前に借りて読んだ横山光輝さんの「三国志」に登場した人物の名前が思い出せないので知っている方がおりましたらお教えください。
 魏の人で、曹操が悩んでいたときにボソッとつぶやいた言葉(食べ物の名前だったとおもいます)を、夏候惇が何か意味があるものととらえて、その意味を聞きに行った人の名前がどうしても思い出せません。
(なぜ思い出したいかと言いますと、三国志で好きな人物として名前を書きたいからです)
 その言葉の意味を的確に当てたその人は、曹操から「人の心を読む」と思われて処刑されました。「才子、才に倒れる」というような表現をされていたと思います。
 思い出せることといったらこれだけで、どこ(誰)と戦っていたかも思い出せないので、手がかりが少なく申し訳ないのですが、このエピソードとともにその人の名前をご存知の方、もしみえましたらお教えください。よろしくお願いします。

 該当の本を手に取る機会がないので、自分でいろいろ調べましたが、三国志で才に倒れた人は何人かいるみたいなので、誰か特定できませんでした。

 出来ればでいいのですが、そのとき曹操がつぶやいた言葉もお教えくださると助かります。

A 回答 (2件)

回答:No.1さんの通りです


横山光輝「三国志」40巻(漢中王劉備)ではこんないきさつです

夏候惇が曹操に夜間警備の合言葉を聞きに行った時、
思案中の曹操がふと漏らした「鶏肋」を合言葉と勘違いし、
夏候惇は陣中に布令を出しました
それを聞いた楊修は直ちに撤退の準備にかかりました
そこで、夏候惇がその理由を尋ねて納得し、他の諸将にも知らせ、
全軍が撤退の準備にかかりました
眠れぬ曹操が陣中を見回ってみようと起きだしたところ、
誰の命令で陣払いをしているのかと尋ねると
夏候惇が答えるに「楊修がわが君のお心を察して~以下略」
この時、(曹操は)心の奥底を見透かされたひどくいやな気分になり、
楊修の今までの行動の積み重ねが、遂に曹操の心を爆発させ
処刑に至りました
~「才は才に亡ぶ」楊修の死はまさにそれであった~
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!
ご丁寧に経緯までありがとうございます。
まさにこの話の人物です。

お礼日時:2008/09/16 10:52

処罰された人物は「楊修」で、


曹操がつぶやいた言葉は「鶏肋」(けいろく・鶏の肋骨)です。

参考URL:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A5%8A%E4%BF%AE
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました!

お礼日時:2008/09/16 10:51

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ