ロシア空軍のSu-27は有名なコブラ機動のほかにも、水平飛行中に縦方向にクルリと回転するという「クルビット機動」ができるそうなのですが、

どういう目的でクルリと回転するのでしょうか?
後方の敵を攻撃するためでしょうか。

ついでにコブラ機動の目的も教えてください。
ゆるゆると減速しているときに打ち落とされそうな気がするのですが。。。

A 回答 (5件)

この戦闘機はこれだけの機動性がありますよとパフォーマンスをするためにあるのでしょう。

理論的に考えるのであれば使用できそうですが、実戦ではミサイルを使用するでしょうし、そこまで接近して戦うこともないでしょうからあまり実用的ではないと思います。
 どのように動くか映像で見たことはありますが、かなりゆっくりした動きなので高速で戦闘中に行うのは無意味であると思いました。(開発者は色々念頭にあって作ったのだとは思いますが)
    • good
    • 0

専門家ではないので、書物などで読んだ内容(記憶の範囲ですが)にて回答します。

(長文ですが…)
クルビットは、コブラの途中で推力を偏向させて機体を強引にループさせる機動なので、推力偏向ノズル装備のSu-37(参考URLによると、今は不可能のようですが…)しかできないと思います。(他の方の回答のように、Su-27はできないのでは?)
目的としては、機動性の高さおよび信頼性(エンジン性能、失速しない)の証明といえるようです。
信頼性について説明すると、コブラのように急激に機首を持ち上げると、エアインテークからエンジンに供給される空気の流れが乱れ、最悪の場合エンジンが停止(または破損)する恐れがあります。そのような状況でも問題の無いエンジンは、信頼性が高いということになります。(黒煙は多少ありますが)
急激な機首上げやループは失速の恐れがあります。そのためクルビットやコブラが可能な機体(翼形状、翼断面の工夫などにより、垂直方向に急激な機動を行っても主翼表面から気流が剥離せず失速しない)は、高仰角をとっても失速しにくい優れた戦闘機であるという証明になります。
クルビット、コブラの空戦時の効果については、スホーイからは他の方の回答にあるように、「後方の敵機をかわして、有利な位置を取るための方法として有効である」という説明がなされたようです。西側航空関係者の意見として、「空戦時に有効な機動である」という肯定的なものと、「空戦時にパイロットは運動エネルギーの減少(速度の低下)を一番恐れるので、コブラはかえって危険」(=質問の通りですね)というものがあったと思います。(西側の言い分には、多少負け惜しみの匂いがします。うちのはできないという意味です)
個人的には、戦闘時には何が起こるのかわからないので、高機動、信頼性の高さは生存するためには重要だと思います。しかし現在の戦闘(米軍など)では、格闘戦に入る前に、早期警戒管制機に誘導された戦闘機から遠距離で発射されたレーダー誘導ミサイルにより撃墜されるケースが多く、空中戦の結果は、戦闘機の格闘性能以前の問題で決定してしまいます。なお、レーダー誘導ミサイルは相手の前方からも攻撃できます。最新式の赤外線誘導ミサイル(撃ちっぱなしOK)も相手の前方から発射できます。そのため、クルビット、コブラが可能という理由だけで戦闘機を採用する空軍は、まずないと思います。

では、下記URLで、クルビット(Somersault)、コブラをどうぞ。
http://aeroweb.lucia.it/~agretch/RAFAQ/display.h …

参考URL:http://www.ac.wakwak.com/~dora/aircraft/su35/su3 …
    • good
    • 0

追加です、


クルビットやコブラは地上など離れたところからだとユルユルと見えますが、
ドックファイト中であれば少しの速度変化でも後方位置を取り戻せます(マッハ1では1秒で約350メートル移動します)、
基本的に現在の戦闘機同士の戦闘は相手の後方からの攻撃しか有効でないので、
バックをとられた場合にワザと失速させて相手をやり過ごす為に、
Su-37(27ではカナードも無いしベクタースラストエンジンでないのでクルビットはできなかったはず)のような高機動タイプの戦闘機が有利な立場に立てます、

昔のゼロ戦の「木の葉落とし」なんかもバックを取り戻す為の戦術ですね。
    • good
    • 0

特にコブラに関しては、戦闘時の機動よりも、機体の運動性能をアピールするためですね。

    • good
    • 0

どちらの機動もバックにつかれた時に相手のロックオンを外す為に使うはずです、


戦闘行動中にクルビットやコブラをされた場合には視界からかなり外れるはずです。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

  • 【長谷川豊】休日の国旗掲揚くらい、別にいいんじゃない?

    前回のコラムで「サヨク軍団のレッテル貼り」はどうにかならないものか?と苦言を呈したのですが、左翼的思考の皆さんの一番よくないところは「何でもかんでも『戦争』に結び付けて非難するところ」です。 例えば、...

  • 知ってる?世界の一風変わった祝祭日

    5連休が2回もあった2015年と比べ、2016年のカレンダーは何とも寂しい状態……。どうやら2016年の大型連休は期待できそうにないようだ。 「教えて!goo」の「あったら良いと思う祝日は?」という質問には、 「誕生日。...

  • 【長谷川豊】今年のニュースを振り返る<1>

    もうすぐ2015年も終わりですね。 皆さんの今年1年はいかがだったでしょうか? 私もこの「教えて!goo」の中で連載をスタートさせていただき、毎月、多くのコラムを書かせていただきました。 コラムを書いているうち...

  • 【長谷川豊】「夫婦同姓は合憲」という判断の報じられ方

    実は、そこそこ誤解されつつあるのですが、先だって発表された最高裁の判断。「夫婦同姓」は「合憲」というもの。 もともと、1898年に「女は夫の家に入れ!」と言うものからきている旧民法がきっかけに出来た日本の...

  • 【長谷川豊】メディアの役割はあくまで「監視」

    自民、公明両党は16日、2016年度与党税制改正大綱を正式に決定しました。 ニュースは最近の流行を取り入れる形で「17年4月の消費税率10%への引き上げと同時に導入する軽減税率の制度設計を盛り込んだ」という文面が...

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ