専門家の方のみ投稿頂けるよう、お願い致します。

まず、僕は、作家を目指している者です。近代文学が好きで、特に、所謂、心境小説等と言われる部類が好きです。はっきり言って、現代の大衆文学一辺倒はあまり好きではありません。(間違っていましたら訂正ください)又、推理小説などもその類に入ると思いますが、如何でしょうか。それに、伴い、昨今の純文学の定義も、若しくは昔からなのかもしれませんがわかりません。
次いで登竜門となる、芥川賞についてですが、その不定義によって引き起こされる弊害等はないんでしょうか。そのようなことを踏まえ、題名通りですが、日本的私小説と云うものが、再度復興する事はあり得るでしょうか。

追記
文章に誤りがありましたので、再再度、訂正いたしました。

A 回答 (2件)

現在、日本の文壇には、大きく分けて純文学とエンターテインメントが存在するのは事実です(大衆文学という言い方はすたれたと思います)。

賞も、前者は芥川賞、後者は直木賞というように、2つに分かれています。新人賞の募集も2つに分かれています。
しかし、この2つの区別はきわめてあいまいで、エンターテインメントの新人賞でデビューした作家が芥川賞を受賞したり、純文学でデビューした作家が直木賞を受賞したりしています。純文学として出版されているが、エンターテインメント小説として人気を博したり、エンターテインメントとして出版されたが、純文学のような奥深さがあると絶賛されたりする作品は多いです。
このほか、ライトノベルと呼ばれる若い人向けの小説や、性的刺激を目的とした官能小説があり、これらは上に述べたような一流のエンターテインメント小説よりは下位に見られます。が、こうした部類からも、乙一のように、上のレベルの作品として評価される作家も出ています。
このように、現在、日本の小説は多様になっており、明確な区分けはできません。なので、質問者様の問いは、あまりに画一化されていて、現実に合っていないように思います。作家をめざすのでしたら、もっと柔軟に、現代の小説を見回してみる必要があるでしょう。

小説の出版とは、事業であり、大金がかかります。ある程度の部数を買ってもらえなければ、赤字になるだけです。なので、出版社は読者が買ってくれるような作品を出版します。現在では売れないような作品は当然、出版されません。日本的私小説も、過去の名作をそのまま焼きなおしただけのものは売れません(過去の名作を読めば十分なので)。現在の読者に求められる私小説ならば、出版は可能でしょう。
売れなくても出版する価値がある、将来、必ず認められる、と思うのでしたら、自費出版をおすすめします。

この回答への補足

因みに、僕のような人間にも読める、現代の作家作品で云うと、誰のが、お薦めでしょうか。予定では、宮本輝や中村文則を読もうと思っています。

補足日時:2008/03/09 15:03
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですか。貴重なご意見ありがとうございます。

お礼日時:2008/03/09 11:41

Q.ochiudoさんの「日本的私小説」とはどのような


作家、作品を指しているのでしょうか?
正宗白鳥、島崎藤村、田山花袋にはじまり宇野浩二につながる
自然主義文学の系譜が一般には「日本的私小説」と言われます。
それとも上林暁や小山清などを想定されているのでしょうか?
また、ochiudoさんの言われる「大衆文学」、「純文学」の
定義を具体的にお書きください。
現在の芥川賞選考委員はご存知ですか。
また、その作品をすべて読まれましたか?
そのうえで歴代の選考委員との差異を端的にお書きください。
先ず、ご自身が考えておられることを述べたうえで、
意見を求めるのが本道ではないでしょうか?

私見ですが、最近の芥川賞受賞作を読むかぎり、
私小説の表現手法は連綿と現代の作家に
受け継がれていると思います。

この回答への補足

回答有難うございます。まず、初めに上林暁や小山清、等と言われる作家がいたとは、初耳です。それと、僕が想う日本的私小説とは、一般に言われている自然主義の系譜で間違いありません。
あと、大衆文学の定義についてですが、辞書にもあります通り、世間受けがしやすい、安易な文学だと認識しています。又、芸術に重きを置かない等の点も挙げられると思います。
純文学については、これも又、昔辞書で読んだ程度ですが、純粋に芸術のみを追求する事と認識しています。それから、芥川賞歴代選考委員については、本文通りですが、存じ上げません。しかし、過去のものならある程度は、わかります。

補足日時:2008/03/08 16:40
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • お気に入りの俳句、短歌を教えてください

    国語の時間に習ったはずの「短歌」や「俳句」、解説された内容や意味は覚えていないのに、なぜか耳に残って、いまでも諳んじられるものがありませんか? 今回はそんな、記憶に残るお気に入りの一首・一句についてのQ...

  • 家の中の鳥、海亀スープ、傑作だと思ったなぞなぞ

    子どもの頃によくやったなぞなぞやクイズ。いま思えば頓智やユーモア満載の世界で、大人でも楽しめる秀作も少なくなかったように思います。教えて!gooにはこんなQ&Aが寄せられていました。 「『これは傑作だ!』...

  • そんな方法があったのか!百人一首の覚え方

    百人一首を、授業で暗記した経験をお持ちの方も多いと思います。ただ読むだけでは、中々覚えられずに苦労した経験をお持ちの方もいらっしゃるのではないでしょうか。教えて!gooには、以下のような相談が寄せられて...

  • 小説をうまく書くコツを教えて欲しい!

    小説を読んでいると、その面白さに入り込んでしまい、時間すら忘れて読み続けることがあります。そんな小説に魅せられ、自身で書いてみようと思ったことがある人もいるのではないでしょうか。教えて!gooには、小説...

  • 童謡「森のくまさん」で「お嬢さんお逃げなさい」と言ったのは?

    「ある日♪森の中♪くまさんに♪出会った♪」ではじまる森のくまさんは、遠足やピクニックなどで誰もが歌った思い出がある曲ではないでしょうか?そんなアップテンポな童謡「森のくまさん」について教えて!gooにはこん...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ