「音楽が好きの人」と「井上陽水が好きの人」の「の」は両方文法的に正しいのでしょうか。文法的に正しいなら、「音楽が好きな人」と「音楽が好きの人」、「井上陽水が好きな人」と「井上陽水が好きの人」ニュアンス的にはどのように違うのでしょうか。

A 回答 (7件)

>「音楽が好きの人」と「井上陽水が好きの人」の「の」は両方文法的に正しいのでしょうか



⇒文法的には両方とも間違いです。「音楽が好きな人」「井上陽水が好きな人」という言い回しが文法的に正しいことになります。

 「音楽が好きだ」の連体形「音楽が好きな」+「人」
 「井上陽水が好きだ」の連体形「井上陽水が好きな」+「人」

でなければいけません。「人」という名詞に接続するのですから、連体形であることが必要なのです。

但し、以下のようにすれば、「の」であっても文法的に間違いではなくなります。

 「音楽好きの人」・・・「音楽好き」という名詞句+「の」+「人」
 「井上陽水好きの人」・・・「井上陽水好き」という名詞句+「の」+「人」

この場合の「好き」は動詞「好く(すく)」の連用形と同じ形ですが、連用形ではなく名詞化したものになります。「笑う」-「笑い」、「泣く」-「泣き」など動詞の連用形が名詞化したものは、多数存在します。

「音楽好き」は名詞句ですが、「音楽が好き」は「音楽が好きだ」が短縮されたものですから名詞句とはいえません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/12 07:33

どちらも間違いです。


「好き」なナ形容詞という品詞になりますが(学校の文法だと形容動詞)
「の」をとることができません。したがって
音楽がすきな人
井上陽水が好きな人

としかいえません。

ただ、
音楽を好きな人
音楽の好きな人
井上陽水を好きな人
井上陽水のすきな人

という言い方はできて、特に最後の行「井上陽水の好きな人」は
「井上陽水の(音楽を)好きな人」と
「井上陽水本人が好意を持っている誰か」
という意味の違いはでてきます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/12 07:32

どちらもまちがい。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/12 07:30

はじめまして。



ご質問1:
<「音楽が好きの人」と「井上陽水が好きの人」の「の」は両方文法的に正しいのでしょうか。>

どちらも正しくありません。


ご質問2:
<ニュアンス的にはどのように違うのでしょうか。>

どちらも
「音楽が好きな人」
「井上陽水が好きな人」
が正しい語法です。

1.「好きな」は『名詞「好き」+断定の助動詞「だ」の連体形「な」』の連語です。

2.ご質問文のように、「音楽が好き」という表現もありますが、「好き」は動詞ではなく、これは「好きだ」の断定の助動詞が省略された形なのです。

これに名詞が後続する場合は、断定の助動詞をつけて連体形にします。
例:
「音楽が好きな人」

3.なお、「井上陽水が好きな人」には以下の2通りの意味があります。

(1)井上陽水という人物が好きな人
(2)井上陽水の音楽が好きな人

後者は「井上陽水」がその音楽という意味を代表して言葉として使われており、これは「換喩」と呼ばれる比喩表現の一種になります。
例:
「緑を大切に」
この緑とは、色のことではなく、木や花など、植物全般を指して使われている換喩です。


ご質問3:
<「音楽が好きの人」と「井上陽水が好きの人」>

1.「~が好き」とい文では、格助詞の「の」は伴いません。

2.「の」は名詞+「の」+「名詞」の接続になりますから、「好き」が動詞化して感じられるこの表現では、語感が「の」にそぐわないのです。

3.「の」を使うのであれば、前半を「音楽好き」「井上陽水好き」という名詞句にすれば、「の」にうまく接続できます。
例:
「音楽好きの人」
「井上陽水好きの人」

4.またこれらの名詞句の表現も口語では、「の」が「な」に用いられることもあります。
例:
「音楽好きな人」
「遊び好きな人」
これらは、「音楽好きだ」という、名詞+断定の助動詞の連体形「音楽好きな」の用法と考えられます。

以上ご参考までに。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/12 07:29

どちらも間違い



「音楽が好きの人」→音楽が好きな人
この場合は「音楽」が人を好きなることはないので「その人」が音楽を好きだとなります

「井上陽水が好きの人」→井上陽水が好きな人
この場合は二つの意味があります
「その人」が井上陽水を好きだ 井上陽水を好きな人
「井上陽水」がその人を好きだ
誤解を避けるためには主語や目的語をはっきりさせる必要があります
私は井上陽水が好きだ
井上陽水は○○が好きだ

難しく考えなくても
「会話」や「文章」の中で判断できることですがその部分だけを切り出すと意味が曖昧になりますね
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/12 07:24

形容動詞「好きだ」の連体形は「好きな」です。

したがって、正しくは次のように言います。

「音楽が好きな人」
「井上陽水が好きな人」

ちなみに「井上陽水が好き」は、「井上陽水 “の音楽” が好き」の換喩(かんゆ)です。

なお・・・

「音楽好き・の・人」
「井上陽水好き・の・人」

この場合の「音楽好き」、「井上陽水好き」は形容動詞ではなく、それぞれ一つの名詞句になります ( ^^
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/12 07:22

両方間違ってます


詳しい説明はほかの人に・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました。

お礼日時:2008/08/12 07:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ