敦煌学とはどのような学問なのか知りたいです

A 回答 (2件)

 敦煌には、莫高窟をはじめとする石窟芸術や敦煌文書など、厖大な学術的資料が伝えられています。

敦煌学とはそれらにアプローチしたあらゆる学問分野の総称です。例えば石窟構造に関しては建築史、その中の壁画や彫刻は美術史、文書は文学や歴史、発掘品は考古学というふうに様々あるわけで、むろん複数の分野の垣根をこえた研究成果もあります。
 敦煌の地が繁栄したのは、そこが東西交易の要衝であったことが第一の理由に挙げられます。そしてその繁栄を示す多様な痕跡がタイムカプセルのように残り得たのは、敦煌が中国にとって常に辺境の地であったことによると思われます。政治動乱の禍を受けにくい立地であったからこそ、数多の文物が残されたのです。つまり、長安や洛陽など、かつての王朝の中心部にあったはずの、今はなき文化・芸術の繁栄の姿が、敦煌に残る厖大な資料を調べることによって復元的に考察することができるのです。敦煌学の意義もまさにその点にあると思われます。
    • good
    • 0

もしかして、「敦煌」じゃなくって、


「遁甲」でしょうか?

「敦煌」なら、考古学とか古代中国史ですし、
「遁甲」なら、「奇門遁甲」でググると一杯出てきますが・・・
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ