再放送みてます
鬼嫁日記はブログからドラマになりましたが、放送の最後にフィクションですと出てました。
実話ではないのでしょうか?
意味が解らなくなりました。
続編で銭湯バージョンもあるとか?
そのあたりも作り話ですか?

A 回答 (4件)

実録鬼嫁日記のフィクションというのは初期の本になった過激なころの分です


事実をベースに過激になるように嘘を折り込むのも少しなら許せますが妻あり子供ありで仕事をしないでMacに興じるなら共感しようがないというか奥さんの意見のほうがもっともなことだと

今は当たり障りの無いことを書いているので本当かもしれません

フィクションというのは作者のHPで書かれていましたのでクチコミとか噂ではありません、どうせなら黙ってれば楽しめたのに
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうなんですか・・・
本人がフィクションと仰ってるのですか・・・・
何だか、本当の話だと思って見てたので、凄く残念でガッカリしてしまいました・・・涙

お礼日時:2008/08/02 11:03

テレビでの内容が本当かどうかは分かりませんが、ブログの中の話はほぼ本当だと思いますよ。


もちろん、一字一句同じような言葉をお互いが交わしていたとは思いませんが・・・。
 今はもうあまり描いていません(嫁はんや親戚がうるさいので)が、わたしも嫁日記を書いていた時期があります。(その種のブログではかなり上位まで行きました)
 話のネタというのは、子供のことや普段の会話の中にいっぱいあります。
 それを面白可笑しく描くというのは、たのしいもんです。
 以前、「鬼嫁被害者の会」というフジテレビの企画に私だけ(嫁はんはいやがって出ませんでした)出演したことがあります。そこには何組もの夫婦が全国から集まって出ていましたが、その話を聞いているとにわかには信じられないような夫婦がいました。
 話がそれましたが、テレビでの内容は作家さんが脚色して描いていると思いますので、その内容はフィクションだと思います。
    • good
    • 0

鬼嫁日記はブログからフィクションです



現実にあったものもあるでしょうけど
ほとんどが無職のプータロの時に嫁に言われたことを
時系列を変えて作っているとのことです

背景が違うので興ざめです
奥さんにばれて予防線をはったのかもしれないですけど

この回答への補足

背景が違うというのはどういうことでしょうか?
銭湯を継ぐことにはなってないってことでしょうか?
身の回りの方や知り合いなどのクチコミで、嘘だったら広まってしまうと思うのですが、どうなんでしょうか?

今現在の話をブログに書いてるのではなく過去の話をブログにしてる方なのですか?

補足日時:2008/08/01 14:29
    • good
    • 0

あくまでその表記は「ドラマがブログをベースにしたフィクション」という意味です。


ブログ自体がフィクションかどうかは「書いた本人にしかわかりません」。

この回答への補足

てことは、全てが作り話ということでしょうか?ブログ書いてる方も作り話で書いてる可能性のほうが高いのでしょうか?
銭湯を継ぐことにはなってないってことでしょうか?
身の回りの方や知り合いなどのクチコミで、嘘だったら広まってしまうと思うのですが、どうなんでしょうか?

補足日時:2008/08/01 14:25
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ