こんにちは。20代前半/女です。
下記曲と同じぐらいの時代のもので「あー、懐かしい」と思う曲を教えてください。

淋しい熱帯魚/Wink
Mugo・ん・・・色っぽい/工藤静香

よろしくお願いします。

A 回答 (7件)

大事MANブラザーズバンドの『それが大事』と、KANの『愛は勝つ』です。


たまにテレビで流れているのを耳にすると「懐かし~い!!」と思いますね。
大熱唱せずにはいられない、懐かしの2曲です!
    • good
    • 0

>「あー懐かしい」曲は何ですか?


「最後のフレーム」キャンディ(川田恵子)中学生の頃、毎晩聞いてましたねぇ。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%B7%9D%E7%94%B0% …

大学生の頃、サークルの関係で、キャンディが出てた、KBS京都のラジオ番組に出たことがあるんですが、なにせ憧れの人ですから、もうガチガチになって、震えてました^^
    • good
    • 0

チャゲ&飛鳥   ・・・ モーニングムーン


尾崎 豊     ・・・ 全部
ジュディ&マリィ ・・・ 初期~くじら12号?まで
    • good
    • 0

80年代後半から90年代初頭ですね。



●THE ALFEE

「Heart of Justice」は、力作アルバム「DNA Communication」の冒頭を飾る曲。普段は眠っている聞き手の正義心にカツを入れる。「何が欲しいのか、何を信じたいのか、もう何も君は感じないのか、悪魔に魂、売りつける君に愛や夢を語る、資格などないのさ」。フォークからスタートしロックに転じたTHE ALFEEらしく、前奏で坂崎幸之助のアコースティックギターが大活躍。また、同アルバムには、「DNA Odyssey」のようにマニアックな編曲と強烈な社会批判が利いている歌もある。

懐かしい!THE ALFEEが成熟期に達し、最もレベルの高い音楽と強烈なメッセージ性をもった曲を作っていた頃のアルバム。初めてCDで聞いたアルバムで、強烈なインパクトを受けました。LPプレイヤーは実家にまだありますが、ハリがありません。

●笠原弘子

声優と歌手を兼ねている人物で、実は何気に上手い。明るく歌う時と物憂げに歌う時があり、物憂げな歌声はどういうテクニックで出しているのか、分析が難しい。アルバム「Cafe Paradise」の「セルジュの消息」は、町工場の肉体労働者と、金持ちの娘の結婚と別れを明るく歌ったもの。「セルジュロームはリオンの鉄工所で働いてる、変なやつだと言われる、小説なんか読むから」「セルジュロームに突然、解雇の通知が手渡される、住む世界が違うと恋人のパパが言う、夢だけ食べても生きていけるセルジュの美しい誤算、セラヴィ、セラムール(これが人生、これが愛)、そう、とにかくも式は挙げられた、秘密の甘い夢、ベールをはいで見れば、コーヒーの飲み方やベッドのルールにいらだつ生活」。また、「鳩のように」は彼女特有の物憂げな声を使った正統派名曲。「なくしてしまう悲しさ、自由と引き換えにしたぬくもり、あなたを愛すことだけの私が嫌だった、瞳をぬらして雨が降るけど泣いてはいないわ、スエズもカラコルムもひとりきりでこえるわ、嵐をくぐるたびにもっともっとあなたのことを分かるから」。

これも懐かしいもので、昨今ではあまり流行らない、声優と歌手の兼業というタイプの人。昔は、「先輩の富永みーなの方が上手だ」と思っていたのですが、改めて聞きなおすと、あの物憂げな歌い方は、侮れないと感じます。ちなみに、声優としての側面がある関係上、この人のファンにはアニメマニアが多いような気がします。私も最初にこの人の声を聞いたのは、漫画の「究極超人あ~る」や「機動警察パトレイバー」がきっかけです。パトレイバーの歌では、劇場版とよばれる映画バージョンのテーマソング「約束の土地へ」で、あの、物憂げな声を使っています。テーマが世紀末的な映画ですから、歌詞に声がマッチしています。

●谷山浩子

ファンタジーなら谷山!という評価を定着させた、力作アルバム「歪んだ王国」の曲全て。先日のデビュー35周年記念コンサートでも、「35年も歌っている以上、ファンの方にも、どの頃の曲が好きというばらつきがあると思うし、中には『歪んだ王国』しか聞かない、という人もいるでしょう」と発言。会場を埋め尽くしたコアなファンが、これだけで大笑いしたという代物。露骨にゴシック的・耽美的で重厚な雰囲気を持ち、自分が書いた小説「悲しみの時計少女」をテーマとしている。壊れてしまった時計少女の歌というコンセプトで、ミステリー小説家の綾辻行人とのコラボになっている。小説「悲しみの時計少女」は、綾辻が、「同じような話を書こうと思っていたのだが、ヒロコさんにはかなわない!」と発言したレベルの高い小説。ただし、サンリオ出版というマイナーな出版社であることから、オークション等を利用しないと入手は困難。「歪んだ王国」の冒頭は、単調なメロディーの曲を、お抱えプロデューサー石井AQのド派手な編曲で、重苦しいものにしてしまった「王国」。小説と同タイトルの「悲しみの時計少女」が歌のクライマックスで、鳩時計に恋してしまった少女が明るい声で、「どうして船は回っているの、どこへも行かずに回っているの、同じところをくるくると、まるで時計のように。そうだわポッポ、私もきっと、時計にポッポ、なったのね」と歌う。最後は、「は?」で終わる。

これも非常に懐かしいアルバムであり、合唱団に所属し谷山ファン友達が出来たころの作品で、特別な思い入れがあります。「歪んだ王国」収録の「さよならのペガサス」という歌が、実はとんでもなく歌うのが難しいと気がついたのも、合唱をやっていたからです。この、とんでもなく難しい(具体的には、乱高下が多い、日本語の展開とメロディーの展開が、全く一致していない)曲を何事もなかったかのようにさらっと歌ってのけ、たいした不自然さも感じさせず、聞き手に日本語としてきっちり語り聞かせる谷山の歌唱力に脱帽です。ただし、「王国」のサイドボーカルを素人の綾辻に歌わせていることだけは感心しません。あれなら、自分のほうが上手いぞ。
    • good
    • 0

89年か90年か、そのくらいだね。


慟哭:工藤静香
ダイヤモンドハリケーン:光GENJI

こんな感じ?
    • good
    • 0

No1です。

忘れてた テレサ・テン ね。念の為。
    • good
    • 0

 時の流れに身をまかせ ♪ 大好きです♪♪

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ