以下の作家さんを除くと、他にどういう作家さんがいらっしゃるでしょうか。
ライトノベルレーベルと携帯小説は外してください。
できれば、昭和時代をメインに書いている方よりも、平成以降か大正以前(以降と以前はどこまでも)だと嬉しいです。
海外物でもかまいません。

畠中恵
宮部みゆき
京極夏彦
東野圭吾
海堂尊
真保裕一
小野不由美
田中芳樹
唯川恵
鎌田敏夫
堀川アサコ
柴田よしき
逢坂剛
大沢在昌
嶽本野ばら
伊坂幸太郎
上橋菜穂子
山田悠介
江國香織
石田衣良
アレックス・シアラー
ダン・ブラウン
浅田次郎
篠田真由美
西村京太郎
山村美沙
津村秀介
和久俊三
乃南アサ
岩井志麻子
貴志祐介
坂東真砂子
恩田陸
神永学
村山由佳
吉村達也
折原一
瀬名秀明
中井拓志
六道慧
栗本薫
森博嗣
綾辻行人
島田荘司
有栖川有栖
清涼院流水
乙一
西尾維新
北方謙三
吉川英治
司馬遼太郎
赤川次郎
竹河聖
桜庭一樹
有川浩
荒俣宏
市川拓司
内田康夫
片山恭一
今村邑
トマス・ハリス
小松左京
筒井康隆
仁木英之
酒見賢一
定金伸治
あさのあつこ
鈴木光司
宗田理
高千穂遥
田口ランディ
山崎ナオコーラ
角田光代
秦建日子
藤本ひとみ
星新一
森絵都
スティーブン・キング
シドニィ・シェルダン

好みの作家さんも苦手な作家さんも入っていますので、この作家さんたち全てが好きだというわけではありませんし、一人の作家さんの作品でも好きなものと嫌いなものがあります。
山田悠介、乙一、西尾維新、有川浩はかなり苦手です。
伊坂幸太郎で「グラスホッパー」は好きですが「鴨とアヒルのコインロッカー」は苦手です。
昭和の時代を省くのは、単純に昭和時代の出版だと絶版のものが多いからと言うのと、時代的にあんまり好きじゃないから、です。

よろしくお願いします。

A 回答 (4件)

No.2です。

丁寧なお返事を有難うございました。

海堂尊氏「夢見る黄金地球儀」や伊坂幸太郎氏「陽気なギャングが世界を回す」のような作品をご希望だったのでしょうか?
でしたら、下で私が推挙したのとは少し方向性が違うかも(汗)
(映画やドラマになりそうな作品のつもりだったのですが、ミステリーよりはハードボイルドとかサスペンスに偏ってます)

取り敢えず、上記二作に近いかな、と思う作品を挙げておきます。
(海堂氏は全作、伊坂氏は「オーデュボンの祈り」「ラッシュライフ」「陽気なギャングが世界を回す」を読んでいます)
井上 尚登「T.R.Y.」「T.R.Y.北京詐劇」
荻原 浩「誘拐ラプソディー」
垣根 涼介「ワイルド・ソウル」
真山 仁「ハゲタカ」(これは微妙かも)
柳原 慧「パーフェクト・プラン」
    • good
    • 0
この回答へのお礼

2度の回答、ありがとうございます!
とんでもないです。
求めるものを書いてしまうと、範囲が狭まると思ってやめたんです。有名どころ(映画になったものや質問サイトでよく出る本と作家さんなど)はほとんど読みつくした感がありましたので、新しい作家さんを求めていました(笑)
できれば、自分が知らない名前が出てくることを期待していました。
ありがとうございます☆
好きな作家さんが偏ってしまいまして、知らない人は名前すら知らないままなんです。
質問に挙げたのは有名な方や、最近の新人賞受賞者ばかりですが、最近まで知らなかった人も多く……
作家さんは多いですが、自分が知ってる作家さんは少ないのだなあ、と、図書館で読みたい本が見つからなくなったときに実感しました。
本屋さんにはまだまだまだまだほしい本がたくさんあるんですけどね。パッと思いつくだけで100冊くらいあるので、少しずつしか買えません(ため息)
置く場所もないですし(引っ越して1年であふれました;;)、図書館も最大限に活用して読書を楽しんでいます。

お勧めな作品も上げてくださって、とても嬉しいです。
早速、その5冊からいかせていただきますね。

お礼日時:2008/04/01 20:13

五十嵐貴久


桐野夏生
森見登美彦
加納朋子
貫井徳郎
奥田英朗
北村薫
高村薫
横山秀夫
こんな感じでしょうか。私はこの中では加納朋子さんが一番好きです。
エンターテインメント性が高いかどうかは考えているうちに分からなくなってしまいました、すいません。でも一応みなさん売れっ子の作家さんです。
関係ないことなんですけど、山崎ナオコーラさんは純文学系の方ですよ。見ていて気になったので。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
どなたも名前は存じておりますが、エンタテイメント性というと、ちょっと……と思っていたので、読んだことはありませんでした。
とりあえず、おすすめの加納朋子さんからいってみようと思います。
求めているのは、どちらかというと海堂尊さんや伊坂幸太郎さんの中でも「陽気なギャングが世界を回す」という系統なんですけど、ほぼ網羅してしまっていまして。それで広い範囲で名前を上げ、それ以外で知らない作家さんを発掘したい、という目的でした。
具体的な好みを書くと、たぶん回答がつかないか、ものすごく絞られてしまうと思い、やめました。
森見登美彦さんは日本ファンタジーノベル大賞なので、エンタテイメント性が高いかというと微妙なところかもしれませんね。先日、小野不由美さん目当てで買ったyomyomで短編を読みましたが、エンタテイメント性というのとは、方向性が違うように思いました。文学性というのとも違うのですが(おもしろかったですけど)。「有頂天家族」はまだ読んでいないので、森見さんはそこから入ろうかな。「太陽の塔」は文学っぽい香りがしたので、冒頭立ち読みしてやめました。あれは何がファンタジーなんでしょう? まあ、賞が賞なのですが。
桐野夏生さんは失念しておりました。「OUT」は面白かったのですが、この作品がリアルすぎて尻込みしています(^^;) この機会にもう一度いってみようと思います。

山崎ナオコーラさんは、映画になったので念のため入れました。
同じ理由で嶽本野ばらさんと片山恭一さんも入っています。(思いついた順なんで、順番がばらばらですが)
「人のセックスを笑うな」(最近の映画)、「下妻物語」(ヒット映画)、「世界の中心で、愛をさけぶ」(ヒット映画)が出てこないようにという、ある意味で防衛手段といいましょうか(笑)

お礼日時:2008/04/01 00:55

わりと自信を持ってオススメ出来る作家


萩原 浩

好き嫌いは別にして、わりとメジャーと思われる作家
帚木蓬生・松岡圭祐・藤原伊織

個人的に好きだけれど、エンターテイメント性が高いかと聞かれると自信が無い作家
石黒耀・川端裕人・笹本稜平・光原百合・今野敏・真山仁・本多孝好・多島斗志之・垣根涼介
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
読んだことがない作家さんばかりです。
(図書館で見た名前はありますけど、著作を全く知らない人ばかり♪)
たくさん、ありがとうございます。
本多孝好さんは1冊だけ読みましたが、エンタテイメント性が高いというわけでもなさそうでしたので、リストからは省きました。
でも、その作品もおもしろかったんですよね。
各作家さんの作品を、まずは図書館で物色しようと思います。

お礼日時:2008/03/31 15:29

福井敏晴さんはいかがでしょう?

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
調べてみたら終戦のローレライや亡国のイージスの作家さんなんですね。
気になったのはガンダムUC。
あれは漫画じゃなかったでしたっけ?
何にせよ、ガンダムUCも人気があるようですので、福井さんの作品を一度読んでみたいと思います。

お礼日時:2008/03/31 15:25

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ