遠心機のローターについて質問です。
ローターには水平ローターと固定角ローターがありますが、沈殿する物質は変わってきますか?同じ回転速度と時間、たとえば両方とも1000g,10minで遠心した場合、上清と沈澱の成分は2つのローターの間で異なるんですか?
また、2つのローターの違いも教えていただけたら嬉しいです。

A 回答 (1件)

こんにちは、水平ローターとはスイングローター、固定角ローターとはアングルローターとも言われる物でしょうか。

もしそうであればの事になりますが・・・。
原則同じ遠心力で同じ時間の処理をすれば沈殿物質は同じ物ではないでしょうか。ただし沈殿管の長さなどにより一定の処理時間であれば沈殿物の量は変わるかもしれませんね。
2種類の決定的な違いは一度に出来る円心処理量にあると思います。水平ローターでは容器は遠心管を使った物と思われます。バランスを取れば複数の種類のサンプルを処理できますが、一度にできる処理量は数百mlと思います。しかし固定角ローターのものではサンプルの種類は少なく鳴りますが数百ml量のポリ容器を数本同時に処理できますからね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

説明不足でしたね・・・おっしゃるとおりです。水平=スイング、固定角=アングルのことです。
これは初めて聞く意見ですね。情報不足な中での貴重なご意見、ありがとうございました。

お礼日時:2008/12/29 22:37

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

今、見られている記事はコレ!

おしトピ編集部からのゆる~い質問を出題中

お題をもっとみる

このQ&Aを見た人が検索しているワード


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ