マンガの中で、「街を一望できる丘の上で夕日を見ている主人公」といったシーンを描きたいのですがうまく描けません。
何かコツなどないでしょうか?

A 回答 (1件)

夕日を現実以上に大きく描くこと、(本当の夕焼けの10倍ぐらいデフォルメするといい感じです)人物や建物の影の方向に気をつけ、


必要以上に長く描くこと、陰影を極端につけること…などでしょうか。
(カラー原稿ではないのですね?カラーなら色を赤一色の濃淡と
黒だけで描くこと。夕日の波長は狭いので、どんな色も赤のトーン
に見えます)

従って人物の顔の表情も陰影を強調すること、すこしまぶしそうな
表情にすること、などが基本でしょうか。空や背景も斜線を多用
するかスクリーントーンなどで薄暗い感じをだせればベターです。
それと、夕方は意外なものが輝きます。水平線以外には全体的に
暗いトーンの中で、川面だとか車のフロントガラスとかガードレールの
一端とか、なにかがキラリとしている箇所があると印象的なアクセントに
なるのでは。


あ、あと、夕焼け空は水平線に向かうほど明るく、天頂は濃紺で
暗くなります。雲は下面が明るく赤く輝き、上部は青暗くなって
います。数日、実際に夕刻を観察してみてください。参考写真を
撮って詳細にチェックするといろんなことがわかります。

ベタで恐縮ですが、西岸良平のマンガ(三丁目の夕日)には
夕焼けのシーンが多く、極端にデフォルメされているので
参考資料には役立つかと。そういえば昔の少年漫画はやたらと
夕日のシーンが多かったような気がします。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ