常は心肺停止が約3~4分間前後続くと


脳にいく酸素がその分少なくなるため
脳に重大なダメージを与えるか
死につながる可能性が高いと言われるようです。

心肺停止からの救命率は?
http://www.hachiouji-seikei.com/search/detail.ph …

 ですので、その基準を今回のケースに杓子定規にあてはめると
「停止時間が15分以上あり脳へのダメージがかなり有るだろう」
という医師の回答も当然とも言えます。

ただ、ここ最近のケースでもあるように
心肺停止、2時間以上経過後になんらの後遺症も
残らずに退院される人も中にはいるようですが、
http://www.yomiuri.co.jp/iryou/news/iryou_news/2 …
http://d.hatena.ne.jp/stealthinu/20060609/p3
http://kazux.tea-nifty.com/blog/2006/06/post_8ca …

海でおぼれた中学生、奇跡的回復
http://www.toonippo.co.jp/news_too/nto2006/20060 …

奇蹟の回復のポイントは
現場が雪山&冷水等 寒さの中での出来事だっただけに
「低体温症になって、脳が必要とする酸素消費量が少なくて済み、
脳への影響が抑えられた」
更に「搬送中に心臓マッサージ&マウスツーマウスが継続されて
いた」にあるようです。

 つまりは今回のケースの場合
「昨年末」でもあり寒い時期であって(暑い時期ではなかった点)
としては「低体温」になる可能性は高いですが、
問題は倒れていた間、ストーブ&暖房&浴室
等のあるあったかい部屋に
いたか否かも大きな鍵になるような気が致します。
(「あったかい部屋」ですと「低体温」から遠ざかる
わけですし)

低体温症(冬眠状態)の逆利用
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%BD%8E%E4%BD%93% …

低酸素脳症で損傷を受けた大脳の障害程度は
(様々な外的&内的条件によって個人差がありますので
一概には言えませんが)
意識が本当にはっきりするのに3ヶ月くらいかかっている
人も珍しくありませんので
(心肺停止後の植物状態の回復は、
大体3ヶ月がリミットといわれています。)、
現在の不安の気持ちを少しでも
払拭しつつも、希望を捨てずに時の経過を
待つ姿勢も大切かと思います。

手を握ってあげたり、話し掛けてあげること。
担当医と相談した上で、四肢の拘縮防止のためにも
四肢を少しでも動かす(リハビリ)。
等 できる範囲の事をしたうえで
絶対に回復するんだ という強い信念(極論すれば、強い信仰心)
を持つことが大切だと思います。

余談ですが、親交の深かった近親者の肉声ほど
「植物状態の方の無意識の世界」に届くものはないと
言われています。
できれば、カセットやCD-Rに「親交の深かった近親者の肉声」
を録音して耳元で何度も何気に聞かせてみるのも効果的かも
しれません(もちろん、主治医の許可の下で)。

そして貴殿御自身の「不安感」を少しでも除去する意味でも
毎日朝早く近くの神社に参拝に行くのも悪くは
ないと思いますよ。
「神様はいないかもしれない。でも、神社の境内で
お辞儀をする行為そのもの」自体に深い意義が
あるように思えて仕方がありません。
    • good
    • 20
この回答へのお礼

御丁寧な回答ありがとうございました。
母が倒れたのはデイセンターの部屋の中でした。
10分位で発見されたのですが、救急車で運ばれる途中で心肺停止になったそうです。
3~4分で、そこまでの状態になるとは知らなかったので、少々ショックを受けております。
こういう事実を知るのが本当は怖かったのです。
これからは出来るだけの事をして、悔いの無い様励まして行こうと思います。
奇跡の回復をする事を願って...

お礼日時:2008/01/08 13:22

心停止15分以上ですか・・



今まで通りのお母様に戻ることは難しく、植物人間状態もしくは高度の麻痺や言語障害が起きることが予想されます。しかし、今はどのくらい機能が回復するか・・というよりどのくらい生きることが出来るか?という厳しい状況です。

発作が起きてそのまま戻ってこない人も多いなか、77歳の高齢にも関わらず、15分以上の心停止状態から復活したこと。そこで奇跡が起きることを信じましょう。

私の父が66歳で同じく急性心筋梗塞で逝ってしまったので、他人事には思えなくて。父は復活することはなかったのですが、質問者様は「復活」しています。お母様の生命力を信じて。

奇跡が起こりますように。
    • good
    • 12
この回答へのお礼

励ましのお言葉ありがとうございました。
母は1年前にも脳梗塞で倒れて、1.5日後に発見されました。そこからがんばって、やっと安心できるまでに回復したところでした。
今回も奇跡が起きることを祈ります。
ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/08 13:12

体験者ではありませんが 医者にもどうなるか分からないってのが


実際のところだと思います。 奇跡に近いですが何年も植物状態だった人が急に目を覚ましたりすることもあります。
年齢的に考えても後遺症の覚悟は必要だと思います。
入院中ということもあり退院時はとくにレベルも落ちている可能性もありあますから歩けなくなる等の筋力低下による身体的な後遺症もありますし 低酸素状態が続いていたのであれば認知症等の疾患的な後遺症も
考えられます。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

早々の御回答ありがとうございました。
覚悟はしてはいるのですが、なかなか認めるのが出来ませんでした。
奇跡が起こる事を期待します。

お礼日時:2008/01/08 13:06

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ