住宅ローンの借り換えで注意すべきことはありますか?

ローン残り20年ですが、2箇所銀行をまわったところ、10年固定でA銀行はメリット400万円くらい、B銀行は300万円くらいなのでA銀行に申し込もうと思っていますが落とし穴がないか心配です。他に確認しておくべき点があれば教えてください!
(恥ずかしながら、ローンに関する知識がありません。最初家を建てた時も月々の返済額と年数しか見ていなくて今でもよくわからないままです。)

A 回答 (2件)

わたしも No1の回答者と同じ考えです。


銀行の10年固定は 変動金利に固定特約をつけたものではないですか?特約は経済変動の中でどこまで守れれるか分かりません。
400万得するつもりでも、最後に1000万損したら意味がありません。
    • good
    • 0

現在の借り入れが「住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)」であるならば、通常の銀行の住宅ローンに変更する場合に、1つだけ契約条項にある点を見逃してはいけません。

(これは変更できないとおもいます)

それは、「なんらかの経済的な混乱自由などにより、金利が大幅に上昇した場合には、固定金利であっても金利を変動させることができる」という条項が銀行によるローン条項に記載があることが通常だそうです。

旧住宅金融公庫では政府によるものであるため、このような条項はなく今後、急激なインフレなどにより金利上昇を招いた場合には、実質的にチャラになりますが、銀行による借り入れの場合にはインフレに比例して金利および返済額が急激に上昇する可能性があります。

株式市場の下落により、現在においては金利は下落傾向にありますが、原油などの資源高によりインフレ懸念がでていますので、金利はあがる可能性があります。原油高による経済の負のスパイラルが発生すれば、資本主義経済自信が崩壊する可能性がありますので回避するために学者さんたちは全力を尽くしてくれるかとは思いますが。

この回答への補足

そういう条項があったんですか・・・。
現在は金融公庫と銀行での借り入れですが、そのほとんどが金融公庫です。
今までに実際、そのように急激なインフレ等で固定金利なのに金利を上げた事実はあるのでしょうか?(ご存知の範囲で結構ですので教えてください)。

補足日時:2008/02/19 14:43
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 弁護士が教える「正しい弁護士の選び方」

    過払い金の着服など弁護士によるトラブルが増えています。理由は司法制度改革によって弁護士が急増したことと、それに伴う仕事不足が原因です。今弁護士は未曾有の大不況時代なんです。弁護士が増えたことによって、...

  • 自己破産した人との結婚について

    自己破産をした人は、司法統計によれば、平成24年度は全国で約8万4千人になるそうです。結婚を考えている相手が、自己破産した人だったら…という質問も、意外と身近な問題なのかもしれません。本日は、そんなQ&Aを...

  • 220万円の借金がある彼、別れるべき?

    その昔、「ダメ男」と言えば女グセが悪いというのが定番でしたが、最近は、お金にルーズなことがその象徴。恋と仕事のキャリアカフェにも、そういった相談が寄せられることがあります。教えて!gooでこんなQ&Aを見つ...

  • まもなくスタートする「改正貸金業法」って?

    6月18日から完全施行される「改正貸金業法」。教えて!gooでも施行時期が決まる以前からたくさんのQ&Aがアップされていましたが、「借りられる額が年収の3分の1に制限される」という内容しか知らないという方もまだ...

  • 男のタイツ、許せる?許せない?

    身を切る寒風が体の芯まで冷え込ませる冬。女性は裏起毛や発熱性のあるインナーやタイツで少しでも寒さを凌ごうとするものだ。では、男性はどうなのだろうか。「教えて!goo」を調べてみたところ、「なぜ寒い時に男...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ