Let's とwithは一緒につかえないと習った記憶があるのですが
(1)×Let's play tennis with Tom.

(2)Let's talk with Bill.(NEW Horizon1年より)

(2)はなぜ良いのでしょうか? talk にはwithが必要だから?

 すっきりしません。どなたか知っているかたお願いします。

 

A 回答 (3件)

trgovecさんに補足します。


Let'sがLet usの省略形であることはご存知ですよね?
さらに、Let's~という文が、もともと次のような構造になっていることは知っていますか?
   Let      us      play tennis.
(~させなさい)(私たちに)(テニスをすることを)
   ↑動詞V   ↑目的語O   ↑補語C
【ちなみに、文法用語を使うと、第5文型の命令形です】

これらから、全体として、「私たちみんなでテニスをしましょうよ」という意味になるのです。
ちなみに、この場合のusは、話し手と語りかけている相手を含んでusと言っています。したがって、with meやwith usをつけるとダブっておかしくなるというのは、trgovecさんのおっしゃるとおりです。
[×]Let us play tennis with me.
[×]Let us play tennis with us.

ですが、たとえばTomのファンクラブの女の子3人が集まって、「トムを誘ってみんなでテニスしようよ」というのであれば、
[○]Let us play tennis with Tom.
で立派な正解英文です。

同じように、たとえば落ち込んでいるBillを見かねた友人が5人集まって、「ビルを呼んでみんなで話でもしようぜ」というときは、
[○]Let us talk with Bill.
で、これも立派な正解英文です。

「Let's とwithは一緒につかえない」というのは、質問者の記憶が正確でなく断片的になってしまったか、そのとき教えてくれた人が言葉足らずだったか、どちらかでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございます。
 with meが使えないことだけが記憶に残って
 勉強があいまいでした。
 詳しい解説ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/27 16:26

>Let's とwithは一緒につかえないと習った記憶があるのですが



それは多分 with me や with us ではないですか。let's は let us に由来するので「私達 us」と with の後の me や us がダブる(「私達が私(達)と」という感じになる)からという理由です。

3人称の人ならダブらないので問題ありません。Let's talk with Bill. で話す人は「私」と「あなた(たち)」と「Bill」です。

let's を日本語の「しましょう」と同じと考えると妙な文ができてしまうことがあります。let's は相手(you)を自分たちに引き込む意味があります。あなたと私で us です。

>talk にはwithが必要だから?

話す相手という意味なら必要ですが Let's talk.「話しましょう(私達だけで話しましょう)」のように自分たち以外にいないなら必要ありません。

なお let us とはっきり区切って発音すると「私達に~させよ」と別の意味に取られます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

 回答ありがとうございました。Let usは知っていたのですが、
 Let's・・・・・・with me.が使えないことだけ
 インプットされていました。すっきりしました。

お礼日時:2008/11/27 16:24

「Let's とwithは一緒につかえない」というのは、聞いたことがありません。

(1) も、Tom以外の人に向かって「トムと一緒にテニスしようよ」という意味で言っているなら問題ないと思います。(2) も同じで、Bill以外の人に「Billと話をしようよ」と言っているなら問題ないでしょう。しかし、(1)も(2)も、話している相手の中に、TomやBillがいるとおかしくなると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました。

お礼日時:2008/11/27 16:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ