最近、少々次期はずれかもしれませんが、念願の
【史上最大の作戦 (1962)】のカラーライズ版のVHS
を鑑賞しましたが(賛否両論あるものの)
一般のカラーフィルムに比して遜色ない映像に
非常に感銘を受けました。カラーのリアリティーのある
迫力はやはり凄いです。
ただ、カラー版権利上の問題もあり、
DVDのカラー版が未発売なのが残念ですが。

 解説を読んだところ、1分間につき2700ドル
(日本円にして約27万円)、収録時間が約171分
ですから、他費用も加えると、少なくとも5千万円
以上の費用がかかったと予想できます。
カラー制作期間が約半年。大道具や小道具の類の色の特定を
当時撮影に参加した人の証言、カラー撮影物・デッサン、
現存する骨董品等を基に、物体の基本色を特定、そして
コンピューター画像処理と、並々ならぬ苦労があったと
予想されます。

 この種の古い白黒作品のカラー化は
戦争ドキュメンタリー【戦略大作戦】(全10巻)
でも話題になりましたが、賛否両論あるとは思いますが、
費用&時間をかけてでも、カラー化を熱望する作品を
お教え頂けましたら幸いです。

当方の場合、
【 大列車作戦 (1964)】
【 西部戦線異状なし (1930)】
【 駅馬車 (1939)】 等々
TV【コンバット】もワンシーズン純粋なカラー版も
あるようですが、最初の頃のシーズンのカラー処理版
も興味があります。
***中にはにはカラーリメイク版もありますが、
やはりオリジナルにはかなわないと思いますので。
ただ、最初からカラーでとればとも思うのですが、
当時はカラーフィルムが高価で技術的にも難しかった
ようですので仕方のないことですが。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%A9% …

長々しくなりましたが、カラー化を熱望する作品を
お教え頂けましたら幸いです。

A 回答 (2件)

再度失礼します。


監督:シドニー・ルメット、出演:ヘンリー・フォンダつながりで
「十二人の怒れる男」も期待したいですね。
モノクロでも十分傑作なのですが、カラーになると更に見ごたえが増すと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再投稿感謝致します。

「十二人の怒れる男」も面白そうですね。
ジャック・レモンが主演?したカラーリメイク版も
見たことがありますが、やはりオリジナルに
かないませんよね。

お礼日時:2008/05/18 23:33

スタンリー・キューブリック監督の「博士の異常な愛情」でしょうか。


時代背景はずいぶん変わってしまいましたが、ロシアが資源を背景に再び大国として台頭の兆しがある今、リメイクも面白いと思います。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。

「博士の異常な愛情」は昔見たきりでしたので、
細かいストーリーは忘れてしまいましたが、
この作品のカラー着色化も面白そうですね。

同時に「未知への飛行」
http://www.allcinema.net/prog/show_c.php?num_c=2 …
なんかも思い出しましたが、
こちらもカラー着色化して欲しいですね。

補足日時:2008/05/17 03:01
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード

芸能情報や娯楽に関する質問が多く寄せられています。好きな俳優やテレビ番組のスケジュール、ライブ公演予定といった詳細を知りたい時はこちらを見てみましょう。

このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ