ロッキード事件についての主な概略を教えていただきたいのですが・・・。以前、友人に「どういう事件?」と聞かれて、何となく頭では分かっているのだけれど言語化して伝えるkとおができませんでした。
 できれば、分かりやすく教えていただけるとさいわいです。

A 回答 (5件)

#3の方の指摘のとおり、法的には非常に危険な裁判でした。


被告人に反対尋問の機会を与えることのできない、検察側の嘱託証人尋問調書を証拠採用してしまった。その結果、一審、二審とも有罪となってしまった。

最高裁では証拠採用されず、結局被告人(角栄氏以外の被告人)は無罪となり、なんとか裁判所としての面目は保ちましたが。角栄氏は既に死亡していたので公訴棄却で終わりました。角栄氏も存命であれば無罪であったはずです。
    • good
    • 2

こんにちは。

私もロッキード事件を知っているようで知りませんでした。
それが最近すごくよくわかる記事に出会いました!!
「ダ・ヴィンチ」という雑誌の「爆笑問題の日本史原論」です。
今月号(スピッツの草野マサムネさんが表紙です)の176ページです。
語り口に好き嫌いはあるかと思いますが、かなりわかりやすかったです。
ご参考までに!!
    • good
    • 1

No.1の方が紹介したURLの資料は、なかなか有益です。


ロッキード事件には、戦後の日本の政治の問題がギュッ
と詰め込まれており、この事件の全容を知ることは、
戦後の日本の政治を理解する上で非常に大きなポイント
となります。

個人的な見解ですが、ロッキード事件を以下のように
理解しています。

・アメリカが田中角栄を、政治的に抹殺するために
 仕組んだ事件であること。
・第四権力としてのマスコミの存在。事実上の日本政界
 のドンと言える田中角栄を、権力の座から引きずり
 おろす世論をマスコミが形成した。
・それにも関わらず、田中角栄は豊富な人脈・金脈を
 駆使し、政界の黒幕でありつづけた。自民党金権政治
 の象徴とも言える。
・ロッキード事件の裁判は、中世の魔女狩りとも比す
 べき「暗黒裁判」であったこと。
 マスコミが世論を誘導し、その世論のすじ書きどうり
 に裁判が進行した。
 この事件ゆえに「日本国憲法は死んだ!」と主張する
 人もいる(参考URLの書籍『痛快!憲法学 』を参照)

以上のように、ロッキード事件は政治的に多くの側面を
抱えており、一言で説明するのは非常に困難です。
いろいろな資料を調べて、自分で研究してみてください。

※個人的には、自民党金権政治を確立した田中角栄には
 批判的な立場ですが、ロッキード事件については、
 裁判の公平性に非常に疑問を抱いています。

参考URL:http://www.amazon.co.jp/exec/obidos/ASIN/4797670 …
    • good
    • 0

↓にたいへん分かりやすく説明されています。



参考URL:http://www.nhk.or.jp/kdns/_wakaran/97/0921.html
    • good
    • 0

検索した方が早いと思います。


↓とか。

参考URL:http://www.marino.ne.jp/~rendaico/kakuei/rokiido …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ