ガソリンスタンドで売られているガソリンは、レギュラーガソリンとハイオクガソリンの2種類がありますが、この2種類のガソリンは一体どういう点で違うのでしょうか。それと、ハイオクガソリンがレギュラーガソリンに比べて割高となる理由も教えてください。
 宜しくお願いします。

A 回答 (4件)

既に回答が出ていますが、横から失礼します。



オクタン価を上げるのに現在は添加剤は関係ありません。

単純にオクタン価を上げるだけならトルエンの量を増やせばすむ事です。但し、トルエンの量を増やすと、Nox問題が解決されなくなりす。(低排出ガス車になりません。)

そこで、トルエンの代わりになるアルキレートと言う油(石油精製で作れます)を混合しますが、このアルキレートの精製が若干コスト高になります。ですので、ハイオクタンのガソリンが若干(レギュラーに比べて10円程度)高くなります。(ガソリンって60%以上が税金です。)

昔のガソリンにアルキル鉛(四エチル鉛)が使われていたのはノッキングを抑制する為に添加されていました。日本では現在、アルキル鉛の使用は禁止されていますが、輸出用に今でも鉛入りのガソリンは存在します。

昔、製油所に勤務していた者からの回答でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 オクタン価を上げるための情報について解説をありがとうございます。なるほど、オクタン価を上げるために使われるアルキレートの精製にコストがかかるために1lあたりの価格がレギュラーガソリンより10円ほど高くなるのですね。レギュラーが1l当たり90~95円なのに対して、ハイオクガソリンは1l当たり100~105円ですからね。その分、簡単には燃えにくいから、長持ちするのでしょうけれども。
 「無鉛ガソリン」と言う言葉がありますが、それは昔のガソリンではエンジンを傷めないために鉛の化合物を混ぜていたからなのですね。でも、鉛は有害ですから、無鉛のガソリンになっていった、ということですね。

お礼日時:2002/10/13 10:58

> オクタン価って何ですか?


ガソリンの燃えにくさを数値で表したものです。
数値が大きいほど燃えにくくなります。
つまり、ハイオクガソリン=燃えにくいガソリンです。

ではなんで、わざわざ燃やしにくくするのか?
ガソリンエンジンは気化したガソリンを空気と混合した混合気と呼ばれるものを
圧縮して高温になったところへプラグから火花を飛ばして着火します。
燃えやすいガソリンだと十分に圧縮しないうちに勝手に発火してしまいます。
これをノッキングと言い、エンジンを痛めます
これを避けるには
1.あまり圧縮しないうちに着火する。
2.発火しにくい(燃えにくい)ガソリンを使用する。
などが考えられます。
普通の乗用車は1の方法をとっていますが、これだとパワーが出ません。
そこでスポーツカーや高級車などのパワーの必要な車は2の方法をとること
(ハイオクガソリン仕様にすること)によってパワーを稼いでいます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 ご回答ありがとうございました。なるほど、燃えにくさを表すのですね。
 timberさんの回答を読んで思ったことは、なぜレギュラーガソリンとハイオクガソリンの2種類があって、車の種類によって、レギュラーガソリンを使う車とハイオクガソリンを使う車に分かれるのかということも分かりました。目から鱗です。

お礼日時:2002/10/13 10:50

オクタン価=燃えにくさを数値化したものです。

計算方法は知りません。

要は燃えにくくするように添加剤を混ぜたガソリンが、添加剤と手間隙分価格に上乗せされているわけです。

燃えにくくすることで、最近の高圧縮エンジンでもエンジン回転中の不要な爆発を抑えることが出来、全ての爆発を効率良く行えるようになります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。なるほど、ガソリンが無駄に燃えないようにするためと言うことですね。それにより、ガソリンの爆発力におけるエンジンの動力の力をアップさせる、ということですね。

お礼日時:2002/10/13 10:44

ハイオク=ハイオクタン・ガソリン


要するにオクタン価が高いガソリン
ハイオクが高いのはハイオクとする為のコスト
レギュラーにはない洗浄成分等が添加されている事もあり
他にも各社工夫をこらしたフラッグシップ製品が多いのでその為のコストもあるかも

レギュラー=レギュラー・ガソリン
要するに普通のガソリン
まぁ基本です(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速のご回答ありがとうございました。
ところで、オクタン価って何ですか?

お礼日時:2002/10/11 18:22

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 夜間時のライトの注意点は?ニコニコニュースのユーザーの意見をまとめてみた

    先日、「教えて!gooウォッチ」では「車のハイビーム、夜間は『原則つけっぱなし』が正しい?」という記事をリリースした。道路交通法によると、夜間は原則ハイビームを使用し、対向車とのすれ違い時のみロービーム...

  • 駐車の切り返し、何回まで許せる?

    男性でも女性でも、クルマを駐車や車庫入れが上手にできる人は3割増しでカッコよく見えるもの。でも、駐車が上手い下手は一体どこで決まるのだろう。やはり“切り返しの回数”ではないだろうか。ということで、今回は...

  • クルマの運転は片手?両手?それとも膝!?

    秋は気温も風も心地よくドライブにいい季節!ということで、今回は運転について「教えて!goo」から、「車の片手運転と両手運転」という質問をピックアップしてみた。 質問者のjun5125さんは、ハンドルさばきもウイ...

  • 車の中に放置しておくと危険なものを専門家に聞いてみた

    夏のレジャーで車を長時間駐車場に止めておくことはないだろうか。車を長時間野外に止めておくと、車のなかがサウナ状態になってしまい、ハンドルは火傷しそうなくらい熱く、シートに座るのもやっとである。だが、も...

  • 最高温度は90℃!?車内の暑さ対策を専門家が伝授

    夏、最も憂鬱なことの一つといえば、車内に乗り込んだときのあの蒸し暑さ。ハンドルに触れると火傷しそうになるほど熱が籠っているので、非常に危険だ。 「教えて!goo」の「真夏の車内の暑さ、影響は?」という質問...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ