小4の娘が日曜のアニメ、絶対可憐チルドレンにハマっています。
恥ずかしながら、テスト勉強やらピアノの稽古の釣りにコミックをよく利用するのですが、コミック版の方は小4の娘が読むのにどうでしょうか?アニメもあまり一緒に見た事がなくて、内容がよくわかりません。

ちなみにコミックに関して我が家の許容範囲は広い方だと思うのですが・・・
今家族で読んでいるのはキングダム、もやしもん、スパイラル、毎日かあさん、うちの3姉妹(コミック?)、バカ姉弟等です。

娘はまだちゃおを愛読していますが、不要な付録もかさばるし、そろそろ卒業してもいいのになと思いつつ、1歩間違えると刺激の強すぎる少女マンガの世界に足を踏み入れそうで、許容範囲が広いと言いながらもつい、指導というか誘導というか、情報操作をしています。
こんなダメな母ですが、よろしくご教授下さい。

A 回答 (6件)

日曜の朝10時。


この時間の子ども向きアニメは規制が厳しく、放送コードで下着は問答無用でダメということになっています。

だから、安心というか、かなり工夫された内容になっています。

原作は、原作者が大阪の人ということもあり、お笑いの臭いを感じさせる楽しい作品です。
こちらは下着もばんばん出てきますが、そう心配するような事態にはなりません。
椎名作品はどれも大好きで全部持っていますが、心配するようなことはないと断言します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
日曜の朝のアニメは規制が厳しいのですね。なるほど、参考になりました。
下にも書きましたように、コミック版は一旦保留する事にしました。
別に作品が下品とか思ったわけでもないのですが、子供の好きな雰囲気とは少し違うかなと感じたからです。自分から勝手に読むようになれば、それはそれでまた話は別ですが。

ご回答下さった方々に椎名さんの作品がとても支持されているのがわかりましたので、アニメの方は安心して見せてやる事にします。

お礼日時:2008/12/12 13:45

物で釣る好意は辞めましょう。


今、コミックだけで済んでいますが、その後コミックから変更
その後社会に出ても特定の物が出ないと仕事が出来ないとなりかねません。
10歳だとすでに危険と考えます。
まもなく反抗期ですこうなると要求も高額になる可能性がある。

アニメ好きの者が言うのもDVD・ゲーム・カード・コミック・各グッツなど
何もアニメ・コミックは「チルドレン」だけではありません。
1ヶ月生活とか考えないで使うなら30万なんてあっという間に無くなります。

コミックやアニメを卒業かどうか本人が決める事。
まず、現状の少女マンガがどんな感じか立ち読みでも見て下さい。
たぶん、え!!!となりますよ。

家での情報がありますが、それはあくまであなたの家での事ですよね。
友人や話題に付いて行けないととか子供は子供の間でもいろいろある。
勉強だけ出来ても常識など欠落しますよ。

おっと! 本題に
内容とかもう他の方で解ると思うので。
アニメ・絶対可憐チルドレンはあと1年も放送しません。
たぶんその後「ハヤテのごとく!2期」が来ると思います。
内容は7~8歳でも平気に見られるように作られています。
・絶対可憐チルドレン
制作 : テレビ東京・小学館プロダクション
・ハヤテのごとく!
少年サンデーでの連載です。もちろん小学館
もし性的秒写が多いと即打ち切りも有ります。
ただ、色っぽいと分けて下さい。
今、ちゃおですが普通なら自然と離れます。心配なく
その後は解りません。
「花とゆめ」か「マーガレット」かまだ「ちゃお」か「少年マンガ系統」か

半分カテゴリーが違うですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
ちょっと内容がわかりづらいのですが。。。
子供の社会で有害な情報の流布=常識とは、悲しいですね。。。

お礼日時:2008/12/12 13:40

娘さんは原作のコミックスをお求めになられているのでしょうか?


勉強をさせるため、習い事をさせるために「目の前のニンジン」用に検討しているのでしょうか?
もし、後者なら「モノで釣る」行為はやめませんか?
やれば欲しいものが得られると思い込んで、娘さんの成長に繋がりません。
中学生になっても高校生になっても続けられる行為ではありません。
今はコミックスなど安価なもので対応できますが、年齢を重ねるたびに欲しがるものの価格は上昇していき、親は対応できなくなる場合もあります。
財力があるなら別ですが。
小学4年生ならまだ間に合いますので、「モノで釣る」行為はやめた方がいいです。

さて、作品に関してですが。
まずは質問者さんが一緒にアニメを見てから判断してください。
他人の意見だけで判断するのはとても危険です。
他にもウィキペディアや公式サイトなど情報サイトもありますし、中古書店に行けば取り扱ってもいます。
質問者さんが実際に見て読んで、娘さんが読んでも安全かどうか考えれば良いことだと思います。
内容を知っていれば親子で共通の話題ができるのでいいと思うのですが。
とりあえず、この作品は中高生向け少年漫画雑誌に連載されているものなので、この頃の男子が喜ぶような要素も含まれている作品です。
アニメや原作に1度触れてみることをオススメします。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ごもっともなご意見ありがとうございます。
元々本は適宜買い与えていましたので、たまたまタイミングがテストの後だったり、1曲合格したりといった折にあたっていた程度ですが、最近になってそれがコミックに偏りがちでした。
でも、そうですね。ちょっと感覚が麻痺し、「目の前のニンジン」になりつつあった事は否めません。きちんと考えるよい機会を与えていただいて感謝します。
しかし、兄は素直でこちらのアドバイス通りにやってきましたが(これはこれで悩みもありましたが)、妹は頑固で何より外遊びが好きな鉄砲玉で、椅子の上に腰を落ち着けてもらうのに、藁をもすがる思いもあります。いつか自分で気付く日まで、待てないのが親の未熟さなんでしょうが。。。

実は、下の方のご回答により第1話を読んでみた結果、コミック購入は保留する事にしました。自分もサンデーを読んでいた時期があるので別に嫌という程ではないのですが、わざわざ買い与えるほどではないかなと思いまして。
伯父が参考書や歴史マンガや古い少女マンガを探してきては妹に与えてくれるのですが、生徒諸君などとても好きでよく読んでおり、自分でも友達と「~団」を結成しているようです。よいと思う本は積極的に取り入れていこうとは思っています。活字離れしないようにも、気をつけたいと思います。

お礼日時:2008/12/12 10:09

原作を初回から週刊誌で読んでいる30代女性です。


少年誌の作品としてはエログロ要素は少なく、小学生高学年のお子さんなら読むのに問題はないと思います。
もやしもんの世界を許容できるならまあ大丈夫ではないかと。
コメディ色が強く、人が命を落とす話はほとんどない・友情や家族の大切さがバックにあるなど、むしろおすすめの漫画です。
http://www.websunday.net/children/
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B6%E5%AF%BE% …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
上記サイトで1話を読む事ができました。なかなか少年マンガ!ですね。。
娘はのんびりしているので、展開について行けるのかな?と思うのは親の取り越し苦労でしょうが、とにかく参考になりました!

お礼日時:2008/12/11 11:51

アニメの方は1話のを見て、自分的に合わなかったので見てないのですが、コミックの方は、パンチラくらいだと思いますよ。



ぶっちゃけ、少年漫画は性的描写少ないです。
少女マンガのように、「最後まで行っちゃった」描写はまず無いですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
アニメとコミックでは雰囲気が違うのでしょうか?

お礼日時:2008/12/11 11:37

ご家庭の教育方針に関しては投稿者さんにしかわかりませんのでなんとも言えません。


非常に週刊少年誌らしい漫画で、特にお色気系という訳でもありませんので、問題無いとは思いますが。

仰っているように、少しレベルの上の少女マンガはセクシー路線の少年漫画なんかよりも刺激は強いですよね。

ただ、うまく誘導しているつもりでもそういったものには自然と触れるものですのであしからず。


最初に書いたとおり基準そのものが投稿者さん次第なので気になるようであれば助言を請うよりも、
立ち読みしてみるなりこっそりDVD一刊だけでも借りて見てみるなりすることをお勧めしますよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

そうですね。読むマンガが同じだったり読む音楽が同じだと共有できる時間や話題が多くてよいのですが。娘が外から得てくる情報に蓋ができないのは承知しています。我が身を顧みても思い当たります。

立ち読みって今時全然できなくて、本屋に行っても、買ってやれる本なのかどうか判断つきかねて困りますね。。。来週一度一緒に見てみます。

お礼日時:2008/12/11 11:35

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ