ipアドレスで、linux等のネットワーク設定などで、127.0.0.0/8などと入力したりしますが、この最後のスラッシュ以降はどのような意味なのでしょうか?

A 回答 (4件)

IPアドレスの後のスラッシュは、サブネットマスクを表す表示です。


例えば192.168.1.0/25でしたら、使えるIPアドレスは192.168.1.0から192.168.1.127までです。
ルータによって、表現が違います。
シスコは、192.168.1.0 255.255.255.128ですが、他社ではスラッシュ25でデータを表現します。
IPv6は、0が続く場合は、::で省略してスラッシュをいれます。
IPv4は、32ビット、IPv6は128ビットです。
    • good
    • 1

サブネットマスク(CIDR表記)


http://net-juku.org/tcpip/tcpip49.html
ネットワーク基礎
http://rat.cis.k.hosei.ac.jp/article/rat/serverl …
    • good
    • 0

Netmaskのビット数を表します。



例えば
/8の場合はネットマスクが
2進では
11111111 00000000 00000000 00000000
16進では
ff000000
ドット10進では
255.0.0.0
であることを表します。

言い換えればネットワークアドレス
127.0.0.0/8
はネットワークのIPアドレス範囲が
127.0.0.0~127.255.255.225
であることを表します。
    • good
    • 0

サブネットマスクというものです。

これは
IPアドレスの左から8bit(今回の場合は127まで)をネットワークを
識別するためのネットワークアドレスに使用するかというものです。

過去の質問にこんなのがありました。
「サブネットマスクについて」 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2481655.html
    • good
    • 1

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ