今から35~40年位前に何かの雑誌に連載されていた漫画だと思うのですが、タイトル・作者・掲載されていた雑誌等すべて不明です。特徴は、
1 月の光をエネルギーとする(→確かこうだったと思います)
2 武器である短剣(?)の柄の周囲に、縦方向に柄を取り巻くようにリング(丁度フェンシングの剣のようなものだが、リング自体は細い棒状になっている)がついていて、それが段々透明になり、エネルギーの残量を知らせる
3 宇宙人
4 故郷の星では、生まれたその時点で、機械によって「兵士」と「一般人」に分けられ、別々な教育を受ける。主人公のような「兵士」は様々な星に派遣され、宇宙の平和を守る
5 本人は、自分の運命に悩んでいる
というものなのですが、何か思い当たるものがある方がいらっしゃったらお教え願えるとありがたいです。(望月三起也さんの画に似ていたようにも思うのですが...)

A 回答 (2件)

申し訳ありません。

お問い合わせの作品はまったく分からないのですが、『ザ・ムーン』ではないことだけは確かです。『ザ・ムーン』は地球人の科学者が作り上げた、同名の巨大ロボットを巡る物語です。
    • good
    • 0

ジョージ秋山先生のザ・ムーンではないでしょうか?

    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ