こんにちは。
確定申告書を作っております。
情けない話ですが、確定申告書Bの26番の額が0円になりました。
この場合、住民税額は0円になるのでしょうか?
また、医療費などで優遇される、「住民税非課税世帯」となるのでしょうか?
「住民税非課税世帯」となるとどんなデメリット(例えばローンが組めない等)がありますか?

A 回答 (2件)

26番の金額だけでは住民税が課税されるかどうかは分かりません。


9番と10番~24番まですべて教えていただければ分かりますが。

均等割が課税されない人
・前年の合計所得金額が、次の金額以下の人
 315,000円×(扶養親族数+1)+189,000円
 扶養親族がいない場合は、315,000円

所得割が課税されない人
・前年の総所得金額等が、次の金額以下の人
 350,000円×(扶養親族数+1)+320,000円
 扶養親族がいない場合は、350,000円

となっています。(市町村によって違う場合もあります)

この回答への補足

こんばんは
9番 296万円

11番 12万円
12番 55万円
14番 10万円
21番 38万円
23番 192万円
24番 38万円

となりました。

補足日時:2008/02/17 21:04
    • good
    • 0

住民税には均等割り額もあります。

所得割り額は所得がなければ課税されませんが、均等割額はなくとも税金は納めることになります。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ